世界は今

さようなら、長崎!

13Jun 2012 都 彦飛
  • 转帖

都彦飛(中国・上海市)

長崎県滞在時間:2011.7~2012.3(H23年度海外技術研修員)

 3月5日、私たち研修生たちは空港で長崎の友達と別れた時に、私は涙が出てこないように友達の目を見ないようにしていたのですが、結局は涙が出てきました。

さようなら、長崎!さようなら、長崎の友達!未練を残しながら飛行機に搭乗しました。飛行機が飛び立ってから、窓からこの大好きな土地、私の第二の故郷をじっと見ていました。長崎に暮らしていた間、大切な思い出が残っています。

 

 

 1時間半後、私の故郷―上海に到着しました。家族はすでに空港で長い時間待っていました。家に帰ってから、嬉しそうな娘を抱っこした時に心が温かくなりました。8か月ぶりの我が家、8か月ぶりの上海生活ですが、これからまた一からのスタートです。

 

 

 上海には地下鉄はありますが、路面電車はありません。高層ビルはありますが、高い山はありません。私の目の前のすべてのものは、長崎とはとても違います。長崎で路面電車の運転手は優しい声で駅の案内や安全に気をつけるよう呼びかけたり、赤信号で待つと乗客に知らせたりします。それは上海ではあり得ないことで、他の都会と同じように自動音声案内になっています。しかし、なんとなく親切さと温かさが欠けている気がします。地下鉄の自動音声案内を聞くたびに、長崎の電車の運転手の案内を懐かしく思います。

 

 

 毎日四階にある家から階段を下るたびに、西山本町に住んでいたとき、山の上にあるアパートから下りながら見る長崎の美しい景色と、1軒1軒特色のある日本の家を観賞したことを思い出します。一軒家の庭に花と木がいっぱいあって、池に鯉が泳いでいて、短い尻尾が特徴の長崎の猫ちゃんが寝ている風景は、言葉で伝えられないほど美しいです。その中で、あるお爺さんは毎日自分の庭の前で“お早うございます。いってらっしゃい”と目の前を通る人に笑顔で挨拶されていました。そのお爺さんはまだお元気でしょうか。

 

 

 帰ってから、私は興奮して友達と家族に長崎での経験について話しました。たとえば、毎日どんなふうに仕事をしていたか、どういうふうに暮らしていたか。日本の会社はどんな雰囲気で、皆はどのように付き合うのか。仕事の部分では、上海と日本のどんなところに違いがあって、私はどうやって慣れていったか、さらにはある部分では日本人のやり方にとても賛同できるところがあること。また、長崎で生活しているときに、自分は毎日どのように買い物をしてご飯を作っていたか、日本のスーパーや市場にはどのようなものが売っているのか、日本人はどんなものを食べているのか。また上海には日本料理店が多くあるが、本場の味とやはり違うこと。日本の食習慣は中国と異なること・・・。

 このような話を友達は大変興味深く聞き、私は物語を語るように少しずつ彼らに話しました。それと同時に私の頭の中に長崎での良い思い出が蘇りました。

 

 

 帰国の3日目、気候に慣れなくて病気にかかりました。そして、職場の事務所の引っ越しにぶつかったので、バタバタしていました。2週間で、やっと心も身体も、仕事する上でも生活する上でも、再スタートの1ページを開くことができました。

 

 

 観光業に携わる者として、長崎の素晴らしさをもっと多くの人に伝え、上海の人々に見に行ってもらい、魅力を感じてもらいたいです。行かなければ、長崎の人々が親切だということを感じることができないと思います。

 

 

 

 さようなら、長崎!でも今回のお別れは短いもので、また第二の故郷―長崎に行こうと思います。

 

 長崎の皆さん、いつまでもお元気でお過ごし下さい。

 

 

       

 

 

上海で桜も見ました。                                               上海の朝、ラッシュタイム時の風景

桜を見たら、日本を思い出しましたよ