世界は今

<危機テレビ番組><危機映画>とは

25Apr 2012 Aris den Hollander
  • 转帖

Aris den Hollander(アリス・デン・ホッランダー) (オランダ・ゼーランド州)

元長崎大学留学生協会副会長

長崎滞在期間:2010.3~2011.3

 

 

 

    2007年から2008年にアメリカで信用収縮が発生しました。そして私たちは今、現在ユーロ危機の真っ只中にいます。人々の日常生活がユーロ危機の影響を受け、収入が減り、困っている人が増加しました。

 

 

  私はというと、現在就職活動中ですが、ちょっと厳しい現状です。大学院の修士課程は問題なく卒業出来たのに、まだ安定した仕事を見つけられていない状況です。周囲の人々は貧困に陥ってまではいませんが、危機は感じています。その危機の影響で人々の日常生活にも変化が出てきたと思います。

 

 

(http://berlusconi-flying-circus.blogspot.com/2011/10/silvio-berlusconi-and-chat-among.html)

 

 

    その変化の例はテレビ番組に見ることができます。特にアメリカでは、質屋を舞台にしたリアリティ番組やオークション番組などのテレビ番組が多く出てきました。経済不況でお金がなくなった人がなんでもかんでも売っているようで、そういったことを話題にしているテレビ番組が流行っています。この傾向は“危機テレビ番組”とでも言えるのではないでしょうか?

 

    それに加え、映画もこの危機に影響を受け、ちょっと変わってきているという印象を受けます。深い悲しみや、憂鬱な気持ちなどが伝わってくる映画が人気です。もっと詳しく言えば、人生の目標がはっきり定まっていない人間の姿を描いた映画や、実存主義的な映画がたくさんあります。例えば、「ドライブ」や「メランコリア」のような映画がその一例です。

 

 

   

 

(http://www.cinebel.be/nl/film/1007918/Drive)

 

 

    それはさておき、既成の体制への猜疑心や、政治と政府への不信を表している「ドラゴン・タトゥーの女」という映画は凄く注目が集まっています。世界中で占拠運動(格差社会に反発する人たちが、街を占拠して抗議活動を行ったこと)もあり、既成体制への批判と非難がとても高まりました。そもそもこの「既成体制」の意味を誰もはっきりと説明していないので、それこそが猜疑心につながっていると言えるのかもしれません。

    このような状況が世界的なものだとすると、「ドラゴン・タトゥーの女」のような映画はここから生まれていると思います。

 

 

 

(http://www.dragontattoo.com/site/)

 

 

    結論ですが、経済不況は映画にも強い影響を与えていると思います。“危機映画”は映画の一つのジャンルと言えるわけではないですが、かなり多くの作品に見られる傾向だと思います。“危機映画”というのは、上で述べた①悲しみ・憂鬱、②実存主義、③既存体制への猜疑心の3つのポイントから分かると思います。私は最近、映画を見る時は、この3つのポイントに気をつけながら見ています。そして映画を見終えた後、「これも“危機映画”だったなぁ」と感じるのがマイ・ブームになっています。