よりぬきGo!Go!ともっち

軍艦島上陸!

27Mar 2012 tomocchi

軍艦島

 

 

 

本来は「端島(はしま)」という名前ですが、
小さな島全体がまるで要塞のようで、軍艦に見えるところから

今では通称の「軍艦島」という名前の方が有名になっています。

 

 

 
ここは、上陸してすぐのところにある「第1見学広場」

 

 

 

ここからはベルトコンベアーや貯水槽を見ることができます。
 

 

 

高台にあるのが貯水槽

 

 

 

軍艦島での飲料水は初期では海水を蒸留、

のちに給水船で水が運ばれるようになり、この貯水槽に蓄えられました。
その後は対岸から海底送水管が敷かれ送水されるという進化を遂げています。

 

 

こちらはベルトコンベアー跡

 

 

 

 

見学通路を使って、次の広場へ移動します。

 

 

 

 

第2見学広場へやって来ました♪

 

 

 
柵の向こうは瓦礫の山w( ̄△ ̄;)w

 

 

 

このレンガ造りの建物は総合事務所跡です。

 

 

 

 

この中には炭鉱マンのための大きな共同浴場があったそうです。

 

こちらは横からみた感じ

 

 

 

う~ん・・・共同浴場は確認できませんでした(;-_-)

 

最後に第3見学広場へ向いましょう。

 

 

 

正面に見えるのが1916年に建てられた日本最古の
鉄筋コンクリート造高層アパート

 

 

 

今で言うマンションの先駆けはなんと軍艦島から!!
窓枠が外れ、床は抜けていますが、まだしっかりと建っています。
頑丈に作られていたことがわかりますねw(*゚o゚*)w

 

瓦礫に混ざって、石炭も落ちていました。

 

 

 

ここで石炭の採掘が行われたことを物語っているようです。

 

 

さて、軍艦島上陸ですが、

島内の散策は整備された3カ所の見学広場と通路のみで、
自由に散策することはできません。

 

また、天候によっては上陸できない場合があることを
ご了承下さいm(_ _)m

 

ちなみに今日は波が穏やかで無事に上陸できたそうです♪

 

冬は波が高く、夏は日差しが強いので今の時期がオススメですよ☆

 

 

 

 

 

【軍艦島周遊上陸クルーズ】※完全予約制

 

お問い合わせ・予約:やまさ海運(http://www.gunkan-jima.net/
電話番号:095-822-5002
上陸クルーズ料金(船運賃+長崎市施設使用料)
船運賃:大人・中高生/4,000円、小人/2,000円

長崎市施設使用料:大人・中高生/300円、小人/150円
運行時間:夏季ダイヤ(4~10月)9:00発、13:10発

         冬季ダイヤ(11~3月)9:00発、12:10発

所要時間:170分

 

 


View 軍艦島上陸! in a larger map

かんざらし調理体験

06Mar 2012 tomocchi

島原で昔から愛されているおやつ「かんざらし」

 

 

小さめの白玉を島原の湧水で冷やし、シロップをかけて食べるもの。

 

はじめて食べるのに“懐かしい味”と表現されることも多く、

モチモチとした白玉と優しい甘さのシロップの相性がバッチリ☆

 

いつもは食べるものだけの私も今日は張り切って作っちゃおうかな~♪

島原市の「鯉の泳ぐまち」と呼ばれる新町通りにある
「しまばら湧水館」でかんざらし作り体験ができるのです。
しかも無料なんです\(^▽^)/

 

鯉の泳ぐまち

 

 

しまばら湧水館

 

 

かんざらし作り体験の事前予約は必要ありません。
ふらっとしまばら湧水館に来て「かんざらし作りしたい!」
と言えばOKですv(*’-^*)

 
 

さっそく作りましょう!

まずは、かんざらし粉に水を加えながら、
耳たぶくらいの堅さになるまで練ります。

 

 

その後は棒状に伸ばし・・・

 

 

団子状に丸めましょう♪

 
 
数人で作るときはみんなで大きさを合わせましょうね。
あまり大きくしないのがポイントです。
欲張っちゃダメですよー!

 

 

茹でて、湧水で冷やして出来上がり(≧∇≦)

 

 

お庭を見ながらゆっくりかんざらしの試食をお楽しみ下さい。

 

 

今回は「かんざらし」作り体験を紹介しましたが
島原名物の「ろくべえ」作り体験もできますよ!

 

 

 

 

 

 

【しまばら湧水館】

住所:島原市新町二丁目
開館時間:10:00~17:00(随時実施)
料金:無料
お問い合せ:島原市観光・ジオパークグループ
電話番号:0957-63-1111

 

View かんざらし調理体験 in a larger map

おいし~い  いちご狩り です!

20Feb 2012 tomocchi

今年の元旦に、オープンした
長崎バイオパークの観光いちご狩り農園「いちごの森」に行ってきました!

 

 

 

 

長崎市から行くと、旧オランダ村の少し先にあるいちごの森は

206号線の国道沿いにあるので、すぐわかりますよ。

 

 

入口に受付を兼ねたショップがありますので
こちらで料金をお支払いください。

 

 

 

ここから歩いてすぐの所にあるこの大きなハウスの中には、1万株のいちご。(ノ*゚▽゚)ノ

 

 

 

 

通常のいちご狩りハウスと違い、
こちらは、直線60mの2段式の高設栽培。

 

 

2段に分かれているので、下段はちびっ子
上段はおとな、って感じに楽しめます
立ったり座ったりしなくていいので疲れないのも嬉しいです (⌒-⌒)

 

しかも、バリアフリーなので車イスの方でもゆっくり
いちご狩りができます。

 

誰にでも優しい、いちごハウスなんですね♡

ここで栽培されているいちごの品種は、「紅ほっぺ」。
とにかく大きくて美味しい♪

 

 

取って食べて、取って食べて…
ヘタはこのいちごのバケツに入れてね☆

 

 

 

いちごをさらに美味しく食べる方法を
聞いてきました!

 

通常先っぽから食べますね。
それを逆から食べるんです。もちろんヘタは取りますが。
いちごのヘタのある部分には、体に良い栄養素が多く含まれているそうです。
でも糖度は先端の方が高い。
なので、ヘタの方から食べた方が栄養もとれ、
あと口も甘みだけが残ってより美味しくいただけるってことらしいです。
ご存知でしたか?

 
受付が併設されている、「さいかいバーガー」で
今人気なのが、いちごのソフト 330円。

 

 

 

 

こちらのいちごで作った、ソフトクリームの上に、
いちごのソースがかかり、さらにいちごが・・・
いちごパラダイス! 
いちご好きにはたまりません m(;∇;)m 

 

 

 

 

【観光いちご狩り農園 いちごの森】
場  所:西海市西彼町鳥加郷2311-1
営業期間:~5月頃まで
営業時間:10:00~17:00(受付16:20まで)
定 休 日:月曜 (祝日の場合は翌日店休)
料  金:(食べ放題:制限40分)
大人(中学生以上) 1400円 / 3才~小学生 1000円
※「さいかいバーガー」は、通年営業しています。


 


View おいし~い いちご狩りです in a larger map

小浜ぶらぶら散策

03Feb 2012 tomocchi

小浜と言えば真っ先に思いつくのは温泉、

他には日本一の足湯「ほっとふっと105」や
グルメ「小浜ちゃんぽん」などが有名ですが、
見どころは他にもいろいろあります。

 

めずらしいのは住宅が立ち並ぶ中にひっそりとある、この温泉! 

 

 

小浜で唯一の炭酸泉。
ぼこぼこと湧き出ています!

 

一見、熱そうに見えますが・・・

 

 

触って見ると全然熱くない!
何でここだけ!?不思議~w(*゚o゚*)w

 

ちなみに小浜温泉の源泉温度は105度と高温ですので
ここ以外の源泉を見つけても触らないように注意して下さいね。

 

 

そしてこちらは「上の川湧水」

 

 

生活用水や飲料水として、入れ替わり立ち替わり水を汲みに人々がやって来ます。
この水を使ってコーヒーを入れると、とってもおいしいと評判です

 

 

こんなのもありました!

 

 

「喜びの恋水」

 

カップルで水に触れるとなんかあるかも♪という噂が・・・

バレンタインも近いし、恋の願掛けにもいいかも(* ´艸`*)
いや、さすがに恥ずかしいかな・・・

 

 

そして、雲仙市小浜総合支所前に、
もうもうと煙を上げる建物が・・・

 

 

ここは小浜温泉を自由にくみ取れるように

「旅館田中荘」が源泉を開放しています。

 

お湯を持って帰るのはさすがに熱いのですが、

ここで卵や芋などを自由に茹でることができます!

 

 

さすが、湯量も豊富な小浜温泉だからこそ太っ腹なサービスですね♪

 

 

尚、小浜は狭い道が入り組んで

わかりにくいところもありますので(特に炭酸泉のところ)、
「小浜温泉観光協会」に立ち寄っていただいてからの観光・散策をおすすめします!

 

また、小浜温泉をぶらぶら歩く「小浜温泉さるく」もありますよ☆

 

 

 

 

【小浜温泉観光協会】

 

住所:雲仙市小浜町北本町14-39

TEL:0957-74-2672/FAX:0957-74-2884

URL: http://obama.or.jp/index.php

 


View 小浜ぶらぶら散策 in a larger map

長崎 赤い糸伝説

13Jan 2012 tomocchi

今年は1月23日(月)から2月6日(月)まで

「2012長崎ランタンフェスティバル」が開催されます。

 ※注意:写真は以前のものです。

 

毎年長崎市中心部はたくさんのランタンと人で賑わいますが、
ひときわ若い人たちで賑わっている場所があります!

 

「ふぉっふぉっふぉっ( ̄▽ ̄*)」と笑い声が聞こえてきそうな
翁(おきな)のランタンに人だかりが!?

 

 

「月下老人」という縁結びの神様です♪
浜んまち会場の浜屋前にいらっしゃいます(^^)/

 

これはお願いしなくちゃ(☆。☆)

「赤い糸のお守り」を買って、願いをこめて結びつけます。

 

 

えぇ、こんなのイベントに踊らされているんだって!
わかっていますよ(;-_-)
わかっているけどさ・・・

 

結んでしまうんだな(笑)
しかもけっこう真剣にお願いをしながら☆

 

 

赤い糸が結ばれすぎて、
なんだか縄みたいになっています。

 

 

みなさんが結んだ赤い糸は
ランタン会場でもある「崇福寺」できちんと祈願されます。

 

お守りは1個100円
結びつける用と持ち歩き用に、赤い糸2本入り☆

 

 

右が持ち歩き用で、左が結びつける用

 

 

 

 

【月下老人】

場所:長崎市浜の町アーケード浜屋前

設置期間:1月23日~2月6日

 

 


View 長崎 赤い糸伝説 in a larger map