よりぬきGo!Go!ともっち

アドベンチャーパーク

20Jun 2012 tomocchi

ハウステンボスに3月に誕生した「アドベンチャーパーク」

日本最大級のアスレチック「天空の城」

 

 

3メートル、6メートル、9メートルもの
高さのコースが設定されたアスレチック。

 

普通のアスレチックと違うところはこの装備!

 

 

命綱のついたハーネスとヘルメットを装備し、アスレチックに挑みます。

 

まずは3メートルの高さまで「よいしょ、よいしょ」

 

 

最初の難関!
いきなりの丸太一本橋Σ( ̄ロ ̄lll)

 

 

命綱をつかんでびびっているのが丸分かり。

 

渡る前は怖いけれども、
渡ってしまうと丸太は安定していたので大丈夫でした(;^_^A

 

普段テレビで芸人さん達がアトラクションをしている番組を楽しく見ていましたが・・・
見るのとするのとでは全然違うんですね。

宙吊りになり、ロープをたぐって渡るという場面も!

 

 

そのときは私の「助けてー!」という声が
アスレチックに響きわたりましたとも・・・

 

命綱がついているから
絶対に落ちることはないとわかってはいるものの・・・
こわいもんはこわいんです(>Д<;)

 

こんなにスリリングなのに、傍から見ると
とっても楽しそうに見えるのはなぜでしょう。

 

 

命綱がするすると滑っていかないように、
途中でストッパーがあり、進むたびに命綱をつけかえていく必要があります。

 

 

体力も使うし、次はこれをこっちのロープにつけて・・・と
頭も使うし、私の場合はビビリも加わるし、もう大変です(>▽<;;

 

最後はインストラクターさんについていきました。

 

 

「毎日こんな高いところにいるんですか?」
「毎日いますよ」
不思議な会話をしました(笑)

 

身長制限(110cm以上)がありますが、
子どもから大人まで果敢にチャレンジしているそうです。

 

私は高所恐怖症ではありませんが
「高いところ大好き!」というわけでもないので
「怖かったー」というのが第一声ですが
それでもできた!ということに達成感を感じます。

 

「楽しそうにやってたじゃない」と
地上で笑って見ていた方達にも本当にやってほしい!!

 

最近体がなまっている大人の方、
体力が有り余っているお子様におすすめですよー!

 

 

 

 

 

【アドベンチャーパーク】
場所:ハウステンボス場外キャンプテンボス
営業時間:9:30~17:30
料金はとくとくチケット、ファミリエ会員
入場券有りの場合で異なりますので
ホームページでご確認ください。

http://www.huistenbosch.co.jp/guide/

 


View アドベンチャーパーク in a larger map

諏訪神社横の動物ひろば

28May 2012 tomocchi

「長崎くんち」で有名な諏訪神社のすぐ横にある「動物ひろば」
無料です!!

 

 

ものすごく馴染みのある方と
そうでない方がはっきり分かれる場所のようなイメージがありますが、

長崎在住の方、いかがでしょうか?

 

ちなみに私は後者でしたが、
私の兄弟はよく連れていってもらったそうです。

 

この日もお母さんと息子さんが
楽しそうに動物を見ている姿を見かけました(^-^)

 

諏訪神社の本当にすぐ横にあるんですけど
参拝して下ってしまうと、横にあることに
気づかないのかもしれませんね。

 

 
ほ乳類3種と、鳥類9種がいますよ。

 

 

ウサギ

 

 

なんだか学校の飼育係を思い出しますね~。

 

 

ニホンザルの親子

 

 

長崎の街並みを眺めている(ように見える)
インドクジャク!!

 

 

毎週、火曜日・木曜日(祝日、雨天時を除く)
13:15~14:00の間は動物とのふれあいを楽しむことができます。

 

 

動物ひろばを抜けて上に上がると・・・

日本で初めて設置されたとも言われている
噴水が復元され残っています。

 

 

ハトや鯉、カメがいました。

 

 

カメが日光浴している姿って癒される~( ̄▽ ̄)。o0○

 

 

シメは月見茶屋でひとやすみ

 

 

 

 

 

 

【動物ひろば】

住所:長崎市上西山町1-1 長崎公園
開園時間:9:30~17:00
入場無料 

 


View 諏訪神社横の動物ひろば in a larger map

高島さるく

11May 2012 tomocchi

昨年橋が開通した伊王島の先、
軍艦島の手前に位置する「高島」に行ってきました(^-^*)/

 

高島といえば、

軍艦島と同じく石炭の採掘で栄えた島なのですが、

現在、高島産で有名なものといえばトマト。

 

まずは高島トマトの栽培ハウスへ
レッツ・ゴー≡ヘ(*゚∇゚)ノ

 

 

おおー!トマトがいっぱいだ!
下段から色づきはじめ、
上の方で色づいたトマトほど糖度が高いそうです。

小ぶりでギュっとしまったトマトは
手に持ってみるとズシっと重く、
しっかりしているのがわかります。

 

 

 

続いて、高島には水産センターがあり、

魚の養殖を行っています。

 

何の魚かわかりますか?

 

 

いや、そもそも魚がいるかどうかも
この写真ではわかりにくいですよね・・・

 

じゃじゃーん!ひらめです!

 

 

ひらめ、トラフグの稚魚から成魚まで、養殖が行われています。

 

 

そしてこのヒラメが・・・

定食になっちゃった\(^▽^)/

 

 

刺身に寿司、煮付けに、ヒラメのフライ、
骨せんべいなど、ヒラメを余すところなく使った定食!

 

 

そして、おなかいっぱいになったところで、運動♪運動♪

海水温浴施設「高島いやしの湯」

 

 

温めた海水を使って、
水着着用でプール運動を行うことができる施設です。

 

 

私も体験しましたが、普通の水ではなく海水なので、

体が浮きやすくて運動しやすい(ノ^∇^)ノ

 

 

他にもミストサウナや洞窟風呂などがあり、
運動の後は、ゆっくりとサウナやお風呂で疲れを取ることもできますよ。

 

そして、天気があまり良くないときの写真で
申し訳ないのですが「高島海水浴場」

 

 

なんとこの海水浴場は海水浴場内に
珊瑚礁があるというものすごくめずらしい場所なんです!!

 

珊瑚礁もちょっとあるって感じではないのです!
沖縄やモルディブなど、数々の珊瑚礁を見てきた
ダイビングの達人がほれ込んだ珊瑚礁なのです。

 

何よりすごいのは、砂浜から海に入ってすぐ!
のところに珊瑚礁があることなのです。
普通は鑑賞ポイントまでは船で行くのがほとんどなんですよ。

 

この海の下に珊瑚礁があって、魚の群れがいて、

あのディズニー映画『ファインディング・ニモ』の世界が

この高島で体感できるとは信じられないでしょう(≧∇≦)

この夏、絶対行こうと思っているスポットの一つです。

 

さて、本日紹介した、高島トマトの栽培ハウスや
ひらめの養殖所、石炭資料館、グラバー邸別邸をめぐり、
お昼にひらめ定食がついた高島1日満喫コース「高島さるく」が
4月~6月の水・日曜日の期間・曜日限定ではじまりました!

 

気候のいい季節、ハイキングと
高島の名物をご堪能ください(^^)/

 

 

 

 

 

【高島さるく】

 

URL:http://www.nagasaki-tabi.jp/experience/1118.html

(※このサイトからお申し込みができます。)
開催日:4月~6月の水・日曜日
料金:大人/4800円 小学生/2900円
ご予約・お問い合わせ:(社)長崎国際観光コンベンション協会
電話番号:095-823-7423

 


View 高島さるく in a larger map

植物の楽園へいらっしゃ~い

25Apr 2012 tomocchi

“気分はトロピカル”というキャッチフレーズがピッタリの
「長崎県亜熱帯植物園」

 

 

青い空、美しい海、白いドーム、色とりどりの花々☆
まずは、上の写真の白いドーム、大温室から
奥になにやら巨大な植物の壁が・・・
 

 

なんとも不思議な見たことのない植物
植物園のシンボル「翡翠蔓(ヒスイカズラ)」です。
宝石のヒスイに似ていることから
このような和名がつけられました。

 

 

実がなっているように見えますが、これが花!
見頃は5月いっぱいってとこですかね。
色にも形にもそして全体の姿の大きさにも(日本最大級!)
びっくりしてしまう、滅多に見ることができない珍しい花ですよ!

 

 

がらりと雰囲気が変わって、こちらはハイビスカス温室
色鮮やかで大ぶりの花は、
まさにトロピカルな雰囲気~(^∇^~)(~^∇^)~

 

 

ハイビスカス温室を抜けると、海が見渡せ
のんびりできる憩いスペースがあります♪
密かに人気のスポットらしいですよ。デートにおすすめ( ´艸`)
フラワーガーデン温室ではラン・ベゴニアが色鮮やか

 

 

マンゴーやスターフルーツなど
南国の果物が実っている果樹温室 
食べたい・・けど高い場所にあって採れない(≧σ≦)

 

 

園内に4つある温室はすべて雰囲気が違うので
温室を発見したら、迷わず中に入りましょう!
あなたはどの温室が好きかなぁ~(*゚▽゚*)

温室以外にも至る所に植物がありますよ!

(そりゃ植物園ですからね(;^_^A)

 

 

道ばたに可憐に咲く、青紫の美しい花

亜熱帯植物園は広大な敷地に、1,200種、
45,000本もの植物があります!
ゆっくりたっぷり時間をとって、まわって下さいねv(*’-^*)-☆

 

 

 

 

【長崎県亜熱帯植物園】

URL:http://anettai.org/

住所:長崎市脇岬833
電話番号:095-894-2050
開園時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)
休園日:毎月第3水曜日(祝祭日の場合は翌日)および12/30、12/31
入園料:大人・高校生/600円 小・中学生/300円 幼児/無料

※毎週土曜日は小中学生も無料

 


View 植物の楽園へいらっしゃ~い in a larger map

ストラップ作り体験 in 波佐見町

09Apr 2012 tomocchi

波佐見町は焼きものの町!
波佐見焼の窯元やお店があちらこちらにあり
のどかでとってもいいところ(o´∀`o)♪

 

波佐見・有田ICを降りると
波佐見焼の看板も出迎えてくれます(・∀・)!!

 

 

 

この波佐見町で、
波佐見焼を使ったストラップ作りができる!
ということでさっそく行ってみました♪

 
お目当てのストラップ作りは
「波佐見町陶芸の館」 の1Fにある「くらわん館」で体験できます♪

 

 

「くらわん館」では
波佐見焼や民芸品、地元の特産品などの
販売を行なっています☆

 
では、さっそくストラップ作りに挑戦!!
まずは、ストラップのメイン
陶器のとんぼ玉を1つ選びます☆

 
 
 
ひとつひとつに手書きの絵やプリントが施されていて、どれもかわいい!
 
 
くらわん館の方によると
この陶器のとんぼ玉を作り上げるまでには、結構苦労があったそうです。
 
 
とんぼ玉は大玉と小玉の2種類があり、
大玉(右)のストラップは800円
小玉(左)のストラップは600円です♪
 
 
色も形もいろいろあり
どれにするか迷いそう(>▽<)と思ったんですが・・・
「あっ、これがいい!」と私は即決でした(笑)
 
 
とんぼ玉を選んだら、次は装飾パーツ
(写真真ん中の箱の中)とストラップの紐を選びます!
パーツは最高5個まで使用できます☆
 
 
 
 
 
しかし、これを選ぶのが結構難しい!!
色の組合せとパーツの配置を考えながら
「あーでもない、こーでもない」と
ひとしきり悩んでようやく決定(笑)!
 
 
すべて選び終えたら、紐に通していきます。
 
 
こちらは一緒にストラップ作りに挑戦した
佐世保市在住のたっちゃんです♪
パーツが紐を通らず苦戦しながら頑張ってます(●´I`)b
 

 

そしてこっちが私☆
途中、通す順番を間違えてやり直したりする場面も(o´ェ`o)ゞ

 

 

全て通し終わったらパーツが落ちないように固結びをして完成!
2人の力作がこちら☆

 

 

右がたっちゃん作♪淡い色使いで可憐な感じ♡
そして、左が私の作品♪対照的な色使い(´ー`A;)
なんか、性格がでてますね(笑)

 

この他にも組合せ次第で
いろんな形のストラップができますよ♪
波佐見にきた記念に
オリジナルのストラップ作りおすすめです(o・∀・)b゙!!

 

 

2Fの展示コーナーでは
現在「くらわんか藤田コレクション展」が開催中!
期間:2012/5/31(木)まで

 

 

昨年の5月、大阪在住の藤田氏より
波佐見町に江戸時代の古陶器633点が
寄贈されたのを記念して開催されたもので、
江戸時代の食器「くらわんか」300点が展示されています!

 

産地の波佐見町にほとんど残っていなかった
貴重な資料だそうですよΣ(´□`ノ)ノ
この機会お見逃しなく~!!

 

今回ご紹介した波佐見町陶芸の館とその一帯は、
波佐見焼の歴史や文化に触れることのできる
おススメのスポットです♪
ぜひ、行ってみてください((・´∀`・))!

 

 

 

 

【波佐見町陶芸の館】

※ストラップ作り体験は要予約
営業時間:9:00~17:00
休館日:元旦
入館料:無料
お問い合わせ:0956-85-2214

 

【くらわん館】(陶芸の館1F)
お問い合わせ:0956-26-7162

 

 


View ストラップ作りin波佐見町 in a larger map