よりぬきGo!Go!ともっち

長崎の梅雨は紫陽花 / 路面電車「みなと」

30Jun 2021 tomocchi
  • 转帖

 

長崎は、今日も雨。

なかなか遠くに行けない状況ですが、長崎県庁の敷地に咲く紫陽花がキレイで心が癒されます。

 

 

紫陽花の傍らに立つのは「若き日のシーボルト像(富永直樹 作)」。

 

 

紫陽花は、長崎ゆかりのオランダ商館医・シーボルトが愛した花。

シーボルトは愛する日本人妻「お滝(おたき)さん」の名を取って、この美しい花を「おたくさ」と名付けたそうです。

 

このことから紫陽花(あじさい)の学名は「おたくさ」と言います。

昭和43年「長崎市の花」に選定。

紫陽花は今も長崎の象徴的な花として、市民に愛されています。

 

路面電車「みなと」

 

 

そうそう、長崎市民に愛されているといえば、路面電車。

市内中心部にはたったの130円(均一料金)で乗れる路面電車が走っていて、とても便利です。

なかでも私がおすすめなのは「みなと」。

長崎の魅力がギュっと詰まった可愛い電車です。

 

デザインを手がけたのは、JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」をはじめ多くの鉄道車両を手掛けた水戸岡 鋭治(みとおか えいじ)氏。

この車両にも通常の運賃と同じく大人130円、子ども70円で乗れちゃうんです!

嬉しいですよね~♪

 

そう、「みなと」はこんなに豪華な車両なのに特別列車ではなく、通常の営業列車なのです。

 

外装は港町・長崎のイメージにぴったりの鮮やかなメタリックブルー。

 

 

ボディには、長崎に多い「尾曲がり猫」のイラストも!

鍵しっぽで幸せを引き寄せるといわれているラッキーキャットなんですよ!!

 

 

内装は木材を多く使用。

レトロ感あふれるシートは色や柄がどれも素敵で、どこに座ろうか目移りしちゃいます。

写真の突き当たり(運転席うしろ)の繊細な組子細工が美しい!

 

 

長崎の教会をイメージして、窓には一部ステンドグラスが使われています。

船舶用の明かりが使われているのも長崎らしい。

つり革は木製で、握るとしっくり手になじみます。

 

 

高級感あふれる天井も素敵。

 

長崎くんちで人気の出し物「龍踊り」のイラストも。

 

「乗ってみた~い!!でも、いつ、どこを走っているの?」と気になりますよね!

 

長崎電気軌道(株)のHPからインターネットで現在位置を確認できるサービス「ドコネ」があるので、すぐに確認できますよ!

 

http://www.otter.jp/naga-den/pc/maps.php

 

長崎の魅力がギュっと詰まった路面電車「みなと」。

 

市内を移動の際は、ぜひ乗車してみては?

 

 

 

長崎電気軌道(株)の公式キャラクターは「ながにゃん」。

 

電鉄に住み着く猫の姿をした妖精にゃ~。