よりぬきGo!Go!ともっち

長崎近代交流史と孫文・梅屋庄吉ミュージアム

27Aug 2014 tomocchi
  • 转帖

長崎市内の石造り洋館として最大のものと言われる

旧香港上海銀行長崎支店記念館は、
2014年4月「長崎近代交流史と孫文・梅屋庄吉ミュージアム」として

リニューアルオープンしました。

 

 

中国革命の父といわれる孫文についてはご存知でしょうが、

梅屋庄吉・・・って何者?
今まで歴史の舞台に表立って出てきた方ではありません。

 

 

梅屋庄吉は長崎出身の実業家で、現在の日活(にっかつ)株式会社の前身である
日本活動写真株式会社の創立者の一人。
映画史には名が残る人物ですが、

孫文と関係した人物としては知られることはありませんでした。

 

 

 

香港で孫文に出会った梅屋庄吉は、孫文の革命にかける情熱を知り、
財を挙げて支援することを約束しました。
映画興行で莫大な財を得た梅屋庄吉は絶えず支援を続けたといわれています。

 

 

 

梅屋庄吉の日記には、孫文との出会いを記した記述が残されています。

 

 

 

 

孫文が裏地に「賢母」としたためたつむぎの羽織
公私にわたって支援してくれた梅屋庄吉・トク夫妻を慈母のようと讃えたもの

 

 

 

展示されている資料の中に、なにやら不思議な展示ケースが・・・

 

 

 

資料画面にタッチすると、ケースにアニメーションによる説明が現れます!
しかも日本語・英語・中国語・韓国語の4ヶ国語対応!

 

 

 

梅屋庄吉を慕った革命志士達の寄書がされた衝立

 

(

)

 

 

孫文及び革命志士達を支援し、大変慕われた梅屋庄吉でしたが、

その存在が知られることがなかったのは

一切(いっさい)口外(こうがい)シテハナラズ」

という遺言によって秘蔵されていたからなのです。

 

 

 

3階は貿易港長崎の歴史資料が展示されています。

 

 

 

 

ここからはベランダに出て、長崎港を望むことができますよ!

 

 

国境を越えた二人の友情の足跡や、遺言に従い長年秘蔵されていた貴重な資料を
ご覧いただけるミュージアムです。

 

 

 

また、クルーズ客船が入港した際には目の前に大きな船を望め、

素晴らしい景色が一望できますので、ぜひお立ちよりください。

 

 

 

 

 

 

【長崎近代交流史と孫文・梅屋庄吉ミュージアム】
住所:長崎市(まつ)枝町(えまち)4-27
電話番号:095-827-8746
開館時間:9:00~17:00
休館日:毎月第3火曜日(祝日の場合は翌日)

料金:高校生以上/300円、小・中学生/150円

URL:http://www.nmhc.jp/museum/

 


View Larger Map