長崎県在住の特派員情報

“外国人による日本語弁論大会”レポート その2

18Jul 2017 yamaguchi
  • 转帖

その1はこちら!

さて、審査結果に行く前に、もう1つ気になったスピーチがありましたので

簡単にご紹介♪

 

 

エントリーNo.10 長崎大学の鄭雪萍(テイ セツヘイ)さん

 

 

タイトルは「日中の平和を築く石になる」

んっ!?石??

タイトルがちょっと奇抜で目を引きますな。。。

 

 

スピーチ内容を聞いてみると、、、

よく「日中の懸け橋になりたい」っという人がいると思いますが、

鄭さんはその前にその橋の材料となる“石”になりたいというのですっ!

 

 

鄭さんはある日、長崎で一人の日本人のご老人と出会いました。

その方は鄭さんの故郷である中国・福州市になんと200回以上訪れたことがあり、

35年前に起きた長崎大水害で大きな被害を受けた長崎市の眼鏡橋の修復工事に携わったそうです。

ご老人と話しているうち眼鏡橋の修復には福州市から運ばれた石が一部使われている事実を知り、鄭さんは感動。

自分も眼鏡橋を構成する石の一つのように、日中をつなぐ懸け橋の石の一つになりたいと思うようになったということでした。

 

 

中国にいた時から沖縄のエイサーが大好きで、ずっとクラブ活動を続けてきた鄭さんは、

踊っている時は国の違いや言葉の違いを忘れ、気持ちの交流に国境はないと感じるそうです。

福州から石を運んだご老人と、福州出身の鄭さんが長崎で出会ったのはきっと運命だったのではないかなぁと思うくらい、

素敵なエピソードだなと思いました^^

 

 

審査発表前には全出場者と観覧者との交流もあり、出場者に直接気になることを自由に質問したりそれに答えたり、

時々笑いも起きる楽しい時間でした^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

、、、さて、気になる審査発表は、、、

 

 

緊張の一瞬っっ!!

 

未来賞(高校生審査員の投票で決まる)と館長賞(追悼平和祈念館長が選ぶ)は

 

 

 

ベトナムのグエンさんがW受賞!(すごい!)

 

 

3位は、、、

 

 

中国の娄(ロウ)さん

 

 

2位は、、、

 

 

同じく中国の邵(シャオ)さん

あっ、、、長崎くんちのスピーチしてくれた邵さんだっ!^^

 

 

そしてそして、、、

栄えある第1位、最優秀賞は、、、

 

 

中国の鄭さん

先ほどご紹介した鄭さんですっ!!

 

 

鄭さんから受賞コメントを頂きました^^

 

 

 

「今日(6/17)は大好きな(アイドルグループ)嵐の二宮さんの誕生日で、

自分もがんばらなきゃいけないという思いで臨みました!」

、、、っという微笑ましいコメントに会場の皆さんもつられて笑みがもれました^^

 

 

最後に全出場者で記念撮影っっ♪

 

 

受賞された皆さん、おめでとうございます!!

そして全出場者の皆さん、本当にお疲れ様でしたm(_ _)m

 

出場した皆さんはもちろんですが、観覧した一般の皆さんも

外国人の皆さんの長崎に対する率直な思いや意見を聞くことができる有意義な時間です!

来年の開催も楽しみにしています♪♪

 

 

 

<おまけ>

 

最優秀賞受賞の鄭さんの独占インタビューに成功^^

ちょっとですが、その様子をお伝えします♪♪

 

 

最優秀賞受賞者 鄭雪萍(テイ セツヘイ)さん

 

※ 以下、Y(yamaguchi)、T(鄭さん)の順

 

Y「(受賞した)今の率直な気持ちは?」

T「(受賞したことが)まだ信じられません。本当に嬉しいです。

がんばって練習してきた甲斐がありました。」

Y「スピーチの内容についてもう少しお伺いしたいのですが、眼鏡橋の修復工事に携わったおじいさんとはどこで出会ったのですか?」

T「私のアルバイト先で出会いました。おじいさんはそこにお客さまとして来られたんです。」

Y「長崎に住んでみて来る前とイメージが変わったということはありますか?」

T「長崎に来る前は学校の授業で“長崎は原爆が落とされたところ”ということしか習いませんでした。

実際来てみると人もとても優しくて住みやすいところだと思います。出身の福州とのゆかりも多いところで嬉しくなりました。」

T「実は長崎での生活も残りわずかなんです(今年8月に帰国予定)。長崎が大好きになったので、

正直言うと帰りたくない気持ちでいっぱいです。」

Y「そうなんですね。そう言っていただけて嬉しいです。また長崎にぜひいらしてくださいね!」

 

 

あらためて鄭さんおめでとうございました!!!