世界は今

長崎との再会

26Jan 2012 高 華彬

高華彬(Gao Huabin)(中国・北京市)

長崎県滞在期間:2006.4~2007.4(元長崎県観光連盟国際交流員)

 

 


 私が前回長崎に住んでいたのは5年前になります。

 2006年4月から2007年4月まで、国際交流員として長崎県観光連盟に一年間在職しました。初めての海外生活であり、1年間しかいませんでしたが、長崎の新鮮な空気、きれいな自然、美味しい料理、親切な人々等、良い印象ばかり残っていました。グラバー園、長い坂道、さだまさしが長崎弁で歌う「がんばらんば」など中国に帰った後も長崎のことがよく夢に出てきました。いつかもう一度長崎を訪れたいとずっと思っていました。

 昨年11月下旬、日本への研修のチャンスに恵まれ、ついに長崎を再び訪れることができました。そして、長崎で楽しく有意義な2日間を過ごしました。


 

 到着した日はちょうど日曜日で、長崎大学医学部の体育館で中華圏留学生のバドミントンの試合があったので、長崎にいる友だち李さんの紹介で試合に出たところ、運よくダブルスで優勝しました。

 5年前にこの体育館でよくバドミントンの練習をしたことを、今でも非常に懐かしく思っています。昔、長崎にいた蔡さん(当時留学生会長だった)は今は京都にいて長崎にいないらしく、今回新しく台湾から来た蔡さんと知り合いましたが、シングルスの試合で彼に負けたのがちょっと残念でした。そして、昔の友だちに何名か会えたのも嬉しかったです。場所は以前(5年前)と同じ場所で、周りの参加者も以前と同じくぴんぴんとした若者ばかりでしたが、自分だけちょっと年を取ってしまったのが感慨深かったです。

 

 

 ちなみに、バドミントンの趣味はそもそも5年前に長崎で始まったので、当時ゼロから丁寧に教えてくれた「地球館」の牛嶋さんや市民会館で教えてくれた先輩たちに感謝する気持ちでいっぱいです。帰る際に李さんが今度北京に出張に来たら、北京のバドミントン練習場にも連れていくことを約束しました。

 

 

 バドミントンの試合後の授賞式。右は2つの賞をもらった李さん

 

 

 

 夕方、出島ワーフの「リンガーハット」で李さんと大好きなチャンポンを食べた後、昔自分が住んでいた茂里町あたりをぶらぶらしました。昔空き地だったところに「Cocowalk(ココウォーク)」という大型ショッピング施設ができ、そのビルの上に大きな観覧車があったことにもびっくりしました。中国は変化が速いと日本の方によく言われますが、日本も少しずつ変わっていますね。

 それから、松ヶ枝埠頭は昔小さな港湾事務所しかありませんでしたが、今はきれいで立派なターミナルができたので、周りの景色もさらに魅力的になっています。他にも変わった所はまだまだ沢山あると思いますが、時間がなくてあまり回れませんでした。

 

 

         

昔住んでいた所の近くはすでに商業施設に変身

 

5年前の松ヶ枝埠頭港湾事務所

 

                                    現在の松ヶ枝国際ターミナル

 

 

 

 翌日、県庁で研修講義を受けた後、長崎歴史文化博物館で特別企画展「孫文・梅屋庄吉と長崎」を視察しました。

 昨年は中国の辛亥革命100周年に当たるので、中国でその関連のドラマや映画の放映、展示会など多くのイベントを行っていましたが、日本で孫文関係の展示会を見られたのが嬉しかったです。特に、中国から寄贈された孫文と梅屋夫婦の三人像や、中国から借りてきた文物資料、日本側が保存していた貴重な資料が数多く一堂に集められているので、一見する価値があると思います。皆様もぜひ見に来てください。

 

 

孫文・梅屋夫婦三人像の前

(左は今回一緒に研修を受けた美人で、右は解説が素敵な美人案内員)

 

 

 今回再び長崎に滞在した時間は短かったですが、多くの親友や昔の同僚と再会し、そして新しい友だち、特に「出島ネットワーク」の編集者とも知り合えたことが何よりも嬉しいことでした。今後、北京の事、長崎の事をネットで交流出来るのも楽しみです。

 

 

 では、また「出島ネットワーク」でお会いしましょう。

 

 


 

ふるさとを紹介します!

28Dec 2011 Aris den Hollander

Aris den Hollander(アリス・デン・ホッランダー) (オランダ・ゼーランド州)

元長崎大学留学生協会副会長

長崎滞在期間:2010.3~2011.3

 

 

 私が出島ネットワークのウェブサイトを見ていた時に、長崎県はオランダのゼーランド州と友好交流関係を結んでいることを知りました。私自身がゼーランド州で育ったので、本当にびっくりしました。今ゼーランド州と長崎県をちょっと比べながら書いていると、似ている点が多かったので面白いと感じました。長崎が大好きなのはそのためでしょうか。

 

 

 

  ゼーランド州はオランダの南西地方にあり、農業も水産業も盛んです。オランダの首都アムステルダムを中心とするとゼーランドはかなり遠い地域だと言えます。オランダの中心から離れており、田舎の感じがします。長崎も東京からかなり遠く離れていて、両地域とも大都市のような騒がしさもなく、人口も少なく暮らしやすいですね。長崎と本当に違いはないように感じます。

 

 

 しかしここで長崎県とゼーランド州の違いを一つ示したいと思います。ゼーランド州はビーチがとっても人気です。温度が少しでも上がるとすぐに砂浜で毎日時間を過ごす人が多いです。遊んだり喋ったり、ちょっと寒くても砂浜まで泳ぎに行きます。長崎も海の近くですが、砂浜はそこまで人気ではなかったという印象を受けました。水辺の森公園もあり、手熊の近くにも砂浜があり、ビーチがないわけではありませんね。長崎の夏も非常に暑いからこそ、どんどんビーチに行ってほしい。これが私のゼーランド州からのオススメです。


 

 

2011年ヴァージニア地震

31Oct 2011 Nicholas Ballen

ニコラス・バレン(アメリカ合衆国ワシントンDC)

元長崎県国際課国際交流員(2009年8月~2011年8月)

 

 

 皆様、こんにちは!アメリカ合衆国ワシントンDC出身のバレンと申します。

今年度8月まで、長崎県国際課で2年間国際交流員として勤務しておりましたが、現在は帰国して予備校に通い、日々法科大学院の入学試験の勉強をしております。どうぞよろしくお願いします。

 

 今回のトピックは2011年ヴァージニア地震です。御存知かもしれませんが、8月、私の出身地で現住地でもあるワシントンDCにて地震が起こりました。この地域では地震が極めて珍しいため、この2011年ヴァージニア地震及びその影響等についてお話したいと思います。

 

 ヴァージニア地震は、2011年8月23日13時51分(現地時間)に起こり、マグニチュードは5.8でした。震央は、ヴァージニア州都リッチモンドの北西方約61kmのルイザ群にあり、震央に最も近い町はその南南西の約8kmに位置するミネラル町で、これはワシントンDCの南方約80kmにあります。ロッキー山脈の東部で同規模の地震は、114年前の1897年以来のことで、この地域では非常に稀な現象だといえるでしょう。

 

米政府発行の地震地図 (http://www.wikipedia.org/)

 

 ヴァージニア地震は、日本や北アメリカ大陸の西海岸でよく起こるプレート境界型地震等ではなく内陸地殻内地震であり、そのため特徴が多少異なります。東海岸の岩石が西海岸等の岩石と比べ比較的古いため、東海岸での地震は典型的により広範囲なものとなります。よって、弱震だろうとかなり離れた場所でも感じられることがあります。これに対し、西海岸等の典型的地震では、震央にほとんどの地震力が集中され、その範囲がより狭くなります。今回のヴァージニア地震は浅発地震のため、さらに広範囲に影響を及ぼしました。ヴァージニア地震は、北方にカナダのケベック州都ケベック・シティ、東方にカナダのニューブランズウィック州都フレデリクトン、南方にジョージア州都アトランタ、西方にイリノイ州にも検出され、かなりの広範囲だったといえます。

 

 幸運なことに、多くの軽傷者が出たものの、死亡者は出ませんでした。地震が100年以上も起こらなかったため、地震に向けた防災訓練等は一切行われてきておらず、また、地震自体を経験したことのない人が多かったので、ワシントンDCの市街等では一時少しのパニックが起こり、地震に驚いた人がたくさんいました。さらに、地震の際の安全基準や、耐震のための建築規則等も全くありませんので、日本ではそこまで大変ではないであろうマグニチュードの地震により多くの物的被害が生じました。その例として、ワシントンDCの有名な記念塔等に構造的損傷が発生しました。

 

 

米国防総省での避難 (http://www.wikipedia.org)

 

 次に、私自身の経験、感想についてお話したいと思います。日本で生活して地震慣れしていますので、地震発生時はゴロゴロいって地面が揺れても驚きもせず「あ、地震だ。珍しいなあ。でもそんなやばいやつじゃないね、これ。」と思い、適切な対応を取っただけです。その後、アメリカのマスコミでは少し過度報道に聞こえたようなものを聞き、大げさに聞こえた米国民の反応をも聞き、これらを受け、情けないやら愚かやら少し恥ずかしく思いました。                                             

 しかしながら、家族や友達の話をもう少し聞いてみれば、地震を経験したことのない人の観点からそれなりに怖いだろうということに気づき、また非常に珍しいものだけあってある程度話題にもなるだろうと、考えを少し改めました。

 

 以上、今回のヴァージニア地震についての現場からのリポートや感想等でした。今度またぜひこのコラムに参加したいと思っておりますので、これからもよろしくお願いします。

 

 

 

 

北京の軽食

11Oct 2011 劉 夢妍

劉夢妍(中国*北京市)

長崎滞在期間:2010年4月―2011年3月(元長崎県立大学シーボルト校研修生)

 

 

 

 長崎での一年間は夢のようでした。北京に戻り、仕事に復帰したのはまだ5ヶ月ですが、長崎のきれいな町、新鮮な空気、親切な人々は懐かしくて懐かしくてたまらないです。

 

   勿論、長崎の美味しい食べ物も忘れられません。新鮮な刺身、フワフワのカステラ、アツアツのチャンポン……こんなたくさんの珍味を味わわせてくれた長崎にぜひ私の地元の北京の伝統的な食べ物も紹介したいです。それに、北京ダックやしゃぶしゃぶのようなよく知られるものではなく、本当に地物の人しか知らない或いは食べないものですよ。

 

   では、私と一緒に美食の旅を始めましょう。

 

 

 

 

 (http://10.1.6.10:21128/block.cgi?urldata=http://bbs.voc.com.cn/viewthread.php?tid=1860508&page=52&ctgnum=1005&uid=1000042&gid=6&rcode=1&cip=172.16.1.112&keyword=)

 

驴打滚(LuDaGun)!私の大好物~。黄な粉とあんこで作られ、もちもち!

 

 

 

 

http://www.moidu.com/show-211498-1.html

 

エンドウ豆で作った昔の宮殿スナック豌豆黄(WanDouHuang)。ダイエット効果もあるよ~。

 

 

 

http://wiki.jxwmw.cn/index.php?doc-view-89555

 

野菜いっぱいの炒疙瘩(ChaoGeDa)。

よく見てください。小さく白いのは小麦粉で作っているんですよ。

 

 

 (http://www.hongbinweb.com/2010/1018/1554.html

 

炸醤面 (ZhaJiangMian)

定番のジャージャーメン!

 

皆さん、いかがでしょうか?写真だけじゃ、満足できないですよね。

ぜひ北京に遊びに来てくださいね。

北京で待ってます~。

 

 

あれもこれも食べたい、ダナンのバンミー(Banh Mi)を食べ比べ

25Aug 2011 HO THAO NGUYEN

 元海外技術研修員(H22年)

   HO THAO NGUYEN(ホ・タオ・グエン) (ベトナム ダナン市)

 

   長崎を離れてあっという間に5ヶ月、皆さん、お久しぶりです。長崎でお世話になったグエンです。覚えていらっしゃるでしょうか。帰国後も、長崎での日々を忘れずに、長崎との繋がりを保ち続けたいと思っていたので、登場することが出来て嬉しいです。

 

 私は長崎からダナンへ戻って来て、すぐに外務局に復職しました。ダナンはこの時期は暑い日々が続いていますが、長崎はいかがでしょうか。このサマーシーズンと言えば、ポピュラーなエンタ―テイメントが色々あります。長くて美しいビーチは私たちの誇りです。もちろん、私も海が大好きです。朝と夕方はバイクの群れ、そして海の中はイモ洗いのように人が多いですよ!!涼しい海の中で暑さしのぎをしたり、パラグライディングしたりするのは最高だと思います。海岸沿いの屋台で定番メニューでもある新鮮なシーフードも楽しめます。海好きなら、このシーズンぴったり!これからこんな景色が9月頃まで続きます。長崎の海と言えば、泳いだことがある伊王島(いおうじま)を思い浮かべます。もちろん長崎のシーフードも絶品ですね!

 

 

ダナンビーチ

  

 さて、この度はベトナムの全国的にも誇りとなる食べ物をご紹介致します。フランスパンのような「バンミー/Banh Mi」にベトナム特徴の具を入れて食べるサンドイッチは、旅行者にも大人気。昔ながらの1品や、その最新スタイルなどをあれこれ試してみましょう。

 

 これが今やダナンの基本形!

 

  ランおばさんのサンドイッチ バンミーバーラン/Banh Mi Ba Lan

 

 ダナン(Da Nang)っ子に美味しいサンドイッチはどこと尋ねたら、「まずはここ」と答えるであろう有名な老舗(しにせ)です。ハム、さつま揚げ、パテ、ワケギ1本丸ごと入りで、炭火で炙(あぶ)っていてカリカリサクサクします。他店と比べて値段は高いですが行列ができます。

 

 

 

店名:バンミーバーラン/Banh Mi Ba Lan

 

料金:1万2千VND(約50円)

 

***************************************************************

 

鶏はないけど鶏バンミー

 

「鶏」サンド

 

バンミーガー/Banh Mi Ga

 

 コロコロ丸型の「鶏サンド」。だがなんと中身は、豚肉を干したデンプと青パパイヤの千切りにぴり辛いヌックマム(Nuoc Mam)で、あっさりさっぱり!でもどうしてこれが「鶏」サンドイッチなのか?実はサンドの形が卵に似ていることが、名前の由来なのだとか。   店名:バンミーバーヤー/Banh My Ba Gia料金:6000VND(約25円)

 

************************************************************************

 

ガッツリいきたい時はこれでしょう

 

焼肉サンド

 

バンミーティットヌーン/Banh Mi Thit Nuong

 

   濃い目のタレに漬け込んだ牛肉を炭火で焼いてバンミーに挟みます。香ばしくて、どっしりとした味に食欲がわきます。「焼肉はしつこくない?」と思いがちですが、ピリッとしたワケギが程よくアクセントになり、くどさを感じさせません。おやつから食事へと進化した肉食系サンドです。 
  店名:ドンティエン/Dong Tien 料金:7000VND(約26円)   
       

 

*******************************************************************

 

昔はこれがお酒落だった(らしい)

 

もだ~んスティックサンド

 

バインミーパテ/ Banh Mi Pate

 

 直径3cm、長さ25cmの細長いスティックバインミー。中身は、パテと揚げ玉ねぎのやや濃い味で、おやつにちょうどいい感じ。昔はデートの時に、女の子がバイクの後ろに座ってこのスティックをかじっているのがお酒落だったのだとか。    店名:バインミーニューイー/Banh Mi Nhu Y

料金:5000VND (約20円) 

    

 

*****************************************************************

 

ゼリー入り?グミ入り?不思議な食感

 

グミ団子サンド

 

バンミーボットロック/Banh Mi Bot Loc

 

     一口噛むと、クニュクニュっとまるでグミのような不思議な食感です。これは、「ボットロック/Bot Loc」と呼ばれるタピオカ粉で作った海老団子で、お隣フエ(Hue)の名物です。さらに薄切りにしたベトナムハムと辛味ソースを加えた、ちょっと珍しい新食感サンドです。固定ファン増殖中。    店名:バンミー/Banh Mi

料金:7000VND (約26円)

************************************************************************

 

あえて安直(あんちょく)さを避けたのか

 

ハ「ム」バーガーサンド

 

バインミーハンバーガー

 

Banh Mi Hamburger

 

       最近、中部でもメジャーになってきたハンバーガー。でもここはベトナム、一筋縄でいくわけがないです。なんとこのハンバーガーには、ハンバーグが入っていません!代わりに厚切りのベトナムハムが入っており、これはこれで美味しいのです。    料金:8000VND(約32円)

 

 

1345678NEXT