世界は今

「景山現象」はなぜ中国で流行っているのか?

13Sep 2012 高 華彬

高華彬(中国・北京市)
長崎県滞在期間:2006.4~2007.4(元長崎県観光連盟国際交流員)

  皆様、北京市の景山公園はご存知ですか?北京市の中心地に位置し、昔皇族が使った庭園であり、明の最後の皇帝である崇禎帝(すうていてい)が李自成の農民蜂起軍に攻められ、この公園の槐の木で首つり自殺をしたと伝えられています。また、園内の景色も良く、特に頂上から雄大な故宮博物館の全容を一望できるので、毎日多くの観光客が訪れています。

 

 

   

 

景山の頂上より故宮を一望する            崇禎帝が自殺した場所

 

 

 

 ところで、皆様は「景山現象」をご存知でしょうか?
景山現象というのは、近年中国各地ではやっている現象で、公園など屋外の公共の場所で市民が自発的に集まり、「中高年合唱隊」のような特に高齢者が多く参加する娯楽イベントを指します。

 

 このようなイベントは、最初に北京の景山公園で始まり、さらにここでの人数が最も多く、影響力も最も大きいので、「景山現象」と名付けられています。 

 

 

  

                                合唱練習の様子   

 

 

 

 景山公園の北側にある寿皇殿近くは「景山公園激情広場合唱団」の活動場所であり、毎週末になると200名を超える中高年の方々が歌の練習に来ています。合唱団には団長や指揮者がいて、ちゃんとした組織として活動を運営しています。中国の歌を中心に、毎回数十曲の歌を練習しており、団員のまじめでプロ並みのパフォーマンスに、外国人を含む数多くの観光客が感激して、熱烈な拍手を送ったりしています。

 

 

 

 

 統計によると、このような民間合唱団は北京市だけでも40団体以上あり、市内の数十カ所の公園でそれぞれ活動を行い、参加者は数万人にのぼるといわれます。そして、このような活動はすでに北京だけでなく、国中に広がっています。

 

 

  先週の日曜日、たまたま景山公園へ遊びに行ったついでに、有名な「景山現象」を見に行きました。人気の大合唱団がまじめに練習していた以外にも、少人数のコーラス、京劇団、吹奏バンド、舞踊、漫才など様々なグループがあり、数多くの高齢者の方々や観光客が見入っていました。その場で興味が湧いて、一緒に歌ったり、踊ったりする方も多かったです。

 

    

「革命様板劇(かくめいようばんげき)」(文化大革命時代流行っていた京劇)

     

 

                                彩帯踊り

 

 

 

 さて、なぜ「景山現象」ははやっているのでしょうか?

 

 まず、北京のような大都会をはじめ、中国は既に高齢化社会に入っており、数多くの定年退職者にとって、体と心の健康を保つためにこのような大衆イベントに参加する必要が出てきました。関係機関の発表によると、2010年末現在、北京市の60歳以上の高齢者人口は235万人にのぼり、前年よりも8.4万人増えており、高齢者の比率が人口全体の18.7%に達しています。

 

 

 

 そして、高齢者の数は今後も引き続き上昇傾向にあるということです。高齢者人口の増加に伴って、このような団体や活動が更に増えるだろうと予測されます。

 

 

 それから、高齢者にとって定期的な屋外活動、とくに歌うことが、心身の健康を保つには非常に有効な手段だと言われています。歌を歌うことは深呼吸をするのと同じで、肺活量を高めたり腹部の筋肉を鍛え、血液中の酸素含有量を増やしたり、生命体の活力を高めたりすると同時に、シェイプアップと良い精神状態の維持にもつながります。特に、若い時に口ずさんだ名曲が高齢者たちの青春時代の思い出を蘇らせ、人生の情熱を取り戻せると言われます。

 また、多くの音楽学者が長生きしていることも、歌を歌うことが健康に良いという有力な証明になっていると思います。

 

 

    

           中国の民族楽器                                 トランプを楽しんでいる様子

 

  

                   歌の練習               少数民族の踊りの練習

 

 

 最後に、このような活動は高齢者たちに交流の場をも提供しています。多くの高齢者が歌を歌うという共通の趣味を通じて友達になり、それをきっかけに一緒に旅行をしたりして、寂しさや孤独に陥ることなく楽しく暮らしています。その上、歌と落語・漫才等の内容が豊富、多彩であり、高齢者たちは様々な社会知識を勉強できます。これも、この様な活動が多くの人々に受け入れられ、長く継続できる原因の一つだと思います。

 

 

 数年前、私は長崎市に一年間住んだことがあり、日本の地方における高齢化社会の現状を身にしみて感じました。また、「孤独死」事件もしばしば日本のメディアに取り上げられています。一般的には、中国人は賑やかな雰囲気が好きなのに対して、日本人は静かな生活を好むというように、日本と中国の国民性に違いがあるとは言われますが、日本の高齢者の方々にとっても、ある程度の他人との交流はやはり不可欠でしょう。北京の「景山現象」が、日本の高齢者交流問題に少しでも参考になれば幸いだと思います。

 

 

ブラジル“イースター”

12Jul 2012 鶴 ステラ ゆかり

鶴 ステラ ゆかり(ブラジル連邦共和国)

長崎県滞在期間:2011.7~2012.3(平成23年度長崎県海外技術研修員)

 

 

    皆様、こんにちは。

 

 

  平成23年度海外技術研修員、鶴 ステラ ゆかりと申します。

長崎を出てから三ヶ月となります。美しい町で思い出をたくさん作る事ができました。お世話になった方へお礼の気持ちをお伝え申し上げます。

 

 

    出島ネットワークのスタッフさんから”世界は今”と言うテーマの原稿を書いて貰いたいと言われ、日本ではなじみのない「イースター(Easter)」について書こうと思いました。

 

 

    キリスト教徒が多いブラジルでは今年4月6日は国の祝日イースターでした。年によって日付は変わります。イエス・キリストの復活を祝い、記念する日です。復活祭とも言われます。

 

  ブラジルでは家族や友達が集まり、卵チョコレート(イースターエッグ)を交換する習慣があります。卵はどのスーパーでも販売されていて、大きさ、味、おもちゃ入りなど、たくさんの種類が売られています。

    また、家で卵チョコレートを作ってあげたりもします。今年は7才の甥と卵作りに挑戦しました!

 

    

             手作り卵チョコレート                  スーパーの卵チョコレート売り場

 

  あと、キリスト教の教えで、「罪から私たちを救うためにキリストが流した血に触れる」というのがあり、イースター(4月6日)には赤い肉を食べてはいけない習慣があります。”赤い肉”とは牛肉や豚肉の事です。なので、白い肉である魚や鶏肉、特に「バカリャウ」と言う魚をよくお祝いの日に食べています。

 

 

                       

                                    保存のため塩漬けしたバカリャウ

                         http://yamago5.com/shopping/bacalhau.html

 

 

  私は母の出身地サンパウロ州「リンス市(Lins)」でイースターを過ごしました。リンス市の人口は73,183人、面積571.442km。私の生まれ育ったサンパウロ市の人口11,150,249人、面積1522.989kmと比べると小さな田舎町です。そしてサンパウロ市から車で6時間もかかります。昔は日本から移民した人々が住んだ土地でもあり、日系の方が多いです。

 

その他(リンス市の紹介記事)

http://www.iptdajatak.com.br/jatak/publications/show/ColoniaGuideBook/16

 

 

                         写真左上:リンス市街の雰囲気

                            右上:日系平田家スーパーマーケット

                            左下:田舎の自然:柿の実を食べるオオハシ

                            右下:田舎の自然;パイネラの木(トックリキワタ)

 

 

  リンス市は気温が高いため、暑いときに欠かせないのがアイスクリーム屋さんです。ちなみに私が大好きなアイスクリーム屋さん「ア・ファゼンジニャ」(A Fazendinha-小さな農場の意味)では手作りアイスクリームが食べられます。しかも種類がたくさんあって、その値段は一個で2レアル*です。一個頼むと、あまりにも大きいので二段にわけて盛り付けてくれます。なので、二個分貰ったかのように見えるくらいおいしくて価値のある店です。           

 

*1レアル=約43円

 

 

 

 

左:アイスクリーム53種類

右:「ア・ファゼンジニャ」でアイスを食べる私と甥。後ろにも人がたくさん並んでいます。

 

 

  今、リンス市に住んでいるのが長崎県壱岐出身の祖母です。10才の時にブラジルへ移民して、今は88才になりました。長崎の話をするとあまりにも幼かったため壱岐での生活は思い出せなかったそうです。でも、壱岐の海は少し覚えているみたいで、「それはキレイ」だと言っていました。お祖母ちゃんは「ブラジルで生きて来たけれども、心は日本に残っているよ。」と言っていました。

  私自身長崎での生活を経験して、お祖母ちゃんと前より話がたくさん出来て、私はとても嬉しかったです。

 

 

   

 

左:私と壱岐出身の祖母(88才)

右:祖母が68年過した家。リンス市タンガラ町

 

 

  長崎にいる間は「日系人として、家で何を食べているの?」とよく聞かれました。下の写真は、私が普段食べている食事です。イースター以外は赤い肉を食べても平気です。

 

 

                                 

 

    

 

    シュラスコ(バーベキュー)、サラダ、五目御飯、フェジョン(豆類の総称)、

    ガラナ飲料、サーモンの刺身、きゅうりの漬物

 

 

 

以上、今回のイースターで家族と長崎での良い思い出を語り合えたのも皆様のおかげでした。どうもありがとうございました!

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

さようなら、長崎!

13Jun 2012 都 彦飛

都彦飛(中国・上海市)

長崎県滞在時間:2011.7~2012.3(H23年度海外技術研修員)

 3月5日、私たち研修生たちは空港で長崎の友達と別れた時に、私は涙が出てこないように友達の目を見ないようにしていたのですが、結局は涙が出てきました。

さようなら、長崎!さようなら、長崎の友達!未練を残しながら飛行機に搭乗しました。飛行機が飛び立ってから、窓からこの大好きな土地、私の第二の故郷をじっと見ていました。長崎に暮らしていた間、大切な思い出が残っています。

 

 

 1時間半後、私の故郷―上海に到着しました。家族はすでに空港で長い時間待っていました。家に帰ってから、嬉しそうな娘を抱っこした時に心が温かくなりました。8か月ぶりの我が家、8か月ぶりの上海生活ですが、これからまた一からのスタートです。

 

 

 上海には地下鉄はありますが、路面電車はありません。高層ビルはありますが、高い山はありません。私の目の前のすべてのものは、長崎とはとても違います。長崎で路面電車の運転手は優しい声で駅の案内や安全に気をつけるよう呼びかけたり、赤信号で待つと乗客に知らせたりします。それは上海ではあり得ないことで、他の都会と同じように自動音声案内になっています。しかし、なんとなく親切さと温かさが欠けている気がします。地下鉄の自動音声案内を聞くたびに、長崎の電車の運転手の案内を懐かしく思います。

 

 

 毎日四階にある家から階段を下るたびに、西山本町に住んでいたとき、山の上にあるアパートから下りながら見る長崎の美しい景色と、1軒1軒特色のある日本の家を観賞したことを思い出します。一軒家の庭に花と木がいっぱいあって、池に鯉が泳いでいて、短い尻尾が特徴の長崎の猫ちゃんが寝ている風景は、言葉で伝えられないほど美しいです。その中で、あるお爺さんは毎日自分の庭の前で“お早うございます。いってらっしゃい”と目の前を通る人に笑顔で挨拶されていました。そのお爺さんはまだお元気でしょうか。

 

 

 帰ってから、私は興奮して友達と家族に長崎での経験について話しました。たとえば、毎日どんなふうに仕事をしていたか、どういうふうに暮らしていたか。日本の会社はどんな雰囲気で、皆はどのように付き合うのか。仕事の部分では、上海と日本のどんなところに違いがあって、私はどうやって慣れていったか、さらにはある部分では日本人のやり方にとても賛同できるところがあること。また、長崎で生活しているときに、自分は毎日どのように買い物をしてご飯を作っていたか、日本のスーパーや市場にはどのようなものが売っているのか、日本人はどんなものを食べているのか。また上海には日本料理店が多くあるが、本場の味とやはり違うこと。日本の食習慣は中国と異なること・・・。

 このような話を友達は大変興味深く聞き、私は物語を語るように少しずつ彼らに話しました。それと同時に私の頭の中に長崎での良い思い出が蘇りました。

 

 

 帰国の3日目、気候に慣れなくて病気にかかりました。そして、職場の事務所の引っ越しにぶつかったので、バタバタしていました。2週間で、やっと心も身体も、仕事する上でも生活する上でも、再スタートの1ページを開くことができました。

 

 

 観光業に携わる者として、長崎の素晴らしさをもっと多くの人に伝え、上海の人々に見に行ってもらい、魅力を感じてもらいたいです。行かなければ、長崎の人々が親切だということを感じることができないと思います。

 

 

 

 さようなら、長崎!でも今回のお別れは短いもので、また第二の故郷―長崎に行こうと思います。

 

 長崎の皆さん、いつまでもお元気でお過ごし下さい。

 

 

       

 

 

上海で桜も見ました。                                               上海の朝、ラッシュタイム時の風景

桜を見たら、日本を思い出しましたよ   

 

<危機テレビ番組><危機映画>とは

25Apr 2012 Aris den Hollander

Aris den Hollander(アリス・デン・ホッランダー) (オランダ・ゼーランド州)

元長崎大学留学生協会副会長

長崎滞在期間:2010.3~2011.3

 

 

 

    2007年から2008年にアメリカで信用収縮が発生しました。そして私たちは今、現在ユーロ危機の真っ只中にいます。人々の日常生活がユーロ危機の影響を受け、収入が減り、困っている人が増加しました。

 

 

  私はというと、現在就職活動中ですが、ちょっと厳しい現状です。大学院の修士課程は問題なく卒業出来たのに、まだ安定した仕事を見つけられていない状況です。周囲の人々は貧困に陥ってまではいませんが、危機は感じています。その危機の影響で人々の日常生活にも変化が出てきたと思います。

 

 

(http://berlusconi-flying-circus.blogspot.com/2011/10/silvio-berlusconi-and-chat-among.html)

 

 

    その変化の例はテレビ番組に見ることができます。特にアメリカでは、質屋を舞台にしたリアリティ番組やオークション番組などのテレビ番組が多く出てきました。経済不況でお金がなくなった人がなんでもかんでも売っているようで、そういったことを話題にしているテレビ番組が流行っています。この傾向は“危機テレビ番組”とでも言えるのではないでしょうか?

 

    それに加え、映画もこの危機に影響を受け、ちょっと変わってきているという印象を受けます。深い悲しみや、憂鬱な気持ちなどが伝わってくる映画が人気です。もっと詳しく言えば、人生の目標がはっきり定まっていない人間の姿を描いた映画や、実存主義的な映画がたくさんあります。例えば、「ドライブ」や「メランコリア」のような映画がその一例です。

 

 

   

 

(http://www.cinebel.be/nl/film/1007918/Drive)

 

 

    それはさておき、既成の体制への猜疑心や、政治と政府への不信を表している「ドラゴン・タトゥーの女」という映画は凄く注目が集まっています。世界中で占拠運動(格差社会に反発する人たちが、街を占拠して抗議活動を行ったこと)もあり、既成体制への批判と非難がとても高まりました。そもそもこの「既成体制」の意味を誰もはっきりと説明していないので、それこそが猜疑心につながっていると言えるのかもしれません。

    このような状況が世界的なものだとすると、「ドラゴン・タトゥーの女」のような映画はここから生まれていると思います。

 

 

 

(http://www.dragontattoo.com/site/)

 

 

    結論ですが、経済不況は映画にも強い影響を与えていると思います。“危機映画”は映画の一つのジャンルと言えるわけではないですが、かなり多くの作品に見られる傾向だと思います。“危機映画”というのは、上で述べた①悲しみ・憂鬱、②実存主義、③既存体制への猜疑心の3つのポイントから分かると思います。私は最近、映画を見る時は、この3つのポイントに気をつけながら見ています。そして映画を見終えた後、「これも“危機映画”だったなぁ」と感じるのがマイ・ブームになっています。

 

 

 

2012 北京の廟会祭り(旧正月祭り)

12Mar 2012 高 華彬

高華彬(Gao Huabin)(中国・北京市)

長崎県滞在期間:2006.4~2007.4(元長崎県観光連盟国際交流員)

 

 

皆様、過年好!(新年あけましておめでとうございます。)

北京では、旧正月となると、主な公園で「廟会」祭り(日本の縁日と似たお祭り)を行う習慣があります。「廟会」では、美味しい食べ物はもちろん、面白いゲームなどが沢山あり、人が多くて実に賑やかです。

 

 

今年は龍年なので、名前に「龍」の文字がつく「龍潭湖公園」に行くのがお勧めです。ここで「龍潭湖公園廟会」で撮った写真をご紹介させていただき、これらの写真を通じて、北京の「春節」ムードを少しでも感じていただければ幸いです。

 

 

 

 

「龍潭湖廟会」は1984年より始まり、今年でもう第29回

 

 

 

 

入口にいる「ミッキー」がとても人気!

 

 

 

 

赤がふんだんに使われる中国の飾りや舞台は鮮やかでしょう

 

 

 

 

園内には人工雪を使った雪の遊び場もあります

 

 

 

 

ほら、一日何十万人も訪れていますよ

 

 

 

 

蛹、他にサソリ、ムカデもあり、「昆虫料理」を楽しむには勇気が必要かも

 

 

 

 

 「長沙の臭豆腐」、湖南省出身の毛沢東の大好物だったとのこと

 

 

   

 

 

「隆福寺」の昔ながらの「茶湯」                              日本のたこ焼き

(「茶湯」は黍の粉に水を入れ混ぜた糊状のもの)

 

 

 

 

雲南タイ族の「パイナップル飯」と「バニラ飯」、美味しそう

 

 

   

 

 

造花が流行っているらしい。女性たちももっときれいに見えますね

 

 

 

 

多くの人が囲んでいます。何を見ているのでしょうか?

 

 

 

 

なるほど、作者が直筆サイン入りの切り絵を販売しています

 

 

   

 

 

写真の「糖胡芦(タンフール)」は本物そっくりですが、食べられません。右のお兄さんは「竜頭」帽子が可愛い!

 

 

   

 

 

左の「花輿ガール」(http://news.cntv.cn/20120126/108872.shtml)はネット上で多く転載されています。輿は残っていますが、彼女はどこに行ったでしょう。。。  


 
 
 
 
 
  

鯉のぼりも既に中国に根を下ろしているようです

 

 

 

 

意外にもテレサ・テンのCDを発見、懐かしいですね

 
 
 

 

<まとめ>

 

新聞によると、上記「龍潭湖廟会」を含め、今年春節期間中、北京で合わせて26の大きな廟会や民俗イベントを開催しており、大晦日から旧正月五日目までの統計だけでも、延べ566.8万人が訪れたそうです。

 

 

ほかの所の廟会もそれぞれ特徴があり、例えば、天壇公園の天を祀る儀式と舞踊パフォーマンス、大観園の「紅楼廟会」、朝陽公園の国際フェスティバルなども大人気とのことです。今後チャンスがありましたら、またご紹介させていただくことにしましょう。