世界は今

東平国立森林公園の紹介

15Jun 2017 施耀青

施耀青(Shi Yue Qing)

中国・上海市

2016年度長崎県海外技術研修員

長崎滞在期間:2016.8~2017.3

 

 

みなさん、こんにちは、お久しぶりです。

平成28年度海外技術研修員の施耀青と申します。滞在中長崎の方々にお世話になりました。

帰国してもう三か月が経ちました。今もみなさんのこと、長崎のこと、懐かしく思っております。

 

今回は私の故郷でもっとも有名な観光地の一つであり、崇明島の看板と言われる東平国立森林公園を紹介したいと思います。

 

まず崇明島は上海の北、長江の河口に位置する島で、面積は1,000平方キロメートルほどの島です。

東平国立森林公園は崇明島の中北部にあり、面積が計3.55平方キロ、森林カバー率が90%に達し、国立のAAAA級の観光名所です。木の海洋、花の世界、鳥の天国とも言われる総合的な公園です。

 

空気がきれいで、広大な公園全体は静閑な雰囲気にあふれています。目に映るのは野原一面に咲き乱れる花と、公園の象徴と呼ばれるメタセコイアの群生林です。ここは居心地が良くて、まるで時間が止まっているかのように感じます。ここでは日々の喧騒を離れ、ゆったりした時間を過ごすことができます。上海近郊に住む人たちにとって、オアシス的な存在でもあります^^

 

ほかにはキャンピングカーキャンプ場、バーベキュー場、サルスベリ園、ペイントボールシューティング、ロッククライミング、ジップラインなど休日を楽しめる施設がたくさんあります。

 

この前の休日に、久しぶりに友だちと一緒に森林公園に行きましたので、写真と合わせてご紹介しましょう。

 

まずはバーベキュー場

 

 

見た目はこんな感じです。

 

 

 

 

友だちと一緒にバーベキューをしたのですが、、、

あれ、これはちょっと焼きすぎかもしれないですね。

まあ、おいしさは変わりません、たぶん…。細かいことは気にしないでください(笑)。

そして、自転車に乗って園内をあちこち見て回りました。

 

    

 

何匹かの鹿を発見!

すごく人間を警戒しているようです。こっちも簡単に近づけないです。

西海市のバイオパークのように、動物と自由にふれあえることになればいいのになぁ~なんて思います。

 

 

飛行機が展示されています。

ポンコツに見えるんですが、本物の戦闘機です。

 

 

名もない小道、その奥には神秘的な世界が広がっているような気がします。

 

 

花の海洋。この公園で一年中綺麗な花を見ることができます。

 

 

あれ、標識には日本語表記もありました。以前ここに来たときは確かありませんでした。

この公園は頑張っていますね^^

 

    

 

 

何かパフォーマンスがあるようです。

バイクが球体の中をくるくる回っている!すごいですね。生で見るのは初めてです。

 

 

大きな湖ですね。湖ではアクティビティーを楽しんでいる人もいました。なんというのどかな風景……。

ん?ちょっ、ちょっと待って!あれはなんですか?

人が空を飛んでいます。危ない!

 

 

 

スタッフに聞いてみると、この日ちょうど何かのイベントが開催中で、綱渡りパフォーマンスをしているそうです。

なるほど、パフォーマンスか、びっくりしました^^;

 

 

 

 

 

ほかには、風車、三角型の建物もあります。

 

上海では最近pm2.5の問題が深刻化していますが、こんなに空気が澄んで美味しくて、癒されるスポットも実はあるんですよ。仕事のストレスなどから解放されたい時は最適な場所でしょう。

 

今回の東平国立森林公園のように、自然の森に帰ってリラックスできる場所はほかにもあるんですが、今度また紹介いたします。

 

では、みなさん、ぜひ崇明島へいらしてください。