世界は今

テト(ベトナムのお正月)の前の町の様子

18Feb 2016 phuongngatra

皆さん、今日は。

今は2月中旬です。お正月からもう1ヵ月半経ちましたが、世界の国の中には、ちょうどお正月を迎えた国があります。中国、韓国、シンガポール、モンゴルなどの国は旧暦のお正月の習慣があります。

ベトナムもそうです。お正月はベトナム語で「テト」と呼ばれています。今年のテトは10日間ぐらい休みがあり、家族とゆっくり過ごします。一緒に伝統料理を食べたり、お喋りしたり、お祝いの言葉を言って、それから記念写真を撮ります。

テトの話はいろいろ話したいのですが、今回は私が住んでいる所のダナン市のテトの前の日の花道と花市場について紹介したいと思います。

テトの半月前、ダナン市は花に包まれます。どこでもきれいな色の花を見られます。天候はちょっと寒かったですが(17度ぐらい)、だいたい晴れでした。

 

 

写真の「CHUC MUNG NAM MOI」(チュック・ムン・ナム・モイ)の文字は、「明けましておめでとうございます」という意味です。ダナン市の有名なドラゴン橋の近くの道路に建てられました。

 

 

 

上の写真の黄色い梅は、春がやって来たことを告げる花として知られています。家に飾る用に小さい盆栽の梅を探している人も多いです。

 

 

 

ダナンの街中には美しい花道が出来て、綺麗な洋服やアオザイという綺麗な伝統衣装を着た人たちで賑わい、大人も子供も遊んで写真を撮っています。

 

 

 

 

花を飾っている竹籠にも昔のベトナムの面影を呼び起こします。

 

 

 

ハートの形のオブジェにも花が飾ってあって、カップルがこのオブジェと写真を撮れば似合いそうですね^^。

 

花道でも家でも梅の木が人気があります。それとともに、この木も梅の木と同じぐらい人気が高いです。

 

 

 

                   何の木かわかりますか?

金柑の木です。

 

 

金柑を家まで運ぶ輸送方法も面白くて、上の写真はバイク便の配達の人なのですが、金柑をバイクに載せて家まで運んでもらいます。今はまだ早いので、ちょっと休んで時間稼ぎをしているところです。

 

 

頼まれていざ運ぶ時はこんな格好で運びます。すごいでしょう。風が強い時はゆっくりと運びます。

 

 

平均的によく使われる花はキクの花です。ほとんどの場合、1つの家庭に2つのキクを買います。家の門の両側に置いて、十日間ぐらい飾っておきます。

「花市場」というのは普通の日にはありません。お正月の前に商人の方がいろんな花を集めて売っていてそれで皆「花市場」と呼んでいます。

ダナンの人々や観光客のために賑やかで華やかなシーンを演出するため、人々は新年の花市場に群がります。都市のテトの花市場には、全国からバイタリティーでカラフルな花や植物が集められます。

 

 

 

 

 

バラ

 

 

コスモス

 

 

他にも色々な花が見られます。お花畑のようですね^^

 

 

 

 

 

 

テトは楽しいです。テトの前日も大変楽しいです。町中は賑やかで皆慌しく準備をして、大きな希望を持って新年を迎えます。素晴らしいでしょう。

 

新年明けましておめでとうございます!皆さまのご健康と幸せがいっぱいの年になりますように!

 

 

 

 

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com