世界は今

2017年上海・日本映画週間

31Aug 2017 周小慶

周小慶

中国 上海市

平成28年度長崎県国際交流員

長崎滞在期間 2016.4~2017.4

 

 

 

街路樹のプラタナスが新緑から深緑へと変わる間に、2017年下半期が始まりました。

4月に長崎から上海に戻ってから、3か月も経ちました。長崎での一年間の生活を振り返ってみると、まるで夢のようです。美しくて、短い夢でした。

 

 

さて、6月17日~26日、第20回上海国際映画祭(20th Shanghai International Film Festival)が開催されました。この映画祭は1993年に始まり、毎年6月に行われます。まだ歴史は浅いですが、アジアでは最大級の規模を誇ります。

 

 

それに合わせて開催された「上海・日本映画週間」(Japan Film Week in Shanghai)はたくさんの日本映画ファンの注目を集めました。最新の日本映画が楽しめるとあって、上海の人達はこの期間を毎年楽しみにしています。

「上海・日本映画週間」は上海国際映画祭センターの主催とNPO法人日中映画祭実行委員会の共催で実施され、今年で12年目を迎えました。日中間が政治的に厳しい時期もこの日本映画週間は途切れることなく続きました。文化交流の大切さを改めて感じます。

 

 

ちなみに、NPO法人日中映画祭実行委員会は2014年に長崎で「長崎・中国映画週間」を開催し、長崎の皆さんに中国映画を楽しんでもらう貴重な機会を作りました。長崎とも縁が深いんですよ^^

その時の記事はこちら

「2014長崎・中国映画週間 ニュース」

http://www.cjiff.net/2013_10/index_nagasaki.html

http://www.cjiff.net/2013_10/20140209nagasaki_newspaper.pdf

 

 

 

 

2017年上海・日本映画週間開幕式

http://www.sh.xinhuanet.com/2017-06/19/c_136375926.htm

 

 

今年の「上海・日本映画週間」では「幼な子われらに生まれ」「昼顔」「帝一の國」「湯を沸かすほどの熱い愛」「カノン」「ひるなかの流星」「デスノートLight up the NEW World」「真田十勇士」の8本の映画が上映されました。

 

 

そのなかでとくに知名度が高いのは、テレビドラマを映画化した「昼顔」です。ドラマは2014年に中国でも大ブームを巻き起こしました。テーマである不倫は先進国・途上国を問わず、世界共通の社会現象だからでしょう(笑)。

主演の斎藤工と上戸彩が日本映画週間の開幕式だけでなく、映画上映前の舞台挨拶にも臨み、ファンらと交流しました。私も映画を観に行こうと思いましたが、チケットの入手に失敗しました(泣)。舞台挨拶の回は劇場前に100m以上の行列ができ、もともと60元(約1,000円)のチケットが転売され、なんと2000元(約32,000円)で取引されたそうです。。。

 

 

ほかに、「昼顔」の監督 西谷弘、「幼な子われらに生まれ」の監督 三島有紀子、主演の田中麗奈、「カノン」の監督 雑賀俊朗もゲストとして今回の日本映画週間の開幕式に招かれました。とくに田中麗奈は挨拶だけでなく、質疑応答も中国語で対応して、会場から感嘆の声が上がりました。田中麗奈が中国語を喋れるとは、、、知りませんでした。彼女ほどの腕前でなくても、少しのフレーズでも良いからファンの母国語で話してくれたら、一気に親近感が湧きますね^^

 

 

 

 

ゲストとして開幕式に招かれた田中麗奈、斎藤工、上戸彩など

http://www.cqtimes.cn/newsdetail/index/id/2005532.html

 

 

先ほど挙げた8本の映画の他に、「続・深夜食堂」も今回の映画祭で上映されました。主演の小林薫なども上海に足を運び、ファンと交流しました。「昼顔」と同じく、「深夜食堂」シリーズは映画化される前にテレビドラマですでに中国で人気を集めていました。日本らしい下町の情緒を感じさせ、登場人物たちの心温まる交流を描いていて、私もファンの一人です。とくにオープニング曲「思ひで」が大好きです。

 

 

 

 

余談ですが、今年6月に中国と台湾の監督や俳優が共同で作った「深夜食堂」の中国版リメークドラマが、テレビやネットで放送が始まりました。しかし、放送がスタートするやいなや、ネットで「人物設定やセリフ、セットなどが日本版に似すぎている」、「中国的な要素がまったくない」、「プロダクトプレイスメントが多すぎる」など酷評されました。

 

私は第1話をすこし観てみましたが、日本の食堂風の舞台設定に、中国のCMで流れるカップヌードルが出されたシーンにものすごく違和感を覚えました。このような日本の人気ドラマのリメーク版を二度と作らないでほしいなぁと個人的に思います。。。

 

 

しかし多くの批判がある一方で、リメークドラマをきっかけに「深夜食堂」を全く知らなかった人達が日本のオリジナル版を動画配信サイト等で視聴するという現象も起こっているそうです。

これからも中国には日本映画やドラマが次々と入ってきて、第二の「深夜食堂」のような騒動が起こるかもしれません。ただ、映画やドラマなどを通して日本に行ったことのない中国の人々が、日本のごくありふれた日常の一コマや日本人の考え方に触れる機会がますます増えるのは良い事だと思います。

 

 

 

酷評された中国版の「深夜食堂」

http://www.9ku.com/yule/zt/208.htm

 

 

以上で私から「世界は今」中国編をご紹介しました。時間と機会があれば、また投稿して、中国のことをご紹介させていただきます。では、また。

 

 

 

私のふるさと カッポン・ボニート

03Jul 2017 堤セリナ 広子

堤セリナ広子

ブラジル サンパウロ州 カッポン・ボニート市

平成28年度長崎県海外技術研修員

長崎滞在期間 2016.8~2017.3

 

 

 

皆様、初めまして!堤セリナ広子と申します。

 

 

ブラジル長崎県人会の推薦を頂き、長崎県海外技術研修員として、長崎に去年の8月下旬から今年の3月上旬まで住みました。長崎では株式会社建友社設計の皆様にお世話になり、研修で色々学んでいろんな人にも出会い、日本での素晴らしい6ヶ月でした。今はブラジルに戻り、3ヶ月が経とうとしています。時間が経つのは本当に早いですね!

 

 

ところで皆さん、カッポン・ボニートという地名は聞いたことありますか?私の故郷はサンパウロ州の聖南西(サンパウロ州南西部の地域)、カッポン・ボニート市と言う小さな田舎町です。サンパウロ市とは230kmほど離れていて、農業、牧畜業、木材産業、御影石の採石業が主な産業です。

 

 

 

カッポン・ボニート市の位置

 

 

カッポン・ボニート農業畑

 

 

採石業で取られてる御影石は、「カッポン・ボニート御影石・Capão Bonito Granite」と呼ばれ、海外に輸出されています。建築によく使われている、赤茶色の綺麗な石ですよ!

 

 

田舎町で大きな建物などはありませんが、自然で囲まれたカッポン・ボニート地方は自然の観光地と言われて、洞窟、滝、川などを楽しめることが出来ます。

 

 

町の中心地にはカトリック教会と広場があります。ブラジルの多くの町では、カトリック教会が建てられた周りに町が広がっていったと言われています。今でも主な会社、お店、銀行などはこの周りに設立されています。

 

 

 

カトリック教会

 

食べ物と言えば、ボリーニョ・デ・フランゴ(Bolinho de frango)とロジョン(Rojão)が人気あります。

ボリーニョ・デ・フランゴのボリーニョはポルトガル語で『小さなボール』、フランゴは『鶏肉』という意味です。細かく切った鶏肉を、鶏の出汁とトウモロコシの粉で作った生地に丸めて、油で揚げて食べる料理です。

ロジョンはすり豚肉を味付けて、棒に巻き、炭で焼いて食べます。日本料理とは違う味付けですが、焼き肉が好きな方にはお勧めです!

 

 

 

ボリーニョ・デ・フランゴ

https://www.google.co.jp/amp/mdemulher.abril.com.br/receitas/bolinho-de-frango-com-azeitona/amp/

 

 

すり豚肉を棒に巻いたロジョン

 

ブラジルにはおよそ150万人の日系人が住んでおり、世界最大の数です。そのためブラジル中、主にサンパウロ州では、次世代に日本の文化を伝え続けるためにいろんな活動を行っています。その中のひとつカッポン・ボニート文化体育協会は、活動を始めて今年で65年になります。相撲、カラオケ、和太鼓、体操、日本語教育などの活動があり、お正月、芸能祭、運動会、敬老会、盆踊りなど、一年中いろんな行事が行われます。

 

 

相撲部は53年前に創設されました。毎年、聖南西大会、 サンパウロ州大会、全国大会、南米大会や世界大会も行われます。現在、ブラジルでは日系人だけではなく、多くの非日系人が相撲に参加しています。

 

 

 

サンパウロ州相撲大会 聖南西チーム

 

「源流太鼓」は2002年にカッポン・ボニート和太鼓チームとして活動を始めました。初めの頃はろくに楽器が持てず演奏どころではありませんでしたが、これまで頑張って活動し、15年経った今年の4月にはブラジル代表として、神戸で行われた「第19回日本太鼓ジュニアコンクール」で5位を獲得しました。素晴らしい結果、おめでとうございます!

 

 

 

第19回日本太鼓ジュニアコンクール

(ブラジル太鼓協会Facebookページ:https://www.facebook.com/taikobrasil/photos/pcb.1335711386518655/1335709166518877/?type=3&theater

 

 

ブラジルの多くの人たちは日本の文化に興味があり、日本人の規律正しさ、勤勉さ、誠実さはお手本とされています。私も子供の頃から日系社会に積極的に参加して、日本と日本文化について色々学びました。毎年行われている行事、カラオケ大会、和太鼓大会、日本語教育などで学んだことは全て誇りに思っています。

 

これからも色々と挑戦し、日本とブラジルの懸け橋として活動していきたいと思います!また面白いイベントがあればレポートします。

 

 

 

 

東平国立森林公園の紹介

15Jun 2017 施耀青

施耀青(Shi Yue Qing)

中国・上海市

2016年度長崎県海外技術研修員

長崎滞在期間:2016.8~2017.3

 

 

みなさん、こんにちは、お久しぶりです。

平成28年度海外技術研修員の施耀青と申します。滞在中長崎の方々にお世話になりました。

帰国してもう三か月が経ちました。今もみなさんのこと、長崎のこと、懐かしく思っております。

 

今回は私の故郷でもっとも有名な観光地の一つであり、崇明島の看板と言われる東平国立森林公園を紹介したいと思います。

 

まず崇明島は上海の北、長江の河口に位置する島で、面積は1,000平方キロメートルほどの島です。

東平国立森林公園は崇明島の中北部にあり、面積が計3.55平方キロ、森林カバー率が90%に達し、国立のAAAA級の観光名所です。木の海洋、花の世界、鳥の天国とも言われる総合的な公園です。

 

空気がきれいで、広大な公園全体は静閑な雰囲気にあふれています。目に映るのは野原一面に咲き乱れる花と、公園の象徴と呼ばれるメタセコイアの群生林です。ここは居心地が良くて、まるで時間が止まっているかのように感じます。ここでは日々の喧騒を離れ、ゆったりした時間を過ごすことができます。上海近郊に住む人たちにとって、オアシス的な存在でもあります^^

 

ほかにはキャンピングカーキャンプ場、バーベキュー場、サルスベリ園、ペイントボールシューティング、ロッククライミング、ジップラインなど休日を楽しめる施設がたくさんあります。

 

この前の休日に、久しぶりに友だちと一緒に森林公園に行きましたので、写真と合わせてご紹介しましょう。

 

まずはバーベキュー場

 

 

見た目はこんな感じです。

 

 

 

 

友だちと一緒にバーベキューをしたのですが、、、

あれ、これはちょっと焼きすぎかもしれないですね。

まあ、おいしさは変わりません、たぶん…。細かいことは気にしないでください(笑)。

そして、自転車に乗って園内をあちこち見て回りました。

 

    

 

何匹かの鹿を発見!

すごく人間を警戒しているようです。こっちも簡単に近づけないです。

西海市のバイオパークのように、動物と自由にふれあえることになればいいのになぁ~なんて思います。

 

 

飛行機が展示されています。

ポンコツに見えるんですが、本物の戦闘機です。

 

 

名もない小道、その奥には神秘的な世界が広がっているような気がします。

 

 

花の海洋。この公園で一年中綺麗な花を見ることができます。

 

 

あれ、標識には日本語表記もありました。以前ここに来たときは確かありませんでした。

この公園は頑張っていますね^^

 

    

 

 

何かパフォーマンスがあるようです。

バイクが球体の中をくるくる回っている!すごいですね。生で見るのは初めてです。

 

 

大きな湖ですね。湖ではアクティビティーを楽しんでいる人もいました。なんというのどかな風景……。

ん?ちょっ、ちょっと待って!あれはなんですか?

人が空を飛んでいます。危ない!

 

 

 

スタッフに聞いてみると、この日ちょうど何かのイベントが開催中で、綱渡りパフォーマンスをしているそうです。

なるほど、パフォーマンスか、びっくりしました^^;

 

 

 

 

 

ほかには、風車、三角型の建物もあります。

 

上海では最近pm2.5の問題が深刻化していますが、こんなに空気が澄んで美味しくて、癒されるスポットも実はあるんですよ。仕事のストレスなどから解放されたい時は最適な場所でしょう。

 

今回の東平国立森林公園のように、自然の森に帰ってリラックスできる場所はほかにもあるんですが、今度また紹介いたします。

 

では、みなさん、ぜひ崇明島へいらしてください。

 

 

 

自転車で描かれた「レインボー」

15May 2017 黄吉

黄 吉(Huang Ji)

中国・上海市

H26年度(2014年)長崎県国際交流員

長崎滞在期間 2014.4~2015.4

 

 

皆さんお久しぶりです!平成26年度(2014年)長崎県国際交流員の黄吉です。

長崎から上海に帰ってきてもう二年経ちました。その間、上海では面白い変化がたくさん起きました。今回はその中の一つを、皆さんにシェアしたいと思います。

さて、それはなんでしょう?^^

 

「一年一変様、三年大変様(一年に一つの変化があれば三年なら大きく変化する)」と、上海でよく使われたこの諺は、90年代の上海の飛躍的な発展を褒めるために作られたものでした。実際に今もよく使われています。

 

ここ数年の間で、超高層ビルが続々と建設されたり目まぐるしい変化が起こっている上海ですが、最も変化があったと言われるのは交通です。自家用車の数が300万台を突破、終日混雑が続き、地下鉄の営業キロが330万にまでのぼる等の変化は都市の様相を変えました。しかしここ一年間、一番印象的なのは「共享単車(シェア自転車)」別名「レインボー自転車」です。あっという間に、このシェア自転車が上海を席巻しました。

ところで、シェア自転車がなぜ「レインボー自転車」と言われるのか、、、これは後でご説明します^^

 

 

80年代の自転車(当時の人民広場)

https://tieba.baidu.com/p/2671990609?pid=40944215299&see_lz=1

 

90年代の自転車製造会社の広告看板

スローガン:人生の独立は「マイバイク」から

当時の上海人にとっては、自転車が生活や通勤に不可欠な存在でした

http://group.mtime.com/17128/discussion/1212383/

 

現在の人民広場と地下鉄駅前のシェア自転車

http://news.21cn.com/photo/a/2017/0327/00/32107193_4.shtml

 

 

 

シェア自転車ブームの始まりは去年の前半でした。当時のシェア自転車は「mobike(中国語名「摩拝」)」と「OFO」の二社しか運営しておらず、しかも台数もかなり少なかったです。数百メートル歩いても、一台も見つからないケースはよくありました。そこで、アプリを使ったシェア自転車の利用システムが開発され、とても簡単に気軽に利用できるようになりました。料金も極めて安く、30分でわずか0.5元(約8円)。ちなみに上海の路線バスは1回2元、地下鉄なら距離によって3元~7元くらいなので、いかに安いかがわかると思います。

 

 

「シェア自転車」に乗って、上海で花見をしましょう

写真© cloris chen

 

「mobike」でおしゃれなカフェへ!

写真 黄吉撮影

 

 

シェア自転車市場は去年の後半から急成長の時期に入り、また「小鳴単車」、「永安行単車」、「貝慶単車」など数社の自転車がこの市場に参戦し、さらには「共享電単車(シェア原付自転車)」までも現れました。それぞれの会社が専属カラーを持っていて、そのカラーを自転車本体にもつけました。同時に並んだらまるで虹(レインボー)のように見え、これが「シェア自転車=レインボー自転車」と言われる理由です。この街のいたるところで見かけるシェア自転車で描かれた“レインボー”が上海の新しいシンボルと言われ、外国人観光客の人気撮影スポットとなっています。

 

シェア原付自転車

写真 黄吉撮影

 

 

 

シェア自転車の流行に伴い、上海に暮らしている人々の生活が一層便利になりました。

なぜこんなに流行ったのか?それは以下の理由が挙げられます。

1.利便性の高さ

アプリをダウンロードすると上海全域のその会社の自転車が使用可能になり、しかも乗り捨てができ料金も安いです。

2.地下鉄との連携

「mobike」と「OFO」を例にとると、この二社は各10万台以上の自転車を上海各地に配置しています。特に地下鉄駅の出口に自転車を常備しておくのがポイントで、「地下鉄+シェア自転車」が上海市民の理想的な通勤手段となっています。

3.環境への配慮

自転車は当然人力で動かすので、エコで健康に良い乗り物です。環境への優しさも今の風潮にマッチして受けています。

 

「OFO」で市内観光をする女の子たち

写真 黄吉撮影

 

 

便利な生活をもたらす一方、シェア自転車には幾つかの問題点があります。繁華街にシェア自転車が集中し過ぎて歩道が通行できない状態になったり、子供が乗ると安全面の問題が生じたり、また最近ではシェア自転車会社が徴収した大量の保証金をどの政府機構が管理するかといった問題も浮上しています。市政府には、一日も早い管理条例の制定が急がれます。

 

 

白い枠線(駐輪エリア)にとまる色鮮やかなシェア自転車

写真 黄吉撮影

 

ちなみにシェア自転車について、つい最近二つの面白い報道を見つけました。一つ目は、アップルのティム・クック氏が「OFO」社を訪問したというニュース、二つ目は「mobike」と「OFO」二社のシェア自転車が、アメリカとシンガポール市場に進出したというニュースです。これから、「シェア自転車」の世界がどう変わるのか、私は楽しみにしています。

 

アップルCEOティム・クックがOFO社を訪問

https://www.huxiu.com/article/186483.html

 

 

いかがでしたか?今後もシェア自転車は上海の街中にますます浸透し、様々な“レインボー”でカラフルに彩られることでしょう^^

 

以上で今回のエッセイを終わります。また面白い話題がありましたらご紹介します!

 

 

参考までに、「シェア自転車」の利用方法(例:mobike)を次に書いておきますね。

 

1.アプリをダウンロードする。

2.サインアップをし、デポジット(299元、約4800円)を払い(AlipayまたはWeChat)、電子マネーを入れておく(AlipayまたはWeChat)。

3.地図画面に表示された自転車の中で現地点から一番近いものを確認し、そこまで歩いていく。

4.自転車についているQRコードをアプリでスキャンすると自動的に鍵のロックが外れる。

5.目的地に着くと、指定エリア(歩道にある白線の枠内)に駐輪し、ロックを掛ける(その瞬間料金が引き落とされる)。

 

   

「mobike」と「OFO」のアプリ         地図画面に表示された「mobike」の位置

 

 

 

 

中国の「インターネット+」産業の普及とその便利さ — 「微医」を例として

01Feb 2017 郭麗

郭 麗(Guo Li)

中国・上海市

元長崎県国際交流員

長崎滞在期間 2015.4~2016.4

 

 

大家好(ダージャーハオ)!皆様、こんにちは。

ご無沙汰しております。前長崎県中国人国際交流員で、昨年の4月に帰国いたしました郭麗と申します。長崎の皆さんには過去一年間大変お世話になりました。改めて感謝の意を申し上げます。

 

 

ところで、1年ぶりに中国に帰ってきた私は中国の「インターネット+」産業の普及とその便利さに驚かされました。

 

ここで「インターネット+」とは何だろうと思う方もいるかもしれませんので、簡単に説明します。

2015年、中国の内閣に当たる国務院が「インターネット+」指針を決定しました。これはIT技術をこれまでインターネットがあまり活用されてこなかった既存産業や公共サービス、交通網などと連携させ新たな成長機会の創出を目指す国家戦略になります。

 

実は私が日本へ行く前から、中国の「インターネット+」産業はすでにかなり発達していました。そして多くの若者と同じように、私もインターネットでショッピングしたり、O2O(オーツーオー:online to offline)のサービスを利用したりしていました。しかし、昨年の4月に帰国した私は中国の「インターネット+」産業が想像した以上に普及しているのに気がつき、びっくりしました。特に、中国から離れていたたった1年という短い期間に出てきた数多くの新しいアプリケーションを身の回りの人々が上手に使っている姿を見て、私はそれらを使うどころか聞いたこともないということに、カルチャーショックのような衝撃を受けました。

 

たとえば、職場の同僚が勧めてくれた「微医(weiyi)」という医療系アプリケーションを使ってみたら、その便利さと「インターネット+」産業の普及を改めて実感しました。今日はこの「微医」についてちょっとご紹介いたします。

 


 

PC版「微医」トップページ

http://www.guahao.com/

 

 

モバイル版「微医」アプリ

http://www.guahao.com/intro/userapp

 

 

皆さんご存知のように、上海は中国内でも医療が進んだ大都市であり、名医が多く、全国でもよく知られた有名な病院が集中しています。なので、上海の患者はもちろん、上海以外からも毎日多くの患者が殺到しています。そして、今までは、病院へ行くなら朝非常に早く起きなければなりませんし、病院に着いた後も必ず長く待たされるのが普通でした。

 

私が今でも忘れられないエピソードがあります。ある冬の日、とある有名な病院へ行くため、その日朝4時半に起き、そして始発の地下鉄を利用して病院に着いたらまだ6時になっていなかったのに、すでに病院の前に200メートル以上の長い行列ができていました!その様子を見た瞬間私は絶句していまいました。。。

そして底冷えの寒さを我慢しながら2時間以上も待たされ、8時になってやっと病院が開いたかと思ったら、皆が洪水のように中になだれ込みました。中では子供の泣き声と大人の口喧嘩でもしているような大声が混じったうるさい環境で、また長い行列ができ、受付の手続きをする時も待たされました。もちろん、その後に医者に見てもらうときも、検査を受けるときも、治療を受けるときも全て待たされました。疲れ果てて家に帰ったのはすでに夕方7時すぎでした(泣)。

 

しかし、帰国して「微医」を利用してみたら、やはりこの前と同じ病院へ行き、名医に診てもらいましたが、前もってインターネットで予約しておきましたので、予約の時間に病院へ行って、待つことなくすぐ受付の手続きが終わり、そしてすぐ医者に見てもらうことができました。朝8時半の受付でしたが、8時25分より前に病院に着き、そしてすべてを済ませて家に帰ったのはまだお昼でした。たった1年間の間に、変化がこんなに大きく、効率がこんなに良くなっていたのはまるで夢のようで信じられませんでした。

 

実は、外来の受付を予約できるほかに、「微医」には無料で医師に問い合わせをすることや、有料になりますがプライベートで診断してもらったり、そしてどの科の医者を予約すればいいか分からない場合、症状を入力すれば自動的にその分野の名医を紹介してくれる「正確に予約する」といった多くの機能が付いています。

また、このアプリの使い方が分からないお年寄りの方がいても大丈夫です。なぜなら、登録者一人につき自分を含めた最大6名までの関係者の個人情報をシステムに登録することができるのです。つまり、家族の1人がこのアプリを利用できれば、その他5人までの家族もそのサービスを利用することができるようになっています。これは、高齢化が進んでいる中国社会において、お年寄りも気軽にサービスを受けられる良いシステムだと思います。

ますます核家族化している現代中国にマッチしたサービスで、主な登録者となる若者にも大変人気があるわけです。

 

 

 

「微医」の機能項目

http://www.360doc.com/content/15/1106/17/8112194_511242081.shtml

 

 

今の中国では、「微医」のような「インターネット+」アプリが非常に多く、衣食住と交通といった日常生活のほぼすべての面にも普及しています。「インターネット+」産業の普及は人々の生活に利便性をもたらしていると同時に、人々の生活様式をも徐々に変えていっているように感じます。

 

今回は「微医」を例にとって中国の「インターネット+」をご紹介しました。また中国の面白い話題がありましたらレポートしますね!