よりぬきGo!Go!ともっち

植物の楽園へいらっしゃ~い

25Apr 2012 tomocchi

“気分はトロピカル”というキャッチフレーズがピッタリの
「長崎県亜熱帯植物園」

 

 

青い空、美しい海、白いドーム、色とりどりの花々☆
まずは、上の写真の白いドーム、大温室から
奥になにやら巨大な植物の壁が・・・
 

 

なんとも不思議な見たことのない植物
植物園のシンボル「翡翠蔓(ヒスイカズラ)」です。
宝石のヒスイに似ていることから
このような和名がつけられました。

 

 

実がなっているように見えますが、これが花!
見頃は5月いっぱいってとこですかね。
色にも形にもそして全体の姿の大きさにも(日本最大級!)
びっくりしてしまう、滅多に見ることができない珍しい花ですよ!

 

 

がらりと雰囲気が変わって、こちらはハイビスカス温室
色鮮やかで大ぶりの花は、
まさにトロピカルな雰囲気~(^∇^~)(~^∇^)~

 

 

ハイビスカス温室を抜けると、海が見渡せ
のんびりできる憩いスペースがあります♪
密かに人気のスポットらしいですよ。デートにおすすめ( ´艸`)
フラワーガーデン温室ではラン・ベゴニアが色鮮やか

 

 

マンゴーやスターフルーツなど
南国の果物が実っている果樹温室 
食べたい・・けど高い場所にあって採れない(≧σ≦)

 

 

園内に4つある温室はすべて雰囲気が違うので
温室を発見したら、迷わず中に入りましょう!
あなたはどの温室が好きかなぁ~(*゚▽゚*)

温室以外にも至る所に植物がありますよ!

(そりゃ植物園ですからね(;^_^A)

 

 

道ばたに可憐に咲く、青紫の美しい花

亜熱帯植物園は広大な敷地に、1,200種、
45,000本もの植物があります!
ゆっくりたっぷり時間をとって、まわって下さいねv(*’-^*)-☆

 

 

 

 

【長崎県亜熱帯植物園】

URL:http://anettai.org/

住所:長崎市脇岬833
電話番号:095-894-2050
開園時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)
休園日:毎月第3水曜日(祝祭日の場合は翌日)および12/30、12/31
入園料:大人・高校生/600円 小・中学生/300円 幼児/無料

※毎週土曜日は小中学生も無料

 


View 植物の楽園へいらっしゃ~い in a larger map

ストラップ作り体験 in 波佐見町

09Apr 2012 tomocchi

波佐見町は焼きものの町!
波佐見焼の窯元やお店があちらこちらにあり
のどかでとってもいいところ(o´∀`o)♪

 

波佐見・有田ICを降りると
波佐見焼の看板も出迎えてくれます(・∀・)!!

 

 

 

この波佐見町で、
波佐見焼を使ったストラップ作りができる!
ということでさっそく行ってみました♪

 
お目当てのストラップ作りは
「波佐見町陶芸の館」 の1Fにある「くらわん館」で体験できます♪

 

 

「くらわん館」では
波佐見焼や民芸品、地元の特産品などの
販売を行なっています☆

 
では、さっそくストラップ作りに挑戦!!
まずは、ストラップのメイン
陶器のとんぼ玉を1つ選びます☆

 
 
 
ひとつひとつに手書きの絵やプリントが施されていて、どれもかわいい!
 
 
くらわん館の方によると
この陶器のとんぼ玉を作り上げるまでには、結構苦労があったそうです。
 
 
とんぼ玉は大玉と小玉の2種類があり、
大玉(右)のストラップは800円
小玉(左)のストラップは600円です♪
 
 
色も形もいろいろあり
どれにするか迷いそう(>▽<)と思ったんですが・・・
「あっ、これがいい!」と私は即決でした(笑)
 
 
とんぼ玉を選んだら、次は装飾パーツ
(写真真ん中の箱の中)とストラップの紐を選びます!
パーツは最高5個まで使用できます☆
 
 
 
 
 
しかし、これを選ぶのが結構難しい!!
色の組合せとパーツの配置を考えながら
「あーでもない、こーでもない」と
ひとしきり悩んでようやく決定(笑)!
 
 
すべて選び終えたら、紐に通していきます。
 
 
こちらは一緒にストラップ作りに挑戦した
佐世保市在住のたっちゃんです♪
パーツが紐を通らず苦戦しながら頑張ってます(●´I`)b
 

 

そしてこっちが私☆
途中、通す順番を間違えてやり直したりする場面も(o´ェ`o)ゞ

 

 

全て通し終わったらパーツが落ちないように固結びをして完成!
2人の力作がこちら☆

 

 

右がたっちゃん作♪淡い色使いで可憐な感じ♡
そして、左が私の作品♪対照的な色使い(´ー`A;)
なんか、性格がでてますね(笑)

 

この他にも組合せ次第で
いろんな形のストラップができますよ♪
波佐見にきた記念に
オリジナルのストラップ作りおすすめです(o・∀・)b゙!!

 

 

2Fの展示コーナーでは
現在「くらわんか藤田コレクション展」が開催中!
期間:2012/5/31(木)まで

 

 

昨年の5月、大阪在住の藤田氏より
波佐見町に江戸時代の古陶器633点が
寄贈されたのを記念して開催されたもので、
江戸時代の食器「くらわんか」300点が展示されています!

 

産地の波佐見町にほとんど残っていなかった
貴重な資料だそうですよΣ(´□`ノ)ノ
この機会お見逃しなく~!!

 

今回ご紹介した波佐見町陶芸の館とその一帯は、
波佐見焼の歴史や文化に触れることのできる
おススメのスポットです♪
ぜひ、行ってみてください((・´∀`・))!

 

 

 

 

【波佐見町陶芸の館】

※ストラップ作り体験は要予約
営業時間:9:00~17:00
休館日:元旦
入館料:無料
お問い合わせ:0956-85-2214

 

【くらわん館】(陶芸の館1F)
お問い合わせ:0956-26-7162

 

 


View ストラップ作りin波佐見町 in a larger map

軍艦島上陸!

27Mar 2012 tomocchi

軍艦島

 

 

 

本来は「端島(はしま)」という名前ですが、
小さな島全体がまるで要塞のようで、軍艦に見えるところから

今では通称の「軍艦島」という名前の方が有名になっています。

 

 

 
ここは、上陸してすぐのところにある「第1見学広場」

 

 

 

ここからはベルトコンベアーや貯水槽を見ることができます。
 

 

 

高台にあるのが貯水槽

 

 

 

軍艦島での飲料水は初期では海水を蒸留、

のちに給水船で水が運ばれるようになり、この貯水槽に蓄えられました。
その後は対岸から海底送水管が敷かれ送水されるという進化を遂げています。

 

 

こちらはベルトコンベアー跡

 

 

 

 

見学通路を使って、次の広場へ移動します。

 

 

 

 

第2見学広場へやって来ました♪

 

 

 
柵の向こうは瓦礫の山w( ̄△ ̄;)w

 

 

 

このレンガ造りの建物は総合事務所跡です。

 

 

 

 

この中には炭鉱マンのための大きな共同浴場があったそうです。

 

こちらは横からみた感じ

 

 

 

う~ん・・・共同浴場は確認できませんでした(;-_-)

 

最後に第3見学広場へ向いましょう。

 

 

 

正面に見えるのが1916年に建てられた日本最古の
鉄筋コンクリート造高層アパート

 

 

 

今で言うマンションの先駆けはなんと軍艦島から!!
窓枠が外れ、床は抜けていますが、まだしっかりと建っています。
頑丈に作られていたことがわかりますねw(*゚o゚*)w

 

瓦礫に混ざって、石炭も落ちていました。

 

 

 

ここで石炭の採掘が行われたことを物語っているようです。

 

 

さて、軍艦島上陸ですが、

島内の散策は整備された3カ所の見学広場と通路のみで、
自由に散策することはできません。

 

また、天候によっては上陸できない場合があることを
ご了承下さいm(_ _)m

 

ちなみに今日は波が穏やかで無事に上陸できたそうです♪

 

冬は波が高く、夏は日差しが強いので今の時期がオススメですよ☆

 

 

 

 

 

【軍艦島周遊上陸クルーズ】※完全予約制

 

お問い合わせ・予約:やまさ海運(http://www.gunkan-jima.net/
電話番号:095-822-5002
上陸クルーズ料金(船運賃+長崎市施設使用料)
船運賃:大人・中高生/4,000円、小人/2,000円

長崎市施設使用料:大人・中高生/300円、小人/150円
運行時間:夏季ダイヤ(4~10月)9:00発、13:10発

         冬季ダイヤ(11~3月)9:00発、12:10発

所要時間:170分

 

 


View 軍艦島上陸! in a larger map

かんざらし調理体験

06Mar 2012 tomocchi

島原で昔から愛されているおやつ「かんざらし」

 

 

小さめの白玉を島原の湧水で冷やし、シロップをかけて食べるもの。

 

はじめて食べるのに“懐かしい味”と表現されることも多く、

モチモチとした白玉と優しい甘さのシロップの相性がバッチリ☆

 

いつもは食べるものだけの私も今日は張り切って作っちゃおうかな~♪

島原市の「鯉の泳ぐまち」と呼ばれる新町通りにある
「しまばら湧水館」でかんざらし作り体験ができるのです。
しかも無料なんです\(^▽^)/

 

鯉の泳ぐまち

 

 

しまばら湧水館

 

 

かんざらし作り体験の事前予約は必要ありません。
ふらっとしまばら湧水館に来て「かんざらし作りしたい!」
と言えばOKですv(*’-^*)

 
 

さっそく作りましょう!

まずは、かんざらし粉に水を加えながら、
耳たぶくらいの堅さになるまで練ります。

 

 

その後は棒状に伸ばし・・・

 

 

団子状に丸めましょう♪

 
 
数人で作るときはみんなで大きさを合わせましょうね。
あまり大きくしないのがポイントです。
欲張っちゃダメですよー!

 

 

茹でて、湧水で冷やして出来上がり(≧∇≦)

 

 

お庭を見ながらゆっくりかんざらしの試食をお楽しみ下さい。

 

 

今回は「かんざらし」作り体験を紹介しましたが
島原名物の「ろくべえ」作り体験もできますよ!

 

 

 

 

 

 

【しまばら湧水館】

住所:島原市新町二丁目
開館時間:10:00~17:00(随時実施)
料金:無料
お問い合せ:島原市観光・ジオパークグループ
電話番号:0957-63-1111

 

View かんざらし調理体験 in a larger map

おいし~い  いちご狩り です!

20Feb 2012 tomocchi

今年の元旦に、オープンした
長崎バイオパークの観光いちご狩り農園「いちごの森」に行ってきました!

 

 

 

 

長崎市から行くと、旧オランダ村の少し先にあるいちごの森は

206号線の国道沿いにあるので、すぐわかりますよ。

 

 

入口に受付を兼ねたショップがありますので
こちらで料金をお支払いください。

 

 

 

ここから歩いてすぐの所にあるこの大きなハウスの中には、1万株のいちご。(ノ*゚▽゚)ノ

 

 

 

 

通常のいちご狩りハウスと違い、
こちらは、直線60mの2段式の高設栽培。

 

 

2段に分かれているので、下段はちびっ子
上段はおとな、って感じに楽しめます
立ったり座ったりしなくていいので疲れないのも嬉しいです (⌒-⌒)

 

しかも、バリアフリーなので車イスの方でもゆっくり
いちご狩りができます。

 

誰にでも優しい、いちごハウスなんですね♡

ここで栽培されているいちごの品種は、「紅ほっぺ」。
とにかく大きくて美味しい♪

 

 

取って食べて、取って食べて…
ヘタはこのいちごのバケツに入れてね☆

 

 

 

いちごをさらに美味しく食べる方法を
聞いてきました!

 

通常先っぽから食べますね。
それを逆から食べるんです。もちろんヘタは取りますが。
いちごのヘタのある部分には、体に良い栄養素が多く含まれているそうです。
でも糖度は先端の方が高い。
なので、ヘタの方から食べた方が栄養もとれ、
あと口も甘みだけが残ってより美味しくいただけるってことらしいです。
ご存知でしたか?

 
受付が併設されている、「さいかいバーガー」で
今人気なのが、いちごのソフト 330円。

 

 

 

 

こちらのいちごで作った、ソフトクリームの上に、
いちごのソースがかかり、さらにいちごが・・・
いちごパラダイス! 
いちご好きにはたまりません m(;∇;)m 

 

 

 

 

【観光いちご狩り農園 いちごの森】
場  所:西海市西彼町鳥加郷2311-1
営業期間:~5月頃まで
営業時間:10:00~17:00(受付16:20まで)
定 休 日:月曜 (祝日の場合は翌日店休)
料  金:(食べ放題:制限40分)
大人(中学生以上) 1400円 / 3才~小学生 1000円
※「さいかいバーガー」は、通年営業しています。


 


View おいし~い いちご狩りです in a larger map

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com