よりぬきGo!Go!ともっち

松浦史料博物館とキッチン眺望亭

18Jan 2018 tomocchi

 

こんにちは!ともっちです☆

平戸観光の定番スポットのひとつ「松浦史料博物館」は、

平戸藩主松浦家(まつらけ)の旧邸宅を活用した長崎県内で最も歴史ある博物館。

 

国や県指定となっている所蔵品も多く、

対外貿易関係やキリスト教に関係する資料、

それらにまつわる貴重な古文書類を中心とした貴重な文化財の宝庫です。

今まで何度かお邪魔していますが、改めてご紹介したいと思います。

 

 

 

右側のやたらと歩幅が大きい階段は、馬用。

人間さまは左側の階段を登りましょうね。

(注:裏側から車で行くこともできます)

 

 

 

到着後、まずは敷地内の平戸城下を一望できる「キッチン眺望亭」でランチ♪

和の佇まいの中にある洋食屋さん。

かつてポルトガル貿易で栄えた港町・平戸っぽくて良いですね~☆

 

 

その名の通り、平戸城や平戸のまちなみを見渡せる眺望の良いお店。

地元産の新鮮な食材を使ったイタリアンメニューが中心。

毎朝市場に買い出しに行き、旬の食材を楽しめる料理を提供しています。

ランチタイムはパスタランチ、ピザランチが各1,000円など、利用しやすい価格帯。

ディナータイムはワインを飲みながらゆっくりお洒落な時間を過ごせそう♪

 

 

 

「ベーコンエッグバーガー(950円)」

まず何と言っても稀少な平戸小麦で焼き上げられたバンズが堪らなく美味しいんです。

食感は粗めでザクザク&カリッ。そして小麦の香ばしさったら、もう!!

裏に塗られたガーリックバターもいい仕事してます~。

 

そして、主役は濃厚な旨みたっぷりの平戸和牛ハンバーグ。

とろ~りコクのある卵、味わい深いベーコンと相まって、脳天まで幸せ♪

 

 

 

「平戸島豚ロースカツカレー(1,250円)」

眺望亭のシェフ小川さんは、平戸豚に惚れ込んだのをきっかけに、

平戸への移住を決めたんですって。

そんな平戸豚ロースカツを一口食べて、その美味しさにびっくり!

ほんのり甘みがあって柔らかくてクセがない。

それでいて旨みが後から後から溢れ出てくる~!!

欧風タイプのまろやかなルーとの相性も抜群です。

なるほど…移住したくなるほどの深みのある美味しさとはこういうことなのでしょうか。

 

 

 

デザートには話題のドイツ風パンケーキ「ダッチベイビー(900円)」をいただきま~す♪

フライパンでじっくり焼かれた熱々のパンケーキの上に、

フルーツたっぷりの冷たいアイスを載せていただきます。

(トッピングはミックスフルーツベリーまたはバナナチョコから選べるので、

今回はミックスフルーツベリーをチョイスしました。)

 

 

 

 

サクサク&ふわふわ。

シュークリームの皮っぽい食感が人気の秘密。

アイスが溶ける前に、熱さと冷たさの不思議な饗宴を楽しみましょう♪

 

 

さて、腹ごしらえが完了したところで、史料館へいざ入館!

 

 

貴重な文化財がずらり!

平戸藩主松浦家の旧邸宅だけあって、建物自体も雰囲気がありますね。

 

 

青山家のお姫様が平戸藩主松浦家に興入れの際、乗ってきた駕篭(かご)
内側にまで施された美しい絵がゴージャス!!
しかし結構狭そう…昔のお姫様は小柄だったんでしょうね~。

 

 

人間のような絶妙な表情がたまらなく可愛い「犬箱(いぬばこ)」は、

お姫さまの嫁入り道具。枕元に置いて守り刀などを収納していたのだとか☆

他にも美しい貝合わせ(トランプの神経衰弱のようなゲーム)など

高貴な女性の遊び道具が展示されています。

 

 

平戸出身の英雄 鄭成功関連の資料もあります。

鄭成功は江戸初期、平戸で中国人貿易商の父と日本人女性の母の間に生まれ、
オランダに占領されていた台湾を解放させ東アジアの英雄となった歴史的人物です。

 

 

 

私がムショ~に気に入ったのはコレ!!

大きな合戦絵図の一部なのですが、 よく見ると中段に疲れてやる気のない兵士がいますね(笑)

これはちょっとお茶目☆

 

 

内掛けや鎧兜を着て自由に記念撮影ができるコスプレコーナーもありますよ。

時代劇気分でレッツ・トライ!!

 

 

 

城下町・平戸の歴史がぎゅっと凝縮された松浦史料博物館。

平戸観光の際はここからスタートするのがおすすめです!

 

 

 

 

 

【松浦史料博物館】

所在地:〒859-5152 長崎県平戸市鏡川町12番地

電話番号:0950-22-2236

ホームページ:http://www.matsura.or.jp/