よりぬきGo!Go!ともっち

チームラボ 大村の神社に浮遊する球体

23Jun 2017 tomocchi

 

こんにちは!ともっちです☆
この幻想的で不思議な空間はナニ???

 

 

6月3日(土)~7月2日(日)の1ヶ月間、
長崎県大村市の大村公園(玖島城跡)が
夜になると・・・
幻想的な光のアート空間に変身するんですっ!!

 

 

大村公園が人々の存在によって変化する、
インタラクティブなデジタルアート空間
【チームラボ 大村の神社に浮遊する球体、呼応する城跡と森】。

 

 

手がけるのは、今話題のデジタルアート集団「チームラボ」。
プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、絵師、数学者、建築家、
ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、編集者など、
デジタル社会の様々な分野のスペシャリストから構成されており、
世界各国でアートイベント等を成功させているウルトラテクノロジスト集団です。

 

 

開催からわずか1週間で来場者1万人を突破した人気イベントとあって、
カップルや家族連れなど、たくさんの人々で賑わう園内。

 

 

 

大村神社に浮遊するカラフルな球体は、人の動きに反応し、触れると色が変化。
そしてさらに周りの球体たちとも呼応し合い、
同じ色に変化しながら、不思議な音色を響かせていきます。

 

 

↑光が呼応し、一面ピンク色に変化する球体たち
神社とデジタルアートという一見ミスマッチとも思える組み合わせですが、
そういえば神社やお寺というものは元来、人々が集い催しが行われる、
ある意味ではアミューズメント性の高い場所でもあった、
ということを改めて思い起こさせます。

 

 

この日は、奇しくも満月。
月明かりに照らされて、たくさんの人々が
大村の象徴である玖島城跡(大村公園)に集い、あそぶ姿は伝統の中にも新鮮さを感じます。

 

 

 

また、玖島城が廃城になって以来、人の手が加えられていない
「玖島崎樹叢(くしまざきじゅそう)」では、
さわさわと音をたてる木々たちと城跡の石垣が、
光の伝播に合わせて呼吸するかのように幻想的な姿と音色を響かせていました。

日がどっぷりと暮れた初夏の夜、
大村の城跡で、かつてない非日常を体感してみてはいかがでしょうか☆

 

 

 

 

【チームラボ 大村の神社に浮遊する球体、呼応する城跡と森】
期間:平成29年6月3日(土)~7月2日(日)
時間:19:00~22:00(最終入場21:30)
会場:長崎県大村市大村公園内(玖島崎樹叢・大村神社境内)
入場料:
市内在住者:大人500円/高校生以下無料
市外在住者:大人800円/中高生300円/小学生以下無料(小・中学生の入場は保護者同伴)
※市外の方でポスター掲示店で割引チラシを入手・提示された方は入場料300 円割引)
チラシ設置店はこちら⇒http://www.e-oomura.jp/2017/2017.6.3rabo/waribiki-a.pdf
障害者手帳提示者及び介助者1名まで無料
◆荒天の場合は中止
◆雨の日に来場した方には、特製ステッカーをプレゼント(限定9,000枚)
◆駐車場:ボートレース大村第5駐車場(市役所裏)、旧体育館跡地・公園内駐車場(3か所)
公式HP:https://www.teamlab.art/jp/e/omura/