よりぬきGo!Go!ともっち

緑に囲まれた「諫早市美術・歴史館」

19May 2014 tomocchi

2014年3月1日オープン!!出来立てほやほやの「諫早市美術・歴史館」

 

 

 

 

諫早市に元々あった郷土館の史料をはじめ、諫早市の由緒あるお寺や神社、
個人のお宅などに伝わる史料100点が展示された、

諫早市待望の美術・歴史館が開館しました。

 

 

 

木漏れ日と格子の合間から見える緑が美しいエントランスロビー

 

 

 

 

美術・歴史館は昔の伝統的な建築をイメージした建物で、

格子が取り囲む姿がとても落ち着いた雰囲気。

 

 

 

この場所には元々幼稚園があり、

緑豊かな散策路「高城(たかしろ)回廊(かいろう)」や

諫早高校内にある庭園「御書院(ごしょいん)」のすぐそばのため、

美術・歴史館からも諫早の美しい四季の景色を感じることができます。

 

 

 

最上階の3階には、展望テラスが設けられていました。

 

 

 

 

テラスからは「御書院」を一望できます。
上から眺めると、市の中心部でありながら

こんなにも緑が豊かなことにあらためて驚きますね!

 

 

 

 

常設展示室に入ってみましょう。
入ってすぐの床には諫早市の全体図が投影されています。

 

 

 

 

一人ずつマップの上に立ち右足で画面上の赤い丸を動かし、

自分の興味のある場所に持って行きます。

 

 

 

 

赤い丸を持っていった場所の歴史や文化財についての詳細が
正面のモニターで紹介されるという仕組みです。

 

 

 

 

子供達がこの仕組みを面白がって、人気だそうですが、

これをきっかけに諫早の歴史や文化に興味を持って

学ぶきっかけになるといいですね(^-^)

 

 

展示室中央にはタッチパネルがありますが、

これは絵巻をイメージしたものだそうです。

 

 

 

 

土器がいっぱい!諫早市内だけで200を越える遺跡があるそうです。

 

 

 

 

こちらは諫早にゆかりのある野口彌(のぐちや)太郎(たろう)の絵画や

現川(うつつがわ)(やき)が展示されています。

 

 

 

 

諫早歴史学習コーナー

 

 

 

 

昔の民具や農具の展示とともに、古写真を紹介しています。
室内の明かりは時間によって色が変化するそうです。

諫早の眼鏡橋の模型も。ぜひ作ってみましょう!

 

 

 

 

このコーナーでぜひ試していただきたいのがこちら!

 

 

 

 

150年前に作られた指示式電信機
受信機と送信機の二台からなり、日本に現存する最古のものです。

 

 

実際のものは展示室で展示されており、学習コーナーではレプリカで、
この電信機の仕組みを体験することができます。

 

 

諫早の美術・歴史に触れることができる素敵な施設です。
周辺の散策とあわせてぜひお立ち寄り下さい。

 

 

 

 

【諫早市美術・歴史館】
住所:諫早市(ひがし)小路町(こうじまち)2番33号
電話番号:0957-24-6611
開館時間:10:00~19:00
休館日:火曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月3日、特別整理期間

URL:http://www.city.isahaya.nagasaki.jp/post07/12089.html

 

 

 

 

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com