よりぬきGo!Go!ともっち

九州オルレ 平戸コース誕生!

23Apr 2013 tomocchi

韓国済州島(ちぇじゅど)発人気トレッキング
「済州オルレ」の九州版「九州オルレ」

 

 

 

「オルレ」とはもともと済州島の方言で
「通りから家に通じる狭い路地」という意味です。

 

 

 

自然豊かな済州島では、海岸や山などを五感で感じ、
自分のペースでゆっくりとトレッキングを楽しむ「済州オルレ」が人気で、

多くの人がオルレを楽しんでいます。

 

 

 

九州も済州島と同じように自然が豊かで
美しい風景を眺めながら歩くのにピッタリ☆

 

 

 

自然や温泉、歴史など、その土地を
ゆっくり歩きながら見てもらうという
トレッキングコースが九州内に8コースあります。

 

 

 

2013年2月に平戸がコースの一つとして
オープンしました\(^▽^)/

 

 

 

長崎県では平戸が初めて、コースとして認定されました。

平戸コースの魅力はなんといっても歴史と自然!

平戸交流広場をスタートし、平戸の城下町を通って、
川内峠(かわちとうげ)までを目指しますε=┏(^-^)┛

 

 

 

 

オルレコースを歩く際は特に何の受付もいりません。
自由気ままに歩いてください。

 

 

 

道中にはいろんなタイプの案内表示がありますので
表示を見落とさないよう気をつけながら歩いて下さいね♪

 

リボン

 

 

 

矢印標識

 

 

 

石に進行方向の表示

 

 

 

これはオルレのロゴで、
済州固有の小型野生馬「カンセ」をモチーフとしたもの。
頭を向いている方が進行方向です。

 

 

 

 

竹林が茂り、石段とお地蔵さんが並んで
静寂な雰囲気が立ち込める場所にやってきました。

 

 

 

 

最教寺(さいきょうじ)

 

 

 

と、ここまでは軽いまちあるき気分ですが、
標識が山の中を指している!?

 

 

 

 

山の中といっても、特別起伏が
激しい場所ではありませんので、ご安心を。

 

 

 

 

さぁ!もうすぐ川内峠です。

 

 

 

 

当日はあいにくの霧模様でしたが無事に到着!

 

 

 

 

ちなみに晴れた日の川内峠はこんな感じです!

 

 

 

 

東に九十九島、北に玄海灘、
最も見晴らしが良いときだと遠くに壱岐・対馬が望めます。

 

 

オルレコースは川内峠に上って、
平戸島北部の大パノラマを堪能した後、
今度は下から川内峠を見上げるというコースになっています。

 

 

 

さて、川内峠から平戸の中心部に戻ります。

 

 

平戸ザビエル記念教会

 

 

 

寺院と教会の見える風景

 

 

お寺と教会が見える平戸ならではのこの景色には、

みなさん何枚も写真を撮影されていました。

 

 

平戸オランダ商館

 

 

 

ゴールはとっておきの癒しスポット♪
平戸温泉うで湯・あし湯

 

 

 

長く歩いて疲れたところで
足や手をお湯につけってゆったり(*´ ▽`*)
癒されます。

 

 

 

九州オルレ・平戸コース
平戸の豊かな自然に加えて、教会や歴史など見所が満載です!

 

 

歩いて平戸を見てまわると、
通常の観光とはまた違った新たな発見が見つかるかもしれません^^

 

 

 

 

【九州オルレ・平戸コース】
お問い合わせ:平戸市観光課
電話番号:0950-22-4111

URL; http://www.welcomekyushu.jp/kyushuolle/?mode=detail&id=8

 


View 九州オルレ平戸コース誕生! in a larger map

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com