よりぬきGo!Go!ともっち

東彼杵町の絶品丼と絶景茶畑

23Mar 2017 tomocchi

こんにちは!ともっちです☆

 

先日、東彼杵郡東彼杵町(ひがしそのぎぐんひがしそのぎちょう) に行ってきました。

長崎県の真ん中あたりにある、大村湾に面した、のんびり静かなお茶のまちです。

近年静かなブームを呼んでいる東彼杵のフォトジェニックな風景やスポットを求めて、

取材に行ってきました!!

の前に、まずは腹ごしらえ。

 

 

◆そば処 立石

(所:東彼杵町大音琴郷1783-1/電話:0957-47-1388

休:水休ほか不定休/営:11:00~20:45(OS20:30) P:10台)

国道205号線沿い。懐かしい佇まいの店舗のすぐ脇は、

大村湾の曲線に沿うように延びるJRの線路…。

電車マニアでなくともグッと惹かれるロケーションのお蕎麦屋さんです。

店内の窓からは、食事をしながら至近距離で

大村湾沿いを走る電車を楽しむことができるんですよ♪

電車の通過時刻を調べて訪れるのがおすすめ(1時間に2本程度)。

 

 

きつね丼(税込650円)※ミニ蕎麦付き

かつての人気商品をリニューアルした復刻メニュー。

油揚げとシイタケに甘めの出汁が染みこんでいて、ほっとする味です。

桜でんぶのピンクがアクセント。ミニ蕎麦も付いて650円だなんて、コスパ最高です!

 

 

さて、腹ごしらえを済ませたあとは

お茶どころ東彼杵ならではの美しい茶畑に案内してもらう

・・・予定だったのですが、

何の変哲もない坂道の途中で急に車を停めた、案内役の町役場の職員さん。

 

 

何を思ったのか、おもむろに車内から黄色いボールを取り出し

道路脇の登り坂の入口にポンと置いたのです。

何をしているのだろうと不審に思っていたのですが・・・

・・・ん? この坂、なんか変!!!!

 

 

どう見ても「登り坂」なのに・・・

足元に置いたボールは転がり落ちることなく なぜか勝手に坂を登って行くんです!!!

 

 

そう、この坂はどう見ても右から左への「登り坂」なのに

それは目の錯覚で実際は下り坂!!!

「ボールが勝手に登っていく坂道」摩訶不思議でしょう!!?

皆さまもボールを持ってGO!GO!

場所? 詳しくは教えられませんが、長崎県の真ん中あたり。

東彼杵郡東彼杵町の大村湾を一望できる絶景茶畑に行く途中んにきです(^∨^*)

 

 

この茶畑スポットが目印です (笑)

一面グリーンの絨毯!! お茶のまち東彼杵ならではの美しい茶畑の風景が広がります♪

東彼杵町では、長崎県内の約60%ものお茶が生産されているとのこと!

空と海のブルーを背景に、茶畑のグリーンが一層引き立ちます。

茶木の畝に、穏やかな波を描くそよ風が心地良いヽ(*´∇`)ノ

新茶の時期には鮮やかな黄緑色のさらにイキイキした茶畑になります!

大村湾グリーンロード近くなので、ツーリングやドライブデートにもおすすめ☆

 

 

どこまでも続く美しい茶畑(´∀`*)

◆西九州一の面積を誇る集団茶園「赤木茶団地」◆
(アクセス)高速道路・東そのぎインターチェンジから車で10分ほど登った大村湾グリーンロード近く

 

 

 

そろそろ小腹が空いてきたので、「道の駅 彼杵の荘」でおやつタイム。

セルフサービスで美味しい「そのぎ茶」が無料でいただけるのも嬉しい☆

そのぎ茶と一緒に、茶葉の形をした大判焼き 「茶ちゃ焼き(80円)」をパクリ。

なんとこの商品は、旅行雑誌「九州じゃらん」の「行って良かった道の駅ランキング」で

九州・山口にある道の駅144件の中から <テイクアウト部門 一位>に輝いた、

超人気スイーツなんですっ!!

 

 

中にはそのぎ茶入りの白あんがぎっしり!!
お茶の風味をしっかり感じる「茶ちゃ焼き」は、
温かいそのぎ茶とベストマッチです。
はぁ~、落ち着くなぁ (´∀`*)

 

 

 

そのぎ茶コーナーは、産地ならではの品揃え。
町内12のメーカーのお茶がずらりと並んでいます。

「道の駅 彼杵の荘」には、東彼杵町の特産であるお茶はもちろん、
スイーツ・野菜などが揃っています。
休憩スペースのほか、軽食コーナーも併設されているので、
ぜひ立ち寄りたいですね☆

 

 

 

◆道の駅 彼杵の荘
所在地:東彼杵町彼杵宿郷747-2(国道205号線沿い)
電話:0957-49-3311 / 営:7001800 / 休:11日~3
http://www.sonogi.jp/michinoeki.html

 

 

 

映画「沈黙‐サイレンス-」原作ゆかりの地・長崎

08Feb 2017 tomocchi

 

こんにちは!ともっちです☆

 

 

長崎が舞台の遠藤周作の名作小説「沈黙」を、

アカデミー賞監督 マーティン・スコセッシ氏が完全映画化した「沈黙-サイレンス-」。

日本では2017年1月21日(土)から全国ロードショーしています!

 

 

 

舞台は、江戸時代初期の日本・長崎。

キリスト教が禁教とされていた時代の物語です。

激しいキリシタン弾圧の中で信仰を捨てたとされる 高名な宣教師の真実を確かめるため、

日本にたどり着いた弟子の宣教師たちの目に映ったものは、 想像を絶する光景・・・。

 

 

「人間にとって本当に大切なものとは何か」を、 壮大な映像で描いた歴史大作です。

 

 

2009年1~3月、マーティン・スコセッシ監督らが台本作りのため長崎を視察。

「沈黙」原作ゆかりの地を訪れました。

 

 

 

スコセッシ監督らは原作の舞台であり、かくれキリシタンの里として知られる

長崎市の北西部 外海(そとめ)地区にある遠藤周作文学館を視察。

 

 

外海地区は世界遺産候補の教会を含む「外海の出津(しつ)集落」「外海の大野(おおの)集落」 などの

キリスト教関連遺産や「沈黙」の文学碑がある出津(しつ)文化村などがあり、

五島灘(ごとうなだ)に沈む夕陽がとても美しいところです。

 

 

 

その後スコセッシ監督は、
長崎市内中心部にある日本二十六聖人記念館や長崎歴史文化博物館のほか、
過酷な拷問が行われた雲仙地獄を取材。
潜伏キリシタンや「沈黙」に関係のある有識者のご協力もいただきながら
脚本が出来上がっていきました。
また映画関係者は五島列島や
平戸(ひらど)生月(いきつき)にも足を運び、綿密な取材を行いました。

 

 

 

スコセッシ監督が1988年に原作と出会ってから28年、 読んだ瞬間に映画化を希望し、

長年に渡り暖め続けてきたという待望のプロジェクトがついに完結。

ぜひ劇場まで足をお運びください(´∀`*)

長崎県内ではTOHOシネマズ長崎、ユナイテッド・シネマ長崎、 佐世保シネマボックス太陽にて上映しています。

 

 

 

 

 

ながさき旅ネットには、映画「沈黙-サイレンス-」長崎ゆかりの地などがくわしく紹介されていますヾ(o´∀`o)ノ!!

映画を見たあとは、ゆかりの地をめぐってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

  • 作品・ゆかりの地紹介

http://www.nagasaki-tabinet.com/houjin/film/detail/16/(日本語)

http://visit-nagasaki.com/silence/(英語)

http://www.nagasaki-tabi.com/travel/list.action?cate=holy(韓国語)

 

 

 

 

 

 

 

長崎おでん 入舩(いりふね)

18Jan 2017 tomocchi

こんにちは!ともっちです☆

日一日と寒さが身にしみる今日この頃…

こんな時に食べたくなるのは、「おでん」。

 

 

みなさん、「長崎おでん」って知っていますか?

長崎おでんとは、長崎のかんぼこ(かまぼこ)屋さんが丹精込めて作ったかんぼこを

これまた長崎特産の「あご(トビウオ)」で採った出汁で煮込んだおでんのこと。

 

 

 

というわけで今日ご紹介するのは、

長崎市 思案橋界隈にある「長崎おでん 入舩(いりふね)」さんです。

懐かしい昭和レトロな雰囲気の入り口から店内に入ると、 あったか~い (´∀`*)

心癒される優しいお出汁の香りが漂っています。

 

 

ほどよく染みたおでんたちは、どれもおいしそうです!

 

 

写真は20時までに来店した方限定の「酔い酔いセット」。

1,000円ポッキリで【1ドリンク+おでん3品+日替わりの小鉢】が楽しめます☆

 

 

 

まずはビールで乾杯♪

「酔い酔いセット」のおでんは玉ねぎ、こんにゃく、卵の3品をチョイスしました。

 

 

透き通った上品な「あごだし」!

一般的なおでんだしに比べて薄味なので、素材そのものの味が生きています。

 

 

甘くて中身がほどよくトロトロの玉ねぎ、

分厚いにもかかわらず良~い出汁が染みている絶品こんにゃく、

自家製ゆず胡椒に良く合う卵。

 

 

小鉢の冬瓜の煮物も甘めの味がよく染みていて、ついついお代わりしちゃいました。

他にも心休まる家庭料理が色々あります。


 

 

 

そして特筆すべきは、店内に漂いまくる昭和の香り\(◎o◎)/!!!
壁一面に飾られた懐かしのレコードコレクションは、その数およそ1,600枚!

この中から好きな曲をリクエストすると店内で流してもらえるんですよ(´∀`*)

 

 

 

そして壁には昭和の某人気音楽番組のランキング表が(上の写真右側)!

・・・しかしよく見てください!

「1位 大根、2位 から揚げ…」なんとメニュー表になっているんです(笑)!

 

 

カウンターに座っているお客さんは、出張で長崎に来て3日目。

なんと3日間こちらに通っているのだそうです。

「なんか落ち着くんですよね~」。

一人でもふらっと来れる居心地の良いお店っていいなぁ。

 

 

 

二階は28人収容の座敷。貸切もOKです!

レコードだけでなく昔のボードゲームもあるので、懐かしのゲームで盛り上がりそう!

 

 

入舩さんの歴史は古く、もとは1949年から店主 金子さんのお祖母さんが 営んでいた居酒屋がはじまり。

それを約3年前に孫である金子さんが引き継ぎ、今に至るのだそうです。

これからの寒~い季節、 あつあつの「長崎おでん」で心も体も暖まってはいかがでしょうか☆

 

 

 

【長崎おでん 入舩】

所在地:〒850-0901長崎市本石灰町3- 8

電話:095-822-1070

営業時間:17:30~22:00

定休日:日曜日、祝日

 

 

 

 

福江城(石田城)五島氏庭園・隠殿屋敷(いんでんやしき)

21Dec 2016 tomocchi

こんにちは!ともっちです☆
今回はかつての城下町の雰囲気が残る五島・福江から♪

江戸時代の幕末期、日本で最後に築城された五島市「福江城(石田城)」の一郭に残る 国の名勝「五島氏庭園・隠殿屋敷」は、五島家第30代盛成(もりなり)公の隠居所として造られたもの。

今年7月、5年間にわたる復元工事が終了し、 以前は非公開だった邸宅内部も見学できるようになりました!

 

 

 

エントランスから亜熱帯ムード漂う植物が迎えてくれます。

 

 

 

京都の僧 全正(ぜんしょう)作の回遊式庭園。池の周囲をぐるりと散策することができます。
池の名は「心字が池」。その名の通り「心」の文字が模られています。
庭石と築山に用いられているのは、五島のシンボル「鬼岳(おにだけ)」の溶岩。
また、亜熱帯植物が多く植えられているのも見どころのひとつ。
木々の声を聞きながら、ゆったりと池のまわりを散策していると
穏やかな気分になってきます(*´∀`*)

 

 

 

左)盛成公はことのほか亀がお好きだったそうで、 庭園の池のいたるところに亀に似た石を配しています。 文化財の専門家によると、庭園内には36もの亀頭が確認できるのだとか!

右)池一面に上品に浮かぶ蓮の花は、すっきりと上品で清らかな美しさ。

 

 

左)樹齢840年といわれる大楠(おおくす)は、作庭前からこの地にあったもの。
堂々としたその姿からは力がみなぎっていました!
まさにパワースポット!

右)五重の石塔 元は本丸にあったものを作庭時にここへ移したのだそうです。

 

 

 

野面(のづら)積み(自然石をそのまま積み上げた工法)が美しい石垣の石は、力自慢の若者たちが浜辺から運んだもの。

 

 

 

左)非常時に城外へ抜けられるように造られた抜け穴。

右)中国原産の黄金色に輝く竹。縁起が良いんですって!

 

 

庭園めぐりの後は、隠殿屋敷の内部にお邪魔しましょう。
玄関の間に飾られた屏風には、心字が池庭園を設計した京都の僧全正辞世の句が。

各部屋の入り口部分の天井が低いのですが、これは刀を振り上げられないための工夫だとか。

 

 

 

【亀の間】
客間として使われた10畳の座敷と5畳の次の間。
壁紙に至るまで、当時の様子が忠実に復元されています。
障子の桟の数をよく見ると、右から「七・五・三」。
これは古来より縁起が良い数字の並びなのだそうです。
そういえば子どもの成長を祝う行事も「七・五・三」ですよね。

 

 

 

釘隠しや欄間(らんま)にも可愛らしい亀が配されています!写真の釘隠しは江戸時代のもの。

 

 

 

【梅の間】
主人の居間として造られた梅の間からの眺め。
盛成公もここに座って、お庭を愛でていらしたのでしょうね。
水のせせらぎを聞きながら、時間を忘れてゆっくり過ごすことができます。
左右で違う障子の桟のデザインにも注目。

 

 

 

梅の間は8畳の座敷。
部屋一面を彩る藍染め(あいぞめ)×金箔(きんぱく)が施された梅の壁紙が、伝統の中にもモダンさを感じる室内です。

 

 

 

壁紙や釘隠し、欄間の彫刻にまで全て梅の紋が配されています。

 

 

 

 

「こちらもご覧下さい」 スタッフさんが開けた扉の向こうには抜け穴が! さらに隣のふすまを開けると梯子(はしご)がかかっていて、隠し部屋に繋がっていました! さすが元藩主の隠居屋敷、非常時の対策も万全です。

このお屋敷には数十年前まで先代(34代当主)の奥様がお住まいになられていたそうです。 琉球(現在の沖縄)から輿入れした奥様は94歳まで長生きされ、しばしば近所をお散歩されることもあったのだとか。地域の人たちからは「お姫様」と呼ばれ親しまれていたそうです。

 

五島を訪れた際は、「福江城(石田城)五島氏庭園・隠殿屋敷」で、ゆったりした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

【福江城(石田城)五島氏庭園・隠殿屋敷】

所在地:〒853-0018 五島市池田町1-7

電 話:0959-72-3519 (管理事務所)

開園時間:9:00~17:00(12/1~12/26、2/1~3/31は16:30閉園)

休園日・期間:火・水、8/9、中秋の日、12/27~1/31 ※臨時休園あり

入園料:大人800円、小人(10歳~17歳)400円

※9歳以下は無料(ただし大人同伴の場合)

駐車場:無料・普通車8台可

アクセス:福江港から車で5分、徒歩10分 福江空港から車で10分

 

 

雲仙地獄と小地獄温泉館

15Nov 2016 tomocchi

こんにちは!ともっちです☆
朝晩涼しくなってきました・・・こんな時に恋しくなるのが温泉!

長崎を代表する温泉地「雲仙温泉」に行ってきましたヽ(*´∇`)ノ

 

 

雲仙温泉は標高700m程の高地にあるため平地より4~5度ほど気温が低く、

明治時代から避暑地・保養地として長崎に住んでいた外国人にも愛された温泉地。

 

 

まずは雲仙温泉のメインスポット、湯けむり漂う「地獄」を散策するのがおすすめです。

いたる所から高温の温泉と噴気がゴボゴボと噴出し、 あたり一面に硫黄の臭いが漂うさまは圧巻!

 

 

お糸地獄前にある「雲仙地獄茶屋」でちょっとひと休み。

昔懐かしい「温泉(うんぜん)レモネード」と名物の「温泉たまご」をいただきましょう♪

 

 

かつて、「雲仙」は「温泉」と記されていたそうなんです!

雲仙の名水と島原半島産のレモン果汁を使用した 「温泉(うんぜん)レモネード」は、

微炭酸でさっぱり爽やかなお味☆ レトロなラベルも素敵です❤

 

 

名物の温泉たまごは、

「1個食べたら、1年長生き。2個食べたら2年長生き。3個食べたら死ぬまで長生き」

と言われているんですって☆

硫黄の香りがしみ込んだ卵は、疲れた体にじんわり効く~!

なんだか長生きできそうな気がしてきました!!

 

 

近くには、地熱を体感できる「足蒸し」もオープンしています。

素足で石板(スノコ)に足を乗せると、じんわり温か~い(●´∀`●*)

火山の恵みを感じることができますよ。

(無料/長時間のご利用は低温やけどに注意)

 

【雲仙地獄茶屋(売店・足蒸し)】

営業時間:4月~10月9:00~18:00 / 11月~3月9:00~17:00

定休日:年中無休

温泉レモネード/200円 温泉たまご2個/200円

足蒸し 無料

お問い合わせ先:雲仙温泉観光協会(電話0957-73-3434)

 

 

 

湯けむり漂う「地獄」を散策したあとは、 温泉に入ってさっぱりしましょう☆

雲仙温泉は、古湯(ふるゆ)・新湯(しんゆ)・小地獄(こじごく)という3つのエリアに分かれ、

それぞれに豪華なホテルから気軽に入れる共同浴場までが軒を並べています。

 

 

今回お邪魔したのは小地獄エリアにある共同浴場 「雲仙 小地獄温泉館」。

もとは江戸時代から続く歴史ある湯治場です。

 

 

地元の人はもちろん、インターネットの口コミなどで 関東・関西方面から訪れる温泉ファンにも人気の温泉です。

その人気の秘密は・・・・・・

建物のすぐ裏にある自家所有の自噴源泉!!

 

 

小地獄温泉館には、なんと自家所有の自噴源泉があるんです!!

1日に440トンも湧き出るこの源泉を、専用パイプでお風呂に直引き。

正真正銘の「源泉かけ流し」を堪能することができるんです!!

 

 

「源泉かけ流し」・・・

よく聞く言葉ですが、正真正銘と言えるものはとても数が少ないのだそうです。

小地獄温泉館は新しいお湯を常に浴槽に注いでいるなど、正真正銘の条件をクリア。

だからこそリピーターの多い人気のお湯なんですって。

さて、さっそく温泉へ入ってみましょう!! わくわく(´∀`*)!

 

 

硫黄の匂いに包まれた、乳白色・弱酸性の「美肌の湯」。

源泉に近いため、白くてとっても濃いんです!

 

 

木造の浴室内は、ほの暗く、まさに秘湯といった雰囲気。
窓から差し込む明かりにも癒されます。

 

源泉を直にたっぷり浴びることのできる「うたせ湯」は特に人気。
肩こりが楽になりました (´∀`*)

 

 

 

お風呂あがりは牛乳をぐいっと一杯♪

 

あ~気持ちよかったぁ!!!!

良質の温泉成分がググ~っと身体にしみ込み、 芯からデトックスできたような気がします!

お風呂あがりのお肌は、 もちろんツルツルになりました(●´∀`●*)❤ ❤

雲仙にお立ち寄りの際はぜひ美肌の湯をお楽しみください。

 

 

 

 

【雲仙 小地獄温泉館】

所在地:〒854-0621 雲仙市小浜町雲仙462

電 話:0957-73-2351

営業時間:9:00~21:00(年中無休)

入浴料:大人420円 小人210円

公式HP:http://www.seiunso.jp/hotsprings/kojigoku

 

 

 

 

 

 

 

PREV12345618