よりぬきGo!Go!ともっち

長崎街道シュガーロード 日本遺産認定

27Aug 2020 tomocchi

 

長崎では昔から甘味が足りないことを『長崎の遠か~』と言います。

長崎を訪れた方は料理の甘さに驚きます。

そう、長崎は「甘いまち」なのです。

 

2020年6月「砂糖文化を広めた長崎街道~シュガーロード~」が日本遺産に認定されました。

 

江戸時代、日本で唯一西洋との貿易窓口であった長崎から小倉に至る「長崎街道」。

世界各地からもたらされた新しく珍しい「ヒト・モノ・コト」はこの街道を通り、全国各地へと運ばれました。

 

「砂糖」もそのひとつ。

長崎街道は別名を「シュガーロード」と呼ばれています。

 

◆長崎街道=シュガーロード

長崎街道は、その沿線に砂糖をたっぷり使ったお菓子などが数多く伝承されているのが特徴です。

長崎県内でも「カステラ」をはじめ、「桃カステラ(長崎市)」・「おこし(諌早市)」・「大村寿司(大村市)」など有名で美味しいものばかり。

 

 

◆長崎=甘い

多くの日本人が砂糖を口にしたことがなかった江戸時代、長崎だけは特別でした。

当時は長崎に近い土地ほど砂糖が手に入りやすく、砂糖をたくさん使った甘い食文化が生まれたため、

「長崎=甘い」というイメージが定着していきます。

 

砂糖を節約した甘みが足りない料理などを揶揄した

「長崎が遠か(甘みが足りない)」という言葉も生まれたほど。

 

 

◆砂糖はどこからやってきたの?

鎖国をしていた江戸時代、日本で唯一、西洋や中国との貿易窓口であった長崎。

中でも「出島」には、オランダ東インド会社のアジア貿易の拠点であった「バタヴィア(インドネシア/現ジャカルタ)」を経由して、アジア各地やヨーロッパの商品がもたらされました。

「砂糖」もそのひとつ。

(画像:出島に展示されているオランダ船の模型)

 

 

◆出島

日本で唯一、西洋との窓口として開かれていた扇形の人工の島「出島」。

現在、当時の姿に戻すための復元整備事業が進められています。

(詳しくはこちら)

 

出島と外界との唯一の接点は、一本の「橋(= 出島表門橋)」だけでした。

2017年に約130年の時を経て当時と同じ位置に架橋された「出島表門橋」を渡り、江戸時代の出島にタイムスリップしてみましょう。

 

 

門番さんがいたので案内してもらいました。

写真左は砂糖などを測った「天秤量(複製)」。

 

オランダ船が運んできた砂糖などの輸入品は出島で荷揚げされ、計量測定を行ったあと、「砂糖蔵」とよばれた出島内の蔵に貯蔵。

江戸中期以降は長崎会所が一括購入し、国内商人による入札を経て、長崎から日本全国へと運ばれていったのだそうです。

 

(左:砂糖などを計量した「天秤量(複製)」/西門に展示)

(右:計量の様子が描かれた絵図/川原慶賀「唐蘭館絵巻(複製)」/三番蔵に展示)

 

 

砂糖蔵として使われていた三番蔵には、当時と同じように麻袋に詰められた砂糖を展示(右)。

 

また、グリーンの格子が目印の筆者蘭人部屋(左)では、

出島が世界や日本各地と繋がっていた歴史について知ることができます。

 

シュガーロードの歴史を学んだあとは、出島内のレストラン(出島内外倶楽部)で長崎名物のひんやりスイーツ「ミルクセーキ」 (中央)を食べながらひと休みするのもおすすめです。

詳しくはこちら↓

◆長崎街道シュガーロード公式HP

◆「出島」へのアクセスなど基本情報

| 観光のプロがおすすめする 至福の一皿 ながさきグルメセレクション 2020

29Jul 2020 tomocchi

 

「長崎県ならではの食材、 食文化を楽しめるおすすめのお店はどこですか?」

という質問をよくいただきます。

観光などで長崎を訪れる方は特に気になりますよね。

それって誰に聞けば良いのでしょう?

長崎県観光連盟のウェブサイト「ながさき旅ネット」では、 宿泊施設、タクシー会社、市町観光協会、観光ガイド、マスコミといった 観光に携わるプロたちが選んだ 「本当におすすめしたい、長崎ならではのグルメ店」85軒を特集ページ 【至福の一皿 ながさきグルメセレクション】で公開しています。

選ばれたのはそれぞれのプロが厳選した「至福の一皿」ばかり。 85軒のグルメセレクション認定店を県内7つのエリアごとに検索でき、 また県産食材を提供している店を「魚」「お酒」など部門ごとに紹介する機能も備えています。

 

ほんの一部のお店をご紹介すると…

 

長崎エリア 「レストラン ロアジス坂本」

 

長崎の歴史を感じるかつての花街 丸山の奥にひっそりとたたずむ隠れ家レストラン。 「長崎でしか味わえないフランス料理を」をいう思いから、長崎県産の食材を中心に、季節の移ろいを感じるナチュラルな素材を使って、安心安全な料理を提供しています。

 

平戸・松浦エリア「平戸和牛 やきにく鈴」

 

平戸牛の中でも店主が厳選した極上の平戸牛が味わえるお店。 焼肉セットやオリジナルメニューも豊富。店内は全室掘りゴタツ式の個室です。 家族やカップルで特選の平戸牛を炭火でご堪能ください。 「長崎和牛指定店」「県産酒指定店」。

 

五島エリア 「四季の味 奴」

 

キビナゴやアラカブ、ハコフグなど地場の新鮮な魚料理を看板に、 店主が腕を振るう郷土料理が観光客にも評判です。 五島ならではの海の幸を、おいしい日本酒と共にカウンターでどうぞ。 (画像は五島名物「ハコフグの味噌焼き」)

 

 

また、ウェブ版とあわせて紙版のパンフレットも製作。

こちらはより内容を充実させ、基本情報やおすすめメニューに加えて
キャッシュレス決済の可否や外国人向け多言語メニューの有無なども掲載しています。

また長崎ならではの郷土料理や食材にまつわる10のエピソードを
「ながさきプレミアムストーリー」として掲載するなど、読み物としても楽しめます。

紙版のパンフレットは、長崎県内の主な宿泊施設や観光施設などで入手可能。
タブロイド判、フルカラー16ページ。
四つ折りにした表紙は「のし紙」をイメージしたデザインとなっています。

長崎の食材を使った都会的なフレンチから
「しま」ならではの素朴な郷土料理まで。

このパンフレットを参考に、長崎県内の美味しいものを食べ歩いてみてはいかがでしょうか。

コロナ封じに! アマビエ和菓子 と アマビエのクラフトぬりえ

22Jun 2020 tomocchi

 

新型コロナウイルスの感染拡大に見舞われている昨今、

日本を包む唯一(?)の明るい流行。

その名は「アマビエ」。

 

何やら疫病退散にご利益がある「妖怪」なんですって。

 

なんでも江戸時代後期に疫病が流行った際

肥後国(現在の熊本県)に出現した半人半魚の妖怪で、

「病が流行ったら私の姿を写し、人々に見せよ」と告げて海中に消えたのだとか。

というわけで、日本全国で「コロナ封じ」を願った

「アマビエ」グッズが多数製作され、一躍大流行中なのでございます。

 

なんと厚生労働省までもが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止を呼びかける

啓発アイコンに「アマビエ」を採用!!

 

(厚生労働省HPより)

 

というわけで今回のブログでは

今、長崎で話題の「アマビエ」グッズを2つご紹介します。

 

 

 

【アマビエの和菓子】

長崎市の老舗和菓子店「白水堂」では、「アマビエ」をかたどった和菓子を販売中。

(1個270円)

ひとつひとつ手作りなので微妙に表情が違うんですよ。

「こんなご時勢なので、笑顔でほっこり楽しみながら食べていただきたい」と奥様。

このような可愛らしい姿になったのは、白水堂の菓子職人さんが

かつて「ゲゲゲの鬼太郎」に登場したアマビエのイメージを元に製作したからなのだとか。

 

 

新型コロナウイルスの早期収束を願う「お守りカード」付き

 

 

 

先日、八坂神社で厄病退散祈願をされたそうです。

◆オンライン販売がスタート

欲しい!!食べたい!!

「でも外出自粛要請が出ているから買いにいけないよ~」という方や

遠方にお住まいの方の要望に応え、

5月1日(金)より公式HP内でオンライン販売がスタート。

生菓子のため今までは店頭のみの販売でしたが、

発送の際は冷凍クール便で対応。送料は540円です。

(※アマビエ和菓子以外の商品は送料550円)

 

有限会社 白水堂

思案橋本店 〒850-0832 長崎県長崎市油屋町1-3思案橋電停そば

電話:095-826-0145

https://momokasutera.com/

 

【アマビエのクラフトぬりえ】

諌早市の諫早神社は「アマビエのクラフトぬりえ」を製作、社務所にて無料で配布しています。

ホームページからダウンロードも可能なので、外出自粛期間中でも入手しやすいのが嬉しいですね。

宮司の宮本さんにお話を伺ったところ、

「外出自粛によりご自宅で過ごす時間が多くなっている中、このクラフトぬりえをご活用いただき、

少しでも心が和らぐような時間を過ごしていただければと思っています」

「神社でも配布をしていますが、この状況ですので、ご無理はなさらずに

ダウンロードでのご利用もおすすめしています」とのこと。

 

 

用紙サイズはA4・モノクロ・両面印刷。

お好きな色に塗って、組み立てて、家族みんなで楽しめそうですね!!

 

諫早神社

〒854-0061 長崎県諫早市宇都町1-12

電話:0957-22-2073

公式HP:https://isahaya-jinja.jp/

「アマビエのクラフトぬりえ」の詳細はこちら

https://www.isahaya-jinja.jp/amabie_nurie_print_a4/

 

各種「アマビエ」グッズをお供に、笑顔でこの難局を乗り越えてはいかがでしょうか。

高架開業した「新・長崎駅」

28May 2020 tomocchi

 

2020年3月28日に新しい駅舎が完成、高架開業した「新・長崎駅」。

今回は観光などで長崎を訪れる方の目線で、

ホームから観光案内所、

市街地の移動に便利な路面電車乗り場へのアクセスなどを中心にご紹介します。

※新長崎駅は、旧長崎駅から約350m西側(浦上川方面)に移動しました

 

※ 現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため外出しにくい状況ですが、

収束後に長崎を訪れるご予定の方もいらっしゃると思い、執筆いたします。

 

 

ようこそ長崎へ!!

(高架開業にともない、ホームは2階になりました)

 

 

ホームから見えるのは長崎が誇る夜景スポット「稲佐山」。 夕暮れ時からロープウェイで展望台まで登り 「世界新三大夜景」に選ばれた長崎の夜景を楽しむのがおすすめです。 (現在、コロナウイルス感染拡大防止のため臨時運休中)

 

ホームからエスカレーターで1階に降りましょう。

電車を降りたらまず行きたいのが「トイレ」。 エスカレーターを降りたら背面側、この写真の一番奥(突き当たり)です。

 

 

 

トイレの入口のサインが可愛い!! 長崎の秋の大祭「長崎くんち」で活躍する男女がデザインされています。 (長崎らしくてヨカ~!!)

 

 

 

待合室の壁面タイルには

路面電車とランタン、長崎くんちの龍踊、精霊流し。

ほんわかタッチの長崎らしいイラストが素敵ですね~。

 

 

改札はこの一ヶ所のみ。

改札を抜けて左手が「西口(海側・長崎県庁方面)」。 真っ直ぐ進むと「東口(路面電車が通る国道・アミュプラザ長崎方面)」です。

 

 

改札付近にある白いボックスは「観光案内所」。 路面電車の一日乗車券の購入や、 長崎市内の観光地図・多言語のパンフレットを入手することができます。 開設時間は午前8時から午後8時まで。

 

 

西口(海・県庁方面)の出入口付近には「ファミリーマート」があり、長崎県内のお土産も揃っています。 (駅舎内でお土産の販売はここだけ) 営業時間は6:00~22:30。

 

 

 

西口を出ると左手にコインロッカー、タクシー乗り場、 新設された「長崎駅西口バス停」はグラバー園から原爆資料館までの観光地を巡回する「長崎観光ルートバス」の起終点となります。

⇒詳しくはこちら

 

◆東口(国道・路面電車乗り場)への行き方

新長崎駅は旧長崎駅約350m西側(浦上川方面)移動したので、 路面電車が通るメイン国道(202号線)やアミュプラザ長崎方面に行くには新旧の駅を繋ぐ「仮設通路」を通って約5~6分かかります。

 

 

新改札を抜けそのまま直進、「東口」と記されたサインに従い進みましょう。

 

 

旧改札があった場所(上の画像)を抜けると、

正面にアミュプラザ長崎、 左手は路面電車などが通るメイン国道(202号線)です。

 

 

左は旧長崎駅の駅舎(もうすぐ見納めかも)。 路面電車に乗るには高架橋を上り下りする必要があります。 ※登りはエレベータがありますが、路面電車の停留所へ降りるには階段のみ。

 

 

路面電車「長崎駅前」停留所

長崎市街地の観光に便利な路面電車はどこまで乗っても(乗り換えても) 大人130円/小児70円とリーズナブル。 2020年3月22日より全国相互利用交通系ICカードが使えるようになりました。 (長崎スマートカードは6月30日で利用終了)

お得な一日乗車券もあります(大人500円/小児250円)。 スマートフォンの画面を利用したモバイル版がおすすめ。 昔ながらの紙版は長崎駅の観光案内所、沿線の主要ホテルなどで購入することができますが、車内では買えないのでご注意ください。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためお出かけしにくい状況が続いておりますが、収束後に長崎観光を計画されている方のためにご紹介させていただきました。

一日も早く皆様の日常が戻りますように。

平戸天然ひらめまつり 旬鮮館でひらめ尽くしランチ!

09Mar 2020 tomocchi

 

長崎県を代表する冬のご馳走のひとつと言えば……

 

平戸の「天然ひらめ」!!

平戸市では1月18日(土)から3月31日(火)まで、平戸の豊かな海で育った新鮮なひらめを市内の飲食店や宿泊施設で格安で味わえる「平戸天然ひらめまつり」が開催中です。

 

全国でも有数の「天然ひらめ」の漁獲量を誇る長崎県平戸市では、1月から3月にかけて100tを超えるひらめの水揚量があり、大きいものは体長50cm、重さ5㎏以上の「座布団」と称されるほど超巨大サイズも水揚げされるのだそうです!

この時期のひらめは産卵前で脂がのってとても美味しいのだとか。

「平戸の天然ひらめを味わうなら 今!!」

というわけで先日、平戸に行ってきました!

 

 

今回伺ったのは平戸港ターミナルの目の前にある「旬鮮館」。

 

平戸市漁協の直営なので、鮮度抜群!!

手頃で豊富なメニューが評判の人気店です。

 

入口には生け簀があり、新鮮な海産物や水産加工品を購入することもできます。

 

店内はテーブル席が3つと、壁面2面にカウンター席。

気軽に利用できるカジュアルな雰囲気です。

 

「はい、どうぞ!!」

 

出てきたのは

朝採れたばかりのプリプリで新鮮な天然ひらめを使った「ひらめ尽くし」の数々!!

 

 

ひらめ丼 1,500円(税込み)

※汁物は、期間中はひらめの吸い物になります。

 

この透明感!!

薄く上品な天然ひらめの刺身が10枚も薔薇の花びらのようなかたちに盛られています。

まずは見た目の美しさにうっとり。

付属のネギを巻き、ポン酢を少しつけていただくのがおすすめです。

モチモチの食感で上品なお味でしたよ。

 

ひらめ漬け丼 1,500円(税込み)

 

ひらめ炙り丼 1,500円(税込み)

 

ひらめ定食  1,500円(税込み)

 

旬鮮館の天然ひらめは、朝から水揚げした後

最適な状態で提供できるようにほどよく寝かせているので、 どれもモチモチで柔らか。

ひらめ本来の旨みがたっぷりでしたよ♪

やはり、産地で食べる旬の天然ひらめは最高です!!

 

【平戸市漁協直営「旬鮮館」】

所在地:〒859-5112 長崎県平戸市宮の町655-13 営業時間:11:00~15:00(L.O. 14:30)

定 休 日:火曜日 交通アクセス:平戸大橋から車で約5分 平戸港ターミナル前

基本情報はこちら 

 

【平戸天然ひらめまつり】

全国有数の漁獲量を誇る平戸の天然ひらめを 旬の時期に産地でお得に、たっぷりと。

今年は14の飲食店と7の宿泊施設で 多彩なひらめ料理を楽しむことができます。

期間:2020年1月18日(土)~2020年3月31日(火) 場所:長崎県平戸市内の宿泊施設・飲食店など

基本情報はこちら 詳細情報・パンフレットのダウンロードはこちら

PREV12345626
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com