<島原・雲仙地区>

ぶらり小浜温泉街の旅♪その1

08Jan 2015 yamaguchi

こんにちはー!

遅ればせながら、、、

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

 

皆さん、クリスマス&ニューイヤーは楽しく過ごされましたか?

私はと言いますと、、、

ケーキ、おせち料理、お雑煮、、、、etc、、、

相変わらず美味しいものに囲まれた幸せな休暇を送りました。。。笑

 

 

 

さて、、、日本の寒い冬。。。。。

美味しい食べ物以外にムショーに恋しくなるのが、、、

 

 

「温泉」。。。!!!

 

 

昨年12月のとある週末、、、

カラダが冷え切って「心身ともにあったまりたい。。。」という衝動にかられ、

気軽に行ける県内の日帰り温泉をリサーチ。。。。

 

 

「そうだ。。。小浜へ行こう。。。」

 

 

ということで、ぶらり小浜温泉への旅、急遽決定 笑

 

 

 

 

 

小浜到着っっ!

海、ヤシの木、湯気、足湯、旅館街、、、小浜に来たという実感が。。。^^

だけど、今回は小浜の海のイメージを打ち破って、あえて山の手へ。。。

題して、「小浜温泉 山の手ツアー」!!笑

 

 

 

小浜のメインストリートから山手に一本入った通りは商店街になっているのですが、

ここで珍しいものを発見っっ!!

 

 

 

 

 

 

すごくレトロな看板たちがーーー!!

この看板、現在街の中ではなかなか見られないものばかり。。。

約50~60年前のものになるかなぁ。。。

こういうレトロなものには必ず熱烈なファンがいるもの!!

私の他にも観光客の方が足を止めて写真撮影してました^^

ちなみにこちらのお店はリサイクルショップ兼雑貨屋さんでした~^^

 

 

 

さて、ここから坂道を登っていくと、さらに目を引く建物が、、、!!!

 

 

 

 

 

”雲仙市小浜公会堂”

この薄水色の建物をみて、、、一瞬、、、「出島の建物っぽい!」

っと思いました!似てませんか???

こちら、雲仙が国立公園に指定された年に建設されたそうです、、、

ってことは80年以上っっ!!

なんと、長崎県内に現存する木造公会堂として最も古いそうです!!納得っっ!!

日本的な家が立ち並ぶ温泉街に突如表れる西洋的なオシャレ外観、

昔ここが外国人の皆さんの保養地だったことを思い出しました。。。

 

 

さらにビックリしたのがこの公会堂、今も現役で使われているとのこと!!

この日も中で地域のイベントを催していました^^

 

 

 

 さらに道なりに奥に進むと、きれいな水が湧き出てるスポットが。。。

 

 

 

「上の川(かみのかわ)湧水」とのこと。。。

島原市は透明度の高いきれいな水で有名ですが、

実は小浜町も隠れた穴場スポット!

今でも地域の方々の生活用水として利用されているそうです。

こんなきれいな水を利用できるとは・・・うらやましい。。。^^

 

 

 

この上の川湧水から風情ある石垣の道を過ぎ、

さらに坂道を上がったところに面白いスポットが!

 

 

 

炭酸泉!

しかも小浜で唯一の炭酸泉ーーー!!

ボコボコと一見熱そうに見えるのですが、、、

触ってみると全然熱くないっっっ!!むしろひんやりと冷たい!笑

不思議だーーーーー!

ちなみに小浜温泉の源泉は105℃なんですが、

直に触れることができる源泉はここだけ^^

 

 

この炭酸泉から少し上がったところに

今回の目的の一つが待っているのですが、、、

続きはその2で♪

 

 

 

 

 

 

2014年韓国青松ジオパーク関係者の島原半島世界ジオパーク訪問関連 感想

25Oct 2014 hanjin

 

おはようございます。

 

久しぶりに日本語でブログを書く事になります。実は。。怠けな私にとって日本語で報告が。。

とにかく、今日は1976年韓国の国立公園で指定された周王山国立公園で有名な青松(チョンソン)郡が今年、韓国ジオパークとして認定されて、世界ジオパークを目指して、長崎県の世界ジオパーク島原半島&熊本県の阿蘇世界ジオパークへ視察に来ました。

 

 

自分も島原半島(雲仙温泉町)に住んでいるジオの恵みで生きている人間として同じ韓国の方に私が住んでいる島原半島を伝える為に通訳として1日ぐらい参加しました。(島原半島観光連盟からの会社の方(旅館雲仙福田屋)に依頼がありました。ジオの恵みの中(雲仙温泉町)住んでいる韓国人を見せる事も一つのジオらしいおもてなしでしょ)

 

 

この山が周王山(ジュワンサン)です。青松郡は韓国の中部の慶尚北道に位置しています。皆様のご存じの釜山から車で2時間ぐらいでいけます。ソウルからは4時間ぐらいかかりますね。

そして人口は約2万6千人。隣の有名な都市は伝統韓屋が残っている世界文化遺産の有名な安東市。。

 

自分は仕事の途中から合流した所からの様子を伝えます。

 

 

 

雲仙温泉町で地獄を目に見て、情報館視察や食事(ジオパークと関係がある我が福田屋の溶岩シリーズ(ちゃんぽんやハンバーグなど)を召し上がりました。

 

 

皆様、ジオフードの一つである噴火まんじゅうという発熱するまんじゅうをみています。

 

 

煙がでて温まる仕組みをもつ奇妙なまんじゅうを見ながらそのような食品を開発する島原半島の仕組みを学んでいました。

勿論、味も抜群!

 

 

それから道の駅ふかえに行く時、青松を紹介する中国や日本向けの本を見ました。

 

 

道の駅みずなし本陣ふかえの中で保存されている土石流に被害を受けた家屋などを見ています。

 

 

それからは道の駅ふかえの商店視察。。

保存公園だけではなくて、地域の人々が生きる場、地域の産品が集まる場として。。

そのような様子も目で見学しています。

 

 

それからは島原市の芝桜公園でコスモスを見ながら。。花を生かした公園造りなどを見る機会になりました。

 

 

それからは島原市役所に訪問。。

 

 

島原市長である古川さんが自ら平成の噴火の話をしています。

 

 

 

訪問団の皆様と写真タイム~ジオパーク!

 

 

訪問団の御一行の宿は島原を代表する南風楼さん!

 

 

翌日(2014年10月23日)長崎新聞に昨日の様子や訪問視察の理由などが掲載されました。

 

 

素晴らしい天気のお蔭で皆様が綺麗な眉山や平成新山を見ることが出来ました。

 

 

武家屋敷や島原城

 

 

特に写真を。。。^^

 

 

それから四明荘でお茶を飲みながら。。

 

 

綺麗な湧水の庭園に感嘆!

 

 

肌で感じるジオサイトは擬岩擬石だけではなくて、我らと共に生きている。。。火山と共存する島原ジオパークを感じたと思います。

 

 

さよなら!阿蘇へ向かう青松郡ジオパーク皆様!次回は青松で会いましょ!そして世界ジオパークを目指して頑張ってください!

阿蘇では雄大な阿蘇カルデラを中心としたいろんな絶景を見ると思います。

 

しかし、ジオ(地球)はどこにもあり、我らの生活の中に浸透しています。そして、私みたいな温泉旅館の者は正しくジオの恵みで生活をしています。温泉、そしてジオを演出する料理。。島原半島の皆様はジオを離れては考える事ができない生活を送っていると思います。私はただの通訳でしたが共にそれを学んだ気がします。

 

私が住んでいるこの島原半島がますます好きになりました。

また、会いましょ!互いのジオを語りましょ。。私はそれを結ぶ人としてこの半島で生きたいですね。

 

長い文書を読んでくださってありがとうございました。

雲仙温泉町!島原半島!長崎県!よろしくお願い致します。

 

青松ジオパークホームページ

http://csgeopark.homepagekorea.kr/kor/index.php

 

 

雲仙 福田屋

韓 進

 

 

雲仙温泉でノルディック・ウォーク

05Aug 2014 tomocchi

雲仙といえば「登山」を楽しまれる方が多いですが、

いざ登るとなると、やっぱりきついんですよね(–;)
私も何度も登って、登りきったときの達成感にはいつも感動するのですが、
登る前はそれなりに覚悟がいります・・・

 

 

そこで登場したのがノルディック・ウォーク(゚▽゚*)/

 

 

 

ポールを使ったウォーキングは上半身に負荷がかかり、

運動量が増えるのと同時にポールがあることで歩きやすくなり、

普段より長い距離を歩くことができるという、いいこと尽くし!
手軽さと全身運動効果の高いエクササイズとして注目されています。

ましてや自然に恵まれた雲仙では森林浴も楽しめますよヽ(*´∇`*)ノ

 

 

 

雲仙温泉観光協会ではポールの無料貸出と、毎週末、土・日・月の朝7:00から
早朝ノルディック・ウォークがはじまりました。

ポールを借りてインストラクターの森さんと一緒に白雲の池へ♪

 

 

ポールの持ち方を習い、準備運動を念入りに。よいしょよいしょ!

 

 

 

続いて歩行訓練
手と足が一緒に出ちゃったりして・・・おっとっと`(~д~*)、

 

 

 

白雲の池、ほんっとうにおすすめです!!
池の周囲をぐるりと緑が囲み、森の中に野鳥の鳴き声が響きます。
歩いていて気持ちがいい!

 

 

 

そして、雲仙温泉にご宿泊の方を対象に朝7:00~8:00
ガイドの案内で温泉街周辺のノルディック・ウォークを楽しむ
「早朝ARUKU mont(アルクモン)」が5月からスタートしました。
方言で歩く人→歩くもん(者)と、山の英語表記montをかけています。

 

 

 

料金は1,000円(ポール貸出無料)、ご宿泊の宿でお申込下さい。
インストラクターがポールの使い方などをレクチャーし、

朝のさわやかな空気の中、雲仙をご案内します。

 

 

 

 

旅に来たときの朝っていつもとは違う、独特のさわやかさがありますよね♪
なんでしょう、あの空気感(*´∇`*)

 

 

 

いつもよりちょっと早起きして、普段は歩くのなんて…という方も
特別な朝活アルクモンにぜひご参加下さい。

 

 

 

また、日帰りのお客様でも9:00~17:00までは雲仙温泉観光協会で
ポールの無料貸出を行っておりますので、お気軽にお立ち寄りください♪

 

 

 

【ノルディック・ウォーク体験】
問い合わせ:雲仙温泉観光協会
電話番号:0957-73-3434

URL:http://www.unzen.org/blog/archives/102(Japanese only)

 

View Larger Map
 

 

2014年 韓国プロモーション事業(雲仙市主催)の参加&感想

22Jul 2014 hanjin

 

 

久しぶりです~

雲仙福田屋のインバウンド担当 韓 進と申します。

今年は7月13日-18日まで(雲仙市は16日から18日まで)韓国に参りました。

去年と同じ様に雲仙市の方々、小浜温泉そして我が雲仙温泉の関係者と韓国へのセールスをしました。今回はジニパスと連携でできた島鉄ワンデイパスの紹介が主な理由でした。

我が社そして私としても韓国の営業のチャンスとして今回、参加させていただきました。

http://dejima-network.pref.nagasaki.jp/reporters/15619/

前回(去年)の様子です。

 

 

自分も今回のセールスの為に資料を整備してもっと我が雲仙の情報を伝える為に努力しました。(他の施設の事も目で見て直接確認しながら、作成したのでかなり勉強になりました。)

 

 

雲仙市はいろんな資料が多いです。これを韓国の方々、あるいは旅行会社の方も知らないのがすこし、寂しい所だと思います。

 

 

今回、島原半島の交通機関である島鉄が海外(主には韓国)向けのパス券を作った事が初であり、これまでなかった事でした。それをなさったそしてそれにかかわった方々に本当に感謝します。(交通費が高いのでお客様に本当に助かると思います)

 

 

韓国語の路線図もできました。。翻訳は私も少し、させていただきましたが、本当に初めて韓国語の路線図が出来て嬉しいことだと思います。

 

 

ジンエアーに乗って長崎に来たお客様がこのワンデイパスを買う事が出来ます。

今までなかった仕組みなので正直、売れるかどうかわからないけどないよりはいいと思います。

 

 

私が韓国に行く日の様子です。ジンエアーに乗って韓国に帰るお客様が多かったです。搭乗率もかなり上がったと聞きました。

 

 

空いた席がなかったですね。。

 

 

何とか久しぶりに仁川に到着!

 

 

この光化門をみるとソウルに来た事を実感します。

 

 

家で久しぶりの食事を。。一番おいしいご飯は母ちゃんのご飯でしょ。

 

 

自分は他の方々と違って前もって来ました。他の営業先も回る為に

まず、訪問した旅館クラブ

http://www.ryokanclub.com/

 

 

この社長は長崎国際大学を卒業した方で長崎に対する愛情も多い方なので

意気投合で話が進んだ方でした。

我が福田屋みたいな小さな旅館も大事に扱ってくださる所なので韓国に行ったら必ず寄る所です。

 

 

但し、ソウルのガンナム(江南地区)になるので行くのが大変ですが、富裕層の情報とか市場の動向などとよか情報も手に入れました。

営業ということで、雲仙市の全体的なPRが主な話題でした。^^

 

 

代表(社長)のお勧めの御馳走。。営業先で接待されました。^^

 

 

それからはジンエアーのランド会社(手配や商品を作る会社)

www.clubrichtour.co.kr/

 

リーチ旅行クラブという会社に来ました。

担当者と今回のパスについて話しながらいろんな意見も頂きました。

パスが長崎空港で販売できない今の弱点をどうすればいいかの話でした。

 

 

それからはfit専門(個人)旅行会社ネイル(明日)ツアーさんにお邪魔しました。

写真ではないけど、韓国の夏休みがもう始まるので、会社が大変忙しい感じがしました。

社員の表情が怖かったとは。。。。言えなかったけど ^^

同じく今度のパスの件、そして担当者を雲仙に誘致したくて、その話を具体的に進みました。

http://www.naeiltour.co.kr/

 

 

それから、日が変わって雲仙から市、小浜、雲仙、島原観光連盟の方まで私まで含めで10人で韓国営業に突入しました。

 

 

 

まず、ソウルの中心、プレジデントホテルにあるJNTOソウル事務所に訪問しました。

こんなところにあるとは思わなかったです。

 

 

所長である鄭さんから韓国の動向や事情を聞きました。

 

 

円安なので日本に韓国のお客様が行くのは増えますが、沈没した船の影響で公務員の慰安旅行や学生の修学旅行は今年は厳しいと仰いました。

 

 

何と!長崎県大村市のマスコット、オオムランちゃんが~~!!

 

 

それからは大手であるモードツアーさんに訪問。

 

 

担当者と話ですが。。。団体のお客様が中心となるモードツアーとしては、補助金があれば今よりもっと島原半島に力を入れると仰いました。

http://www.modetour.com/

 

 

韓国で日本専門として一番と言われる旅行博士です。

今年、新社屋が出来てそこに訪問しました。

 

 

事務所の雰囲気も何かすてきでした。

 

 

会社内にカフェがあって、そこで合コンみたいな感じが。。。しましたが。。。笑

旅行博士の担当はみんな美人さんばかり。。。

 

 

何か、いい雰囲気で終わりました。好奇心とか我が雲仙市に対する思いも他の会社と各段に違いを感じました。

 

 

何か。。。営業なのに。。。観光をした感じがするのは私だけかな。。。

とにかく、ソウル事務所長や我が雲仙の方々と一緒に写真を撮ってくださった旅行博士の担当者方々。。ありがとうございました。

http://www.tourbaksa.com/

 

 

個人的に我が福田屋や雲仙温泉と縁がある韓国人が働いているホテル。

長崎外国語大学を卒業し、今は韓国のホテルで自分が目指した仕事をしていました。

夏休みや冬休みになると福田屋でバイトとして働きながら学費を稼ぎました。

久しぶりに顔を見ました。^^ 元気で何よりでした。^^

 

 

翌日は韓国の一番大きな旅行会社、ハナツアーさんに訪問しました。

 

 

日本パッケージ総括部長からワンデイパスの可能性とか、ハナツアーが今展開している事業の説明などを聞きました。

 

 

それからはクレア(clair)とよばれる日本自治体国際化協会のソウル事務所に訪問しました。長崎県ソウル事務所がここです~

 

 

所長と副所長から韓国の状況や今、雲仙がどうすればいいかの話を聞きました。

円安の影響で今年の後半も来客は増えると。。しかし、島原半島の弱点は交通だからそれを県としても何とかしてあげたいと。。

 

 

今回のパスだけではなくて、長崎空港を利用する韓国の観光客向けの交通便支援策などがあると仰いました。

冬は温泉の人気が上がるので雲仙市にとってもチャンスはあると思います。

そしてジンエアーの搭乗率が結構いい所まで上がったそうです。

 

 

このデスクが長崎県ソウル事務所!!所長席。。。デスク一つしかないそうです。

しかし、一人でも100人勝る働きで長崎県をソウルで支えているんです。

 

 

それからは青い風船という個人向けの旅行会社に訪問です。

 

 

ここは本部長が雲仙をご存知だという事で。。すぐに雲仙の弱点は交通、ただそれだけ、、、何とかすれば。。

 

 

自分たちも最大に力を入れて商品を作りたいと仰いました。特にパスに関心を持ちましたが。。。ジンエアーと関係が薄いので長崎空港より、福岡の方から雲仙まで行くアクセスがよくなる事を話ました。

韓国の九州旅行パターンの入口と出口が福岡の方が多いのは事実です。

http://www.parangb.com/

 

 

最後の訪問先は今回の目的であるこのワンデイパスを作ったきっかけになったジンエアーです。

 

 

ジンエアー販売チーム長と話しましたが、我らの情報が直接お客様に伝わればいいのに。。と残念さを話しました。

いくら良い資料やコンテンツであっても、消費者である韓国のお客様が見ない限り無駄な事と変わらないので。。

 

 

これからジンエアーも島原半島の宣伝に力を入れると思いますけど、現地の私たちがより効果的に宣伝する事を要求しました。

http://www.jinair.com/

 

 

ジンエアーの飛行機に乗って。。長崎に戻りました。

 

 

久しぶりの韓国営業に疲れたけど。。これが私が島原半島にいる一つの使命だと思います。

これからも多くの韓国人が訪れる島原半島になる為に努力したいと思います。

 

 

長い話を読んでいただいてありがとうございました。

面白い知らせでまた、会いましょ!

そしてお待ちしております。

 

 

長崎県 雲仙温泉 福田屋

インバウンド 担当

韓 進

 

 

 

 

 

 

 

海鮮市場 蒸し釜や

14Jul 2014 tomocchi

小浜(おばま)温泉(おんせん)の日本一長い足湯「ほっとふっと105」の近くに
2014年3月2日にオープンした「海鮮市場 蒸し釜や」をご紹介します(*゚▽゚)ノ

 

 

 

「また行きたい!!」という気持ちがもくもくとわいてくる!まるで温泉のように!
というのは言いすぎかもしれませんが、おいしくて楽しい体験型飲食店♪

 

 

 

お店の前にはもくもくと湯気が立っていますが、小浜温泉の高温泉を利用した
蒸し釜14基がスタンバイ!

 

 

この店では小浜で獲れた新鮮な魚貝類、野菜をはじめ

旬の海産物・産物をふんだんに取り揃え、

蒸し釜で蒸して食べることができる今までになかった新しいタイプの飲食店です。

 

 

 

ほっとふっと105でも蒸し釜体験ができますが、この店の魅力は品揃えの豊富さ!

店内に入って真っ先に飛び込んでくるのが、いけす。
蒸すのはもちろん、その場で刺身にも調理していただけます\(^▽^)/

 

 

 

あわびにサザエにはまぐりにあさりにカニに・・・とにかくいっぱい!!

 

 

 

お手軽にセットになったものも。なんとデザート(蒸しプリン)もあるんです。

 

 

キャベツにほうれん草にじゃがいもにトマト!
キャベツは大胆に1玉まるごと蒸すととてもおいしいそうです。

 

ちなみに私のお気に入りはトマト。

これが蒸すと甘~くてとってもおいしい(≧∇≦)

 

 

好きな食材を選んでレジで支払いを済ませた後、

スタッフの方に蒸していただきます。

 

 

 

食材によって蒸す時間が異なりますので、タイマーを預かります。
タイマーが鳴ったら蒸し釜へ取りに行きましょう♪

 

 

 

出来上がりヾ(=^▽^=)ノ

 

 

 

蒸した食材はヘルシーなのはもちろん、野菜などはカサが減るので
通常よりもたくさん食べることができます。

 

 

 

蒸しておいしい小浜自慢の食材たち
尚、蒸し料理の他、定食や特製の海鮮丼もございますので

お気軽にお立ち寄り下さい。

 

 

 

 

 

 

【海鮮市場 蒸し釜や】
住所:雲仙市小浜町マリーナ19-2
営業時間:9:00~21:00
定休日:不定休、源泉清掃日
電話番号:0957-75-0077

 


View Larger Map