<島原・雲仙地区>

長崎県島原半島 九州オルレ「南島原コース」オープンしました。オープン式とコースの紹介

27Nov 2015 hanjin

 

 

久しぶりにあいさつします。 雲仙におった韓国の者ですが、今度島原半島観光連盟で世話になることになりました。

韓進と申します。 私が誰であろうかが大事ではなくて、いよいよ私が住んでいる島原半島にも九州オルレコースができました。

九州オルレとは?

詳しくは

 九州オルレ関連サイト

簡単にいえば韓国済州発トレイルを指すものです。

済州島は韓国の沖縄みたいなところで舗装されていない土の道があったのでその道をトレイルコースとして開発して運営する民間の社団法人済州オルレから九州観光推進機構が諮問を頂きや道の標識などを使うことで九州オルレができました。

新しい視線で歩ける道を掘り出すことで韓国からは無論、日本のトレイルマニアにも好評だそうです。

 

 

とにかく2015年11月22日我ら島原半島南島原コースのオープンで振る舞い用、温泉卵を作るために朝から小浜温泉へ。。

 

 

 

 

小浜の蒸気でおいしい蒸し卵を作りました。

 

 

そして開幕式は口之津港の隣、禄地公園です。 この日は諌早の長崎ウエスレヤン大学の韓国人留学生たちがブースの手伝いに来ました。おかげさまで韓国のお客様も九州オルレのグッズをたくさん購入しました。

 

 

韓国からお越しいただいたある団体です。ネットのクラブでいつもオープン式には自分たちで募集してくるらしいですね。

 

 

なんか、韓国の方が多かったのでここが長崎だったのか。。忘れました。 ある意味で嬉しかっです。

 

この馬のようなものはカンセというもので済州島の馬を表すものです。意味は怠ける。。ゆっくり歩きながら周りの風景を楽しむだとそうですね。

 

 

来賓とテープカッティングでスタート!

 

 

周りの店もオルレの歓迎モード

 

 

ブースの運営した私はすぐゴールである口之津歴史民俗資料館へ

 

 

 

 

南島原市が準備した振る舞い用、ちゃんこそうめん。

 

 

九州オルレグッズで人気があるのはカンセの人形。。済州島のハンドメイドだそうです。

 

 

 

そして、九州オルレ各地の特徴が表すスカープ

 

 

これはこれは何事?

 

 

夜は韓国のメディアとオルレ関係者と共にオープニング祝賀会でした。

 

 

地元のコーラス隊!

 

 

ミスターオルレと呼ばれる南島原市の楠田氏をほめる場面も。。彼の話は韓国の新聞でも取り上げました。
楠田関連記事 

 

それ以外にも南島原を体表するそうめんの大引き体験。。

 

 

そして、日韓が一緒になって歌と踊りをしました。オルレが道が人をつなげて下さいました。

個人的には不思議なことだと思いました。面識もない人たちがこのようにご縁ができるのが不思議でした。

それこそ、オルレがもっている意味ではないかと町と住民とふれあい。。

国を超えて交流を続けることの始まりもこのオルレに可能になれることだと改めて思いました。

 

 

 

済州オルレの安事務局長は南島原松本市長に日韓友好の意味を込めてカンセ人形2つをプレゼントしました。

 

 

 

 

そろそろ、コースの話をします。九州オルレ南島原コースは口之津港から早崎半島を回るコースです。

口之津港→八雲神社(0.8km)→西郷子安観音(豊乳河童)(1.1km)→野田堤(1.9km)→烽火山(2.4km)→幻の野向きの一本(3.4km)→田尻海岸(4.8km)→瀬詰崎灯台(5.6km)→あこう群落(6.4km)→口之津灯台(10.0km)→口之津歴史民俗資料館(10.5km)

 

 

スタート点である口之津港。。

 

 

 

隣の公園では約450年も前に来日した宣教師の話が描かれています。

 

 

最初の方である久保田酒造。。麦焼酎「青一髪」が有名な所です。

 

 

玉峰寺という寺ですが、北村西望先生の観音像があるのでコースからすこし離れるが見た方がいいと思います。

 

 

八雲神社。

 

 

 

西郷子安観音(豊乳河童)です。とくにこの河童の胸を触ると胸が大きくなるという都市伝説が。。。

 

 

今の時期しか見れないレタス畑

 

 

 

 

野田堤ですね。「南蛮貿易港として栄えていた16世紀後半に雨水をためて築造された人工のため池。野田新左衛門が発案し、山の上にあるため当初農民は誰も相手にしませんでしたが、その後の説得で農民の理解を得た」と言われる所。

そして真中は烽火山。。

 

 

開幕式の時の写真。。皆様が歩くと道が生きている感じがします。

 

 

畑ではなく、はやしの道もあります。

 

 

 

幻の野向の一本松と呼ばれるスポット。

「松尾神社が祀られている高台には以前大きな古い松がありました。終戦後松くい虫のために枯れてしまい、その後、松を植えました。しかし、またすぐに松くい虫にやられてしまい、代わりに桜の木を植えました」

ここからの海の絶景が見れるので地元の方に愛される所です。

 

 

 

コースの中、唯一の店である小玉商店。

 

 

それからの海岸沿いは玄武岩地帯が出てきます。この島原半島内でも珍しい地形です。

 

 

 


 

 

そして、瀬詰崎灯台。。この南島原コースのシンボル的な場所です。

 

 

 

 

 

早崎漁港の近所で観られるあこう群落。。東南アジアを思わせる雰囲気です。

 

 

 

 

最後のスポットになる明治13年に造られた口之津灯台。 夏には周りにひまわりがたくさん咲きます。

 

 

そして、南蛮大橋のよこにある。

 

 

 

口之津歴史民俗資料館がゴールでございます。

 

 

 

ここの原田館長からの説明は面白いので、できれば是非聞いてください。

口之津のすべてを感じることができる九州オルレ南島原コース。

これからもよろしくお願い致します。

 

そして、これからは島原半島のために努力しますのでこの者もよろしくお願い致します。

無論、島原半島よろしくお願い致します。

茶房&ギャラリー速魚川(はやめがわ)

10Sep 2015 tomocchi

こんにちは!ともっちです☆
今回は湧水と歴史の街長崎県島原市にある、ほっと一息つけるお店をご紹介します♪

 

島原城近くの商店街にある、創業1877年の老舗「猪原金物店(いのはらかなものてん)」。

 

 

 

この店の奥にある「茶房&ギャラリー速魚川(はやめがわ)」は、
島原観光の合い間にちょっとひと休みして、心豊かな時間を過ごせるオススメのお店。

 

 

 

 

雨上がりの緑が美しいお庭を楽しみながら、心豊かなランチタイム。

池には、清らかな水でしか生息できないという
絶滅危惧種「ニホンイシガメ」の家族ものんびりと暮らしています。

 

 

 

日替わりの「一汁三菜(950円・限定10食)」は、
島原でとれた旬の食材を使った、心尽くしのお昼ごはん。
ごぼうや人参などはなるべく皮を剥かず、
皮に含まれた栄養まで取れるように心がけているそうです。

 

 

 

スープには、ミニたまねぎがゴロっと丸ごと入っていましたよ!
素材本来の味を、しっかりと味わうことができるお昼ごはんで、
心も体も元気になれました☆

 

 

他にも「島原野菜カレー(1,000円)」など、
体が悦ぶおいしいメニューが豊富です。

 

 

 

 

そして、デザートはやっぱり島原名物「かんざらし(450円)」!
白玉団子をザラメの砂糖と水あめのシロップに浮かべた
つるんと懐かしい甘さのスイーツです❤

 

 

 

 

店頭にある小さな清流「速魚川(はやめがわ)」は、
豊富に湧き出る水を利用して、十数年前に店主の猪原さんが作った人工の小さな川。

 

 

小さなカニやメダカの姿、
さらに夏の夜にはホタルの幻想的な灯りを楽しむことができるのだそうです!

 

 

「茶房 速魚川」のメニューは、すべてこの湧き水でつくられています。
清らかなお水でつくられたお昼ごはんは、心も体もキレイになれそうな気がしました(^-^)

 

 

島原にお越しの際はぜひお立ち寄りください♪

 

 

 

 

 

【茶房&ギャラリー速魚川(はやめがわ)】
住  所:長崎県島原市上の町912(猪原金物店内)
電話番号:0957-62-3117
営業時間:11:00〜18:00(OSは17:30)
定 休 日:毎週水曜日・第3木曜日
http://www.inohara.jp/

 

 

 

島原半島世界ジオパーク協議会の済州島世界ジオパーク訪問関連参加感想

06Feb 2015 hanjin

 

久しぶりです。最近、忙しいふりをしている、

雲仙の温泉町に住んでいる韓国人 韓進と申します。

 

最近、おじさん旅行(島原半島ジオパーク協議会の済州島ジオパーク視察)に行ってきました。

その中で通訳という役名を頂き、共にしました。

2015年2月2日から4日までの事です。

少し、感想や現場の写真を乗せると思います。いつものように!出発!

 

 

九州から済州島まで直行がなくなったため(多分、春からは復活すると思いますけど。。)釜山経由でした。

 

 

そういえば今回のメンバーは。。まず、協議会の会長、古川島原市長をはじめ雲仙市の金澤市長、南島原の松本市長、3市の議長、議員、観光課の課長、商工会議所、長崎県の島原振興局、観光振興、ソウル事務所など総28名が訪問を致しました。

おじさん旅行の規模が大きいですね。

 

 

釜山まで何とか。。。荷物がすごかったですね。(3市の代表するお土産を準備しました。)

 

http://dejima-network.pref.nagasaki.jp/reporters/15456/

 

何故、済州島に行くのかは前の島原半島ジオパークと済州島ジオパーク姉妹締結がその原因の一つです。

今回は済州島から新たな仕組みを学び、島原半島に展開するための半島内の各分野の方々の理解をさせる為に企画したと思われます。

 

 

よか天気で何よりでした。済州島に到着!

 

 

何か南国みたいな感じですね。。しかし、長崎より北なので。。寒かったです!

 

 

バスにのって済州観光公社へ! 韓国のバスは照明が面白いと言われましたけど。。。個人的には昔のバスで踊ったころの痕跡ではないかと。。思いました。

 

 

済州観光公社で3市長と公社のチェ社長と贈呈品交換をしました。

島原半島からは島原焼!天皇皇后両陛下が買ったと言われる名品!

関連:http://www.shimabara.jp/sakura/kamamoto.html

 

 

済州観光公社のオ部長からのジオブランドに関するプレゼンです。

面白かったのはジオトレイルという仕組みですけど。。

ジオ・トレイルは、世界的に価値を認められた<ユネスコ世界ジオパーク>というブランドを活用し、各地域のユニークな地質資源とこれを原型にして作られた村の歴史•文化•神話•生活など、さまざまな物語を組み合わせて作った歩行道です。

 

http://jejugeopark.com/japanese/?mcode=0201

 

それ以外にジオハウスはユネスコ世界ジオパークの核心村のゲストハウス、ペンションなどを活用した宿泊施設で、地質資源をモチーフにして地質特性体験をすることができる空間です。ジオを生かした多様な仕組みを作って展開中でした。

 

 

南島原市の松本市長!質疑応答の時間です。

面白い仕組みで、大勢の方々が1時間ぐらいのプレゼンに誰ひとりも寝る方はいなかったです。

 

 

それからは済州観光公社の関係者たちと宴会。飛行機を2回に乗ってきた皆様もやっと安心して飲み、食べます。

日本の方に刺身!なのでしたが。。済州島の新鮮さとチゲ鍋の味にびっくりしました。

飲みながら交流を深める韓国ならではの接待だと思います。

 

 

二日目は朝からジオトレイル視察に参りました。

キムニョン・ウォルチョンコースでした。

 

http://jejugeopark.com/japanese/?mcode=0201&gubun=A&gubun2=B1#sub_content

 

金寧•月汀地域は、拒文オルム溶岩洞窟系に属する万丈窟とさまざまな溶岩洞窟の上に建てられた村であります。地上には巨大なビレ(平らな岩)があり、痩せた土地を耕しながら生きてきた地域住民の生活の様子と農耕•漁労•民俗文化に触れることができる場所でもあります。

 

 

済州島では珍しい白い海辺!セギアル海辺

 

 

トデブルと言われるキムニョン町の昔の灯台に立つ!3市長。。特に。。島原市長は。。一番高齢にもかかわらず!テンションが満点です。。

個人的に私が住んでいる雲仙市長は黙々な男らしい男!南島原市長は隣のおじさんみたいに優しい印象でした。

 

 

これは海の中のお風呂場と言われる湧水!チョングル水です。

実際、夏にはここのお風呂に入ったと言われます。服を入ったままではないかと。。。専門家も分からないと言いました。

 

 

 

 

この赤い石がスコリアと呼ばれる石です。

このジオハウスはスコリアをモチーフした民泊です。残念ですがお客様がいらっしゃったので。。。

 

 

石垣を見直している町のお母さんと写真を撮っている古川会長。

 

 

キムニョン町の下は。。洞窟です。洞窟の上に町が。。。火山と共生する我が島原半島もいるから。。ジオの中で生きている我らです。

 

 

溶岩の痕跡。。裸で歩いたら健康によくなると言われましたが。。寒くて。。。ハハハ。。

 

 

ウォルチョンバッタムギルと呼ばれるところです。

済州島にはバッタム(石垣)が多いけど、それは土が少ない済州島では石を割ってそれを運んで畑を耕し、生きた。。証だと思います。

そして、石垣は海からの風を防ぐ役割もした事で塩分を防ぐ役割も果たしたと思います。他の方と堺の役割、動物による被害を防ぐ役割まで。。素晴らしい何石何鳥でしょか。。

このバッタムは世界重要農業遺産にも指定されました。

 

 

 

 

年間、300万人が訪れる済州島を代表する城山日出峰

下からも上からも素晴らしい景色です~

 

 

世界遺産ハルラ山研究院

ここでの会議および展示物観覧です。

 

 

同じみたいな。。。会議室ですが。。

 

 

 

済州島の全体的な姿を紹介する映像を見る事になりました。

そして、質疑応答。。。

 

 

ジオガイドではないけど。。。世界遺産ガイドさんが。。日本語で!!難しい説明をしてくださいました。約30分程度。。

 

 

島原半島の災害記念館並みの迫力が!!

 

 

 

展示館もリアルな映像や模型で迫力満点でした。

 

 

特に洞窟を再現したレプリカは感嘆しか。。

 

 

今晩は。。ハンラ山研究院の方々と交流会。。済州島名物の黒豚です。。。

 

 

済州島ならではの。。ぶ~~厚い!黒豚肉!

 

 

 

日本と韓国の皆様が仲良く、、飲みながら。。これからのジオパークの展開に関して。。そして両地域の交流を深める為に。。

一つの方法を見つけたと思います。

人は会う事から。。それから。。その出会いが何かを実現すると思います。

 

 

二日間の事が済州島の新聞に掲載されました。

済州島のジオブランドの中で島原半島で学ぶ事があれば学び!これからも交流を広がり、深める事を願います。

 

 

女が強い済州島!それはジオ的な環境が作った。。人生の生き方だと思います。

我らはジオの中で。。その影響で生きています。

 

 

市長たちをはじめ、いろんな方々お疲れ様でした。

 

多分、このような大人数で訪問する機会はないかもしれない。そして私みたいな出来損ないが通訳としていくことはないと思いましたけど。。

 

長崎県、島原半島が一丸になって韓国と交流を結ぶそれだけでも私は今回の訪問は素晴らしい事だったと思います。

 

次回は済州島の皆様が島原半島を満喫する事を願います。

私は今回の訪問で通訳として力不足であった事を身に染みてわかりました。。

通訳時に思うまま韓国語が日本語が出てこない。。そして済州島に関する知識も乏しい。。

正直、個人的には迷惑をかけたと思います。

しかし、それでも信じてくださった。。市長たちをはじめ、長崎県&島原半島の皆様に感謝致します。

また、機会があれば今回よりは発展した姿を見せたいです。

 

 

では、長い文書を読んで頂いて誠にありがとうございました。

島原半島と済州島 両世界ジオパークの友情は末永くいくと思います。

そうなるためにも、もっと雲仙で頑張らんばですね。。

私自身もジオの恵み(温泉旅館)で生きる人間だから。。

長崎県島原半島!そして済州島、両ジオパークをよろしくお願いします。

 

 

 

刈水庵(かりみずあん)

26Jan 2015 tomocchi

雲仙市小浜町、小浜温泉街からほんの少し上ったところに位置する
(かり)(みず)地区をご存知でしょうか?

 

 

坂道を少し上れば(たちばな)(わん)を望め、さらに上れば森林浴も楽しめ、
風情ある石垣が残る家並み。温泉街にもすぐ!(^▽^)/

 

 

言葉を並べてみれば、とてもいい地区に思えますが、

空き家が点在する過疎地区。

 

 

この地区をどのように活用したら観光の魅力として活かし、
まちの再生・有効利用ができるかという
「刈水エコヴィレッジ構想」プロジェクトが進んでいます。

 

 

「刈水エコヴィレッジ構想」は
小浜を拠点に活躍されているデザイナー・城谷(しろたに)耕生(こうせい)さんを中心に
デザインを学ぶ学生が小浜に集合し開催されたワークショップから生まれたもの。

 

 

「過疎地区の再生」をテーマに、
刈水地区の景観と実際に居住する人や空き家調査など、

隅々まで調査を行った上で、刈水地区の景観・空き家を活かし、

小浜の魅力がさらにアップするようなまちづくりが考えられました。

 

 

構想だけにとどまらず、

実際にプロジェクトを実現していくための拠点施設が「刈水庵」!

 

 

大工の棟梁の元屋敷を改装したもので、
1階はデザイナー城谷耕生さんの事務所スタジオシロタニでデザインされた小物をはじめ、
世界各地の雑貨、国内外の工芸家たちの作品を集めたショップ。

 

 

 

2階は喫茶室
あたたかな陽の光が差しこみ、とても居心地の良い空間

 

 

 

 

事前調査で刈水地区の大多数の方が、
自家菜園で野菜や花を育てていることに倣い、
刈水庵の自家菜園で育てられたレモングラスを使ってドリンクが提供されていました。

 

レモングラスハーブティーセット/500円

 

 

その他、人の交流が生まれるフリーマーケットなども定期的に開催されています。

 

 

住民・観光客・自然を繋いでいく地域活性プロジェクト
「刈水エコヴィレッジ構想」

 

 

小浜の小さな地域で芽ばえた未来のまちづくり

デザインが社会にどう活躍するか、
デザインのスキルをまちづくりに活かすという
プロジェクトの可能性を秘めた「刈水庵」にぜひ一度お出かけ下さい!

 

 

 

 

【刈水庵】
住所:雲仙市小浜町(おばまちょう)北本町(きたほんまち)1011
営業時間:10:00~17:00
電話番号:0957-74-2010
定休日:水曜日

Facebookページ:https://www.facebook.com/karimizuan

 

※車が入れない地区のため、車でお越しの際は

小浜マリンパーク駐車場をご利用下さい

 


View Larger Map

 

雲仙市消防出初式パレード&長崎県観光関連機関「2015年新春賀詞交歓会」の参加様子&感想 生活

09Jan 2015 hanjin

 

明けまして、おめでとうございます。

長崎県雲仙福田屋で働いている韓 進と申します。

韓国語では書くけど、日本語で書くのはあまりにも苦手やけん。。

厳しいですが、今年もよろしくお願いします。出島ネットワークは4年目になりますね。

学生時代から書いたから。。今、思えば結構書いたと思います。

 

 

 

今日は自分が参加した二つのイベント雲仙市消防出初式パレード&長崎県観光関連機関「2015年新春賀詞交歓会」の様子を紹介します。

 

 

 

雲仙温泉町から我が福田屋を含めた13件の旅館・ホテルの代表が集まり、山の下である小浜温泉町に下りました。

 

1月5日の事ですね。雲仙市の消防車がすでに待機しています。

 

 

雲仙の法被を着た組合の方々、私みたいに旅館やホテルの従業員ですね。社長も一人方いらっしゃたけど。。

 

 

私たちだけではなくて、雲仙市の保育園や婦人会など多様な方々がパレードに参加します。

 

 

お子様たちのパレード消防車

 

 

子供たちは待機の時間もじっと~いられないですね~ 元気活発!

 

 

雲仙温泉町の保育園の子供たち!衣装がなんと可愛い!!!

さすが、寒い雪の雲仙温泉町らしい衣装です~

 

 

我らも出発!前には婦人会!!

 

 

我らが終わった後は雲仙7町の消防団の本格パレードでした。

 

 

頼もしい消防車!!

 

 

オバマさん!あけまして、おめでとう!!!

 

 

それからは消防車の放水!!

 

 

子供が先に放水します。すごいですね!

 

これで、小浜温泉町で行った雲仙市消防出初式は終了です。

 

 

 

翌日、1月6日。。バスに乗って長崎市へ!

 

 

今日は長崎県観光関連機関「2015年新春賀詞交歓会」に参加しました。

毎年、行う行事ですが。。

 

 

宴会みたいな雰囲気ですが。。

会場と比べては参席者が多いではないかなと思いました。

 

 

勿論、長崎県内の焼酎。。ながさき満々!!

 

 

御馳走も準備しております!

 

 

田上 長崎市長さんの挨拶!

 

 

長崎県が作った長崎県PR映像!学生さんの声と長崎県内の観光地が美しく見える素晴らしい映像でした。

 

 

あ。。無論、少し飲みました。。。お仕事です。お仕事。。

 

 

それから。。變瞼 へんめん!

顔の仮面が変わりますよ!。。。

長崎県は中国と繋がりがある故、このような芸術家もいます。

 

 

 

 

 

早くて、カメラでは取れないですね。

 

 

それからは県議員様のしめの話。。

 

長崎県の観光関係者と話や新しい赴任した中国の長崎総領事 鄧偉(deng wei)さんと名刺を交換したり、たぶん。。施設側の外国人として参加者という事もあるので私みたいな人にも喜んで名刺交換をなさってくださいました。

 

 

それから、いつもお世話になっている大村の社長さんたちと一緒に写真!

長崎県の観光関係者は今年も笑顔でお客様を迎えると思います。

我らの関係者が集まる事ができるのは長崎県を愛する県民や観光客皆様のお蔭様だと思います。

 

 

私がこの雲仙市の旅館でいる事で他の方は経験しない新年ならではのイベントに参加しました。

日々の仕事とは少し、異なりますけど。。今年も雲仙温泉で頑張ります。

また、よろしくお願い致します。

 

 

面白くない長い文書を読んでくださって誠に感謝いたします。

 

 

 

雲仙 福田屋

インバウンド 担当

韓 進