<佐世保・ハウステンボス地区>

長串山つつじまつり

22Apr 2013 sun-sasebo

昨日、長串山(なぐしやま)つつじまつりに行ってきました。このまつりは例年4月初旬から5月初旬にかけ、西海国立公園「長串山公園」で開催されており、今年は第32回になっています。

 

一昨年の4月に、佐世保市役所が編集している情報誌「広報させぼ」で同イベントの紹介を読み、いつか行ってみたいなあと思います。ちょうどその年のゴールデンウィークに、中国から親戚が来日していました。お花が大好きな親戚をつつじまつりに案内したら、喜んでもらいました。初めて行った私も鮮やかで満開に咲き誇るつつじに感動しました。去年は都合で行けなかったが、今年も「広報させぼ」でイベント情報を確認したら、「ワンワン大サーカス」が楽しめる4月21日(日)に行くことと決めました。

 

この日は朝から曇ったり、晴れたりして、空模様が不安定しており、家を出たあと、雨も降ってきました。一緒に行った後輩たちは移動中にずっと「晴れてくれるよう」と祈っていました。幸いなことに、皆さんの願いが叶え、雨がすぐ上がりました。

 

私たちは10時過ぎに長串山公園に着きました。すでに第1~第3駐車場が塞がれており、この日も来場者が大勢いることが想像できます。車のナンバーからみれば、佐世保のほか、長崎、福岡など県内外のお客さんが来られているようです。

 

早速、入場券(500円/一人)を購入し、つつじ園へと進みました。高台を上り下りすることが必要なため、公園では、来場者のために無料で竹の杖を貸し出しています。とても親切です。

 

「ワンワン大サーカス」のショーを見るために、この日に調整したので、入園した後、早速イベント会場に移動しました。逆立ちのショーを見逃しましたが、その後のワンちゃんたちの演技に感動しました。MCの紹介によると、このサーカス団は静岡県にあり、50匹以上のワンちゃんを抱えており、うち1/3以上が捨て犬か保険所から保護された犬です。もともと臆病だったワンちゃんたちは人とのふれあいに慣れてきており、さらに長い間の練習を経て、素晴らしい演技を披露することができました。ワンちゃんたちはハードルの高い難関をやり遂げる度、会場から熱烈な拍手が送られました。出し物が終了後、ワンちゃんとのふれあいや写真撮影も設けており、特に子どもたちが大喜びでした。

 

マイペースなナミちゃんによるボール飛びが見事に成功しました!

 

 

6匹のワンちゃんによるショーです。チームワークが完璧で素晴らしかった!

 

 

無事に演技を終えたワンちゃんたちは観客に「あいさつ」してくれました。

 

 

ワンワン大サーカスを鑑賞した後、この日のメインである――つつじを堪能することに!園内ほとんどのつつじが満開を迎えており、鮮やかな花たちが咲き誇り、山の斜面がカラフルに彩られました。ここのつつじは普段見られるピンク以外、赤、紫、白などの色があり、晴れていたら、太陽の光を受けて、さらに鮮やかに見えます。

 

 

ピンクのつつじがメインになるエリアです。この壮大さに圧倒されました。

 

 

また、長串山公園は高台に位置しており、美しい九十九島を一望できます。ここで展望できる九十九島は北九十九島です。佐世保市周辺で見られる南九十九島とともに西海国立公園に属されています。優美で女性的な島々が多い南北九十九島に対して、北九十九島は岩肌が厳しく、男性的な景観の島が多く見られます。しかしながら、咲き誇るつつじを目の前に、見下ろした北九十九島も優美に見えます。

 

 

 

この日はあいにく風がとても強く、天気も曇ったり、晴れたりしていました。それにしても、つつじの木のもとに、ビニールシートを敷いてピクニックする来場者をたくさん見かけました。桜のお花見と違う楽しさが味わえるかもしれません。四季がはっきりしており、違うお花を楽しめることは佐世保を初め、日本各地のセールスポイントだと思います。これらの資源をうまく活かし、海外から観光客の誘致につながるといいです。

 

つつじまつりは5月6日(日)まで開催されます。期間中出店やイベントも行なっています。皆さんも是非会場まで足を運んでみてください。なお、まつりに関する情報は長串山公園のHPをご参照ください。

長串山つつじまつり

 

長串山公園は佐世保市鹿町(しかまち)町に位置しており、公園までのアクセス方法は下記をご参照ください。

長串山公園アクセス

 

 

巨大迷路誕生!The Maze

11Apr 2013 tomocchi

3月1日、ハウステンボスに
新たなアトラクションが登場しました(^▽^)/

 

 

The Maze(ザ・メイズ)

 

 

ハウステンボスには日本最大級の
アスレチック「天空の城」がありますが、
今度はなんと世界最大級の迷路です!

 

 

世界初のツリーハウス型迷路「The Maze」
コースを上下左右、縦横無尽に動きながらゴールを目指します。

さっそく中に入ってみましょう!

 

 

木造りの迷路は一見シンプルながら
様々な仕掛けがいっぱい(ノ*゚▽゚)ノ

 

 

400個のブロックから構成されており、
コースはなんと378通り!
開き戸や変形扉、はしごやネットなどの
仕掛けは270にも及びます。

 

 

どこに扉があるか押したり引いたりして
確かめながら進むのはもちろんのこと、
狭いところをくぐり抜けたり・・・
けっこう身体を使います(;´Д`A

 

 

一般的な迷路とは違い、アスレチックの要素が入っているため、
頭も使わなきゃいけないし身体も使わなきゃいけないし、大変!

 

 

階段もハシゴのようなものや、段差の大きなものなど様々です。

 

 

上ったり下ったりしながら進んでいきます。
ただ上を目指して進むだけじゃだめなんですよね~。

 

 

「えっ!ここくぐれるの?」とか言いながら迷路を探索しました。
本当に大変(~д~*)

 

 

 

動きやすい靴と格好での来場が絶対におすすめ!

 

 

「そっちにはどうやって行くの!?」とか
「また戻ってしまった!」とか、
私も含めてみなさん右往左往していました。

 

 

やった!ゴールについたヾ(=^▽^=)ノ

 

 

ゴールでのスペシャル仕掛けもお楽しみに!

 

 

ゴールは2つ、迷路内に隠された
4つのスタンプと、ゴールを目指して頑張りましょう!

 

 

この眺めはゴールした者だけの特権♪

 

 

ちなみに違うゴールに行くと強制退去させられて
またやり直しになりますのでご注意を。

 

 

所要時間は15分~60分ほど
あなたは何分かかるかな?

 

 

 

 

【The Maze(ザ・メイズ)】
場所:ハウステンボスアドベンチャーパーク内
ハウステンボス公式ホームページ

http://www.huistenbosch.co.jp/event/the_maze/

 


View 巨大迷路誕生! in a larger map

第6回「国際親善させぼ桜まつり」

05Apr 2013 sun-sasebo

先週の日曜日佐世保公園へお花見に行ってきました。この公園では第6回「国際親善させぼ桜まつり」が開催しています。

 

公園にはお花見の人々で賑わっていました。皆さんは桜の木の下で持ち込んできた料理や飲み物を囲んで、話に花を咲かせています。中には、BBQやゲームをするグループもいて、楽しい時間を過ごしているようです。

 

 

青空に映える桜は本当にきれい!!

 

 

この日は晴れていたが、風がかなり強かったため、舞い落ちた桜の花びらは路面を薄ピンク色に染めました。

 

 

このまつりは佐世保に花見の名所をつくり、桜をテーマとした国際交流を目的に、させぼ桜の会が主催してきました。今年は3月23日(土)~4月7日(日)に開催されます。期間中夜桜ライトアップは18:00~21:00行なわれます。会場周辺の花見スポットを巡る「桜散策スタンプラリー」では、海上自衛隊佐世保地方総監部内の桜も見学することができます。皆さんもお時間があれば、是非会場まで足を運んでみてください。

 

長崎「和華蘭」(わからん)味わうツアー②「花の王国ハウステンボス散策コース」

01Apr 2013 susanhua800

平戸を離れた後、私たちはMRで佐世保駅まで行き、JRに乗り換えてハウステンボスを目指しました。到着後、乗り遅れないよう、帰りのJRの時刻表を駅のフォームで確認しました。電車とバスの時刻表は初めて利用する人にとって、とても分かりづらいだと思います。日本語のできない外国人観光客は自力で時刻表を確認し、電車に乗るには勇気以外に「運」や「ヘルプ」が必要です。日本の公共交通手段のオンタイムや安全性が評価されますが、外国人観光客にもっと利用しやすく改善することは今後の課題かもしれません。

 

 

到着したハウステンボス駅の駅舎は園内の建築の趣に統一されています。

 

 

四時以降に入園したため、3900円で1dayパスポートが利用できて、とてもお得です。チューリップ君が出迎えてくれたので、さらに気分UP!!

 

 

私たちはまずテディベア館を見学しました。私は和装のテディベアが一番気に入り、和洋折衷の可愛さがツボです。

 

 

 

 

テディベア館を出た後、少し歩いたら、ハウステンボスの典型的な風景に遭遇しました。風車とチューリップの組み合わせはやはり最高です。今まで何回かこの季節にハウステンボスを訪れたことがあるが、目の前に広がる風景に再び心を打たれました。きれい!!

 

 

 

 

その後、アトラクションタウンで、いろいろなアミューズメントを楽しみました。一番印象に残ったのはグランオデッセイです。観客の一人ひとりが映画の登場人物となるフューチャーキャンストシステムを世界初に導入しています。来場者は撮影ユニットに顔を入れてから、コンピュータが自動的に撮影データを解析し、来場者の3D顔データを生成、瞬時にシーンに合せた表情に画像処理され来場者は映画に登場します。(※ハウステンボスHP紹介による)

 

私たちを含む観客は映画の中に出てくる自分を探し出すよう苦労しました。3D顔データなので、写真と違って判別するのに時間がかかりました。残念ながら、私は最後まで自分を映画のキャストから探し出すことができませんでした。ショック!!一方、同行者は一発で自分が演じた役を見つけました。

 

グランオデッセイに入場する前に配布された整理券には中国語(繁体字)を含む外国語が表示されており、外国人観光客も気軽に利用できます。

 

 

このほか、私たちはミステリアスエッシャー、映像シアターKiraraやone piece ライトクルーズやを体験しました。

 

日が暮れた後、アドベンチャーパークで、丘の上から運河を越えて、ワイヤーロープを滑り降りるアトラクション―シューティングスター―を体験しました。300mの距離を45秒で滑り降りるのはとても心地よかったです。暗くなったお陰で、周りの風景が見えないので、怖さが弱まり、高いところがあまり得意でない私でも平気でした。

 

また、日本最大級の空中アスレチック「天空の城」もチャレンジしてみました。「地上から張り巡らされたロープや丸太の上を進む空中の大冒険」になっていますが、運動不足の私にとっては、かなりきつかったです。1dayパスポートを使えば、高さ3mの初級コースの初回のみが無料になります。高さ9mの高級コースも設けてあり、体力に自信のある方にお薦めします!!

 

「光の王国ハウステンボス」と題したイルミネーションは3月25日まで延長したため、この日の夜はおまけとしてハウステンボスが誇るイルミネーションを楽しみました。1日にハウステンボスを代表するチューリップやイルミネーションを楽しめて、大満足でした!

 

 

ライトアップされた白い観覧車は昼間と違う表情を見せてくれました。

 

 

ハウステンボスは「行って幻滅する」、「生涯1回でいい」と言われていますが、私の場合は、十数回行っても、まだ飽きていません。これからも行きたいだと思います。季節によって、雰囲気が違うほか、違う人と行く都度、見る角度や得るものも違ってきます。ここ数年、ハウステンボスが進化してきていると実感しています。「見る」から「楽しむ」へと変わってきた身近にあるこのテーマパークをこれからも応援していきたいだと考えています。

 

とても充実した一日を過ごした私たちはJRで佐世保駅に戻り、ジャズバーに行く気力を失い(※プランではジャズバーで一日の疲れを癒すよう設定しています)、スタバでコーヒーを飲みながら、翌日の行程を打ち合わせた後、長崎「和華蘭」味わうツアーの初日のコースを終了させました。

 

※ハウステンボスのアミューズメント施設内における撮影禁止、及びアドベンチャー利用の際、安全を図るため携帯を含む所持品を預けたため、この2エリアの様子を記録する写真がありません。どうぞご了承ください。

 

三川内焼伝統産業会館

11Mar 2013 tomocchi

佐世保市の三川内焼伝統産業会館と三川内焼美術館

 

 

館内に入ってすぐ出迎えてくれる大きなお皿!

 

 

三川内焼の開窯400年を記念して作成されたもの

 

お皿には唐子がたくさん描かれており、
一人一人表情も違います。

 

 

美術館内には、江戸時代から明治時代にかけての
貴重な白磁の作品と、名窯元のコーナーがあり、
伝統工芸士たちの作品も多数展示されています。

 

 

みかわち焼の伝統的な手技「貼りつけ」
複数の飾りを貼り重ねて作る装飾方法で、とても凝ったつくり!

 

 

白い粘土を幾重にも重ねていく「置き上げ」

 

 

かつてヨーロッパの人たちをも魅了したという「みかわち焼」

 

細工の細やかさ、フォルムの美しさ
ため息ものです・・・(*´∇`*)

 
そして、三川内焼伝統産業会館では絵付け体験をすることができます。

少人数(10名様以下)でしたら予約は不要ですo(*^▽^*)o

 

 

お皿に下書きをして、
何の絵を描いているんでしょうか!?

 

2014年開催の「長崎がんばらんば国体」
マスコットキャラクターの「がんばくん」でした!

 

 

1個1,000円で、お皿の他に
湯飲みやマグカップなどに絵付けができます。

 

絵付け体験後は、10~15日ほどで
焼き上がり後、取りに来るか郵送していただけます。

 

気軽に体験してみてくださいね(o^∇^o)ノ

 

 

 

 

 

【三川内焼伝統産業会館】
住所:佐世保市三川内本町343
電話番号:0956-30-8080
開館時間:9:00~17:00
定休日:12月29日~1月3日

絵付け体験:1,000円(1個)

  


View 三川内焼伝統産業会館 in a larger map

1234NEXT