<長崎・長与・時津地区>

6.6長崎平和大学リポート 前編

22Jun 2015 yamaguchi

こんにちは!

梅雨のシーズンですっきりしない天気が続いていますね。。。(‐ω‐;)

 

 

でも道端に咲く美しいあじさいの花にパワーをもらっているyamaguchiです♪(・∀・)

みなさんはいかがお過ごしですか~??^^

 

 

 

さて、今日は先日開催された「長崎平和大学」のリポートをしたいと思います。

 

 

実は過去にも記事化したことあるので、名前を聞いたことある方もいらっしゃるかも。。。

「聞いたことないよ!」という方は下のURLを見てくださいね~(´ω`*)

過去記事はこちら!→http://dejima-network.pref.nagasaki.jp/reporters/13850/

 

 

 

今回はこの春新規で来日された留学生を中心に、

約300名の学生さんたちが集まって原爆と平和に関する知識を深めました。。。

 

 

 

皆さんご存知の通り、

長崎は昔から海外交易で栄えた華やかな歴史がある一方、

原爆の被害を受けた悲しい歴史があります。

長崎市の小中学校に通っている学生は、

毎年8月9日は、夏休み期間中ではありますが登校日になり、平和学習を行います。

留学生の皆さんにも、長崎にいる間に原爆の惨状と平和の尊さについて

ぜひ考えてほしいということで、このようなイベントを行っています。

 

 

 

今年は特に戦後70年の節目の年です。

長崎でも高齢化で、被爆者の方々の平均年齢も80歳を超えています。

被爆の現状を知る方々も年々少なくなり、

長崎に住む私たちにとっても直接お話を聞く機会が極端に少なくなってきました。

このような体験1回1回を大切にしなければ、、、と思いますね。。。

 

 

 

では本題に移ります!

 

今回の会場、長崎市平和会館に県内の大学、短大、専門学校の留学生が一同に集まりました!

 

 

 

まずは長崎大学副学長・長崎留学生支援センター長の夛田(ただ)副学長から主催者あいさつがありまして、、、

 

 

 

続けて長崎の紹介映像と、原爆の惨状を伝える映像を続けて2本放映しました。

 

 

 

 

皆さん、真剣な表情で見入っていました。。。

 

 

そして今回のメインの被爆体験講話へ!

 

 

今回講話をしていただく深堀様は、当時爆心地より約3kmの地点で被爆。

爆心地より約600mのご自宅にいらっしゃったお母様やご兄弟を一瞬のうちに亡くされたそうです。

 

 

 

講話が始まると、当時の惨状の様子や、

深堀様のご家族のお話を中心に、当時の様子をスライドを使いながら

詳しく説明していただきました。

 

 

 

ここで、、、

講話は日本語で進行されるのですが、

英語は逐次通訳、中国語・韓国語にはご覧の通り字幕がついているので、

来て間もない留学生にとって内容がよくわかるようになっています。

 

 

 

皆さん真剣に聞き入っていました。。。

 

 

 

講話が終わり、質疑応答の時間になると、

積極的な質問が次々と出てきました!!

 

 

 

 

 

質問に答えていらっしゃた深堀様の一節で、

「戦争は富や権力を持っている指導者同士の都合で引き起こされる。

市民レベルで見ると国は関係なく、みな仲が良い。」

とおっしゃたことが印象に残りました。

 

 

 

午後からは平和公園を中心とした被爆遺構めぐりを行ったのですが、

その模様は後半でご紹介します*^^*

 

 

 

 

長崎県立大学シーボルト校研修員 鄭 杰さん副知事表敬リポ★

11May 2015 yamaguchi

皆さん!ゴールデンウィークはどのようにお過ごしになりましたか??

長崎はほぼお天気に恵まれて、お出かけされた方もたくさんいらっしゃったでしょうね♪^^私は近場でのんびりと過ごしました!元気チャージできましたよ~c(´ω`o)

 

 

今回は先日の出島ネットワークのFacebookでも少し触れたのですが、今年度の長崎県立大学シーボルト校研修員さんが来庁されたので、皆さんにもご紹介します♪

 

 

鄭 杰(てい けつ)さん

 

現在鄭さんは中国福建省三明市に勤務されていて、

今年度の長崎県立大学シーボルト校研修員として長崎にいらっしゃいました!

 

 

ところで、「シーボルト校研修員って??」っと思った皆さん、

詳しい説明はこちらをご覧ください♪

 

県立大学での研修受入について

 

 

 

里見副知事(中央)との歓談

 

 

鄭さんは今回の研修にあたり、ご自身で3つの目標を設定しているそうです!

1. 日本文化と日本社会を直接体験しながらもっと理解したい

2.国際交流、日中交流に尽力したい

3.日本語能力を高めたい

 

 

上記以外にも日中の青少年交流にも関心を見せていて、とても意欲的な印象を受けました^^

 

 

研修先が大学ということで、日本人学生や留学生たちとの交流も盛んになりますので

日本文化だけでなく様々な文化を吸収し、また教育の相違点等を学んで相互友好に尽くしてほしいなと思います^^

 

鄭さん自身、日本語から離れた期間が長かったので、言葉の面で少し不安があるそうですが、それもこれからの長崎生活でだんだん慣れていくと確信しています!

 

 

欢迎!欢迎!(歓迎!歓迎!)゚+。(о’∀’)ノ~~

 

 

 

★PR★

出島ネットワークではメルマガ会員を募集中です!

登録していただいた方には長崎県の旬の情報やイベント情報を月1回メールでお送りします♪(もちろん無料です!)

登録はこちら!→https://dejima-network.pref.nagasaki.jp/visitors/

 

 

 

長崎県国際交流員 郭 麗さん着任式&インタビュー!

17Apr 2015 yamaguchi

こんにちは!yamaguchiです^^

さっっ、寒い。。。。。

今週は天変地異が起きたんじゃないかと思うような

晴れかと思ったら突然の雷雨が吹き荒れる、すさまじい天候でしたね。。。

長崎市はなんと「ひょう」が降ってきましたよ。。。!!((゚д゚;))

ここんとこの肌寒い天気でちょっと風邪気味になってしまいました。。。

体調管理に注意しなければ。。。><

 

 

 

ところで春といえば、、、出会いの季節ですよね♪♪

今日は、長崎県の新国際交流員をご紹介します♪(o’ω’o)♪

 

 

新しく長崎県国際交流員として着任した郭 麗(かくれい)さん

 

 

今週13日に里見副知事から辞令交付が行われました(・∀・)

 

 

 

 

副知事からは

「今年は駐長崎総領事館創設30周年の記念の年なので、

記念行事も多いと思いますが、これから国際理解や文化交流等の

イベントで長崎と中国の友好に力を尽くしてください」とメッセージが!

 

 

 

これに対し、

「日本に来たことはありますが長崎に来たのは初めてで、

まだ数日しか経っていませんが、人も優しく景色もきれいなところで感動しています。

日本に長く住んだ経験がないので、わからないことだらけですが

皆さんのお力をお借りしながら仕事を頑張り、友だちもたくさん作り、

友好に努めていきたいと思います。」

っと、これからの長崎での生活の抱負を語られました(´ω`*)

 

 

郭さんは上海の大学で日本語の先生をされているので、日本語がとても堪能です!!

特に敬語の使い方は日本人の私でも「すごいなー!」と思う腕前!!

(私より上手いのではないかと思うくらいです。。。^^;)

 

 

では、さっそく郭さんにお話を伺いましたので、ご覧ください^^

 

 

 

 

長崎らしい美しい港の風景をバックに。。。v(´∀`)

※以下インタビュー部分は敬称略

 

 

 

山「今回初めて長崎を訪れたとお聞きしましたが、長崎の印象はどうですか?」

 

郭「まだ長崎に来て日が浅いですが、とにかく素晴らしい街だなと思いました。というのが、まず景色が美しく綺麗です。そして人が温和で優しいです。とても魅力的な印象を受けました。」

 

 

 

山「上海では大学で日本語の先生をされているそうですが、ちなみに郭さんのご出身はどちらですか?」

 

郭「私は山東省臨沂市の出身です。山東省で有名なのは青島ビールで有名な青島市ですが、私の出身地は山が多く海に面してない地域にあります。お隣の江蘇省に近いです。それから大学は湖北省武漢市の武漢大学に通いました。中国一キャンパスが広くで綺麗とも言われています。その後就職して上海に行きました。上海理工大学で日本語を教えています。」

 

 

 

山「どうやって日本語を学ばれたのですか?」

 

郭「大学の専攻が日本語だったので、そこで専門的に学びました。それ以外にも日本のドラマや本を読んで日本の文化や習慣に対する知識を得たりもしました。」

 

 

 

山「ところで、郭さんが日本や日本語に興味を持ったきっかけは何ですか?」

 

郭「まずは地理的に近く隣国だからという理由が大きいです。隣の国を知りたいなという単純な興味もあったし、そのうえ日本語には漢字があるので親近感もありました。あとは日本が先進国ということもあり、いろんな優れたものを学びたいという気持ちもありました。はじめは漢字を使うからわかりやすいかなと思いましたが、勉強すればするほど奥が深く難しいなと思いますね。」

 

 

山「なるほど。。。あっ、、、話が少し戻りますが(笑)、郭さんは故郷の臨沂市(山東省)、大学時代の武漢市(湖北省)、そして現在は上海市と中国の各地に住んだ経験がありますが、今まで住んできた3都市の中で長崎の方々にぜひ知ってほしい、訪れてほしいスポットはありますか?」

 

郭「まず故郷の山東省で一番有名な都市は青島市なのですが、自然も美しく文化財も多いところです。また山東省は孔子の故郷なので孔子にゆかりが深い場所です。長崎にも孔子廟があるのを見て、よその土地という感じがしなくて非常に親しみを感じました。

 

大学時代にいた湖北省はやはり私の母校である武漢大学が印象深いです。国内でも有名な大学で、先ほどお話しましたが、キャンパスが広大で景色が素晴らしいところです。キャンパス内にバスが走ってるくらい広いんですよ。自然も豊かで春には桜、秋には紅葉、冬には梅と四季折々いろんな木々や花が楽しめます。また大きな湖があり、皆の憩いの場になっています。

 

上海はビジネスの中心なので、経済活動が活発で活気があります。なのでショッピングを楽しむには最適です。物価が高いイメージもあるかと思いますが、私は品質が良い物を比較的お得に買えるのではないかと思っています。デパート等はもちろんそれなりの価格はしますが、個人商店などで同品質の商品で、それにかかるお金を考えてみると地方よりむしろお買い得感があるんじゃないかと。。。

そして上海は長崎に近く、定期路線もあり安く行けるので、長崎の方が気軽に来て楽しめる場所だと思います。」

 

 

 

山「では最後の質問です!これから長崎での生活が始まりますが、こんなことをやってみたいなぁとか、期待することとか何かあれば教えてください」

 

郭「仕事面ではまず、一日も早く国際交流員として仕事に慣れ、少しでもお役に立ちたいと思います。そしてプライベートでは県内の色んな場所を見て回りたいです。長い休みの時には長崎以外のところにも行ってみて、見聞を広げたいなと思います。滞在中は日本人・外国人問わずたくさんの友だちを作りたいと思います。皆さん、これからよろしくお願いいたします!」

 

 

 

 

インタビュー中もこちらの質問にハキハキと答え、

とても明るく感じの良い郭さんでした(´・∀・`)

これから長崎と中国との交流の懸け橋として頑張ってくださいーーー!!!(。≧▽≦)ノ~~

加油♪♪゚+。(о’∀’)b

 

 

出島ネットワークではメルマガ会員を募集中です!

登録していただいた方には長崎県の旬の情報やイベント情報を月1回メール(英語、中国語、韓国語、日本語のうち希望言語)でお送りします♪

ウェブサイトには載せていない、長崎に関する小ネタやマメ知識もお送りしていますので、ぜひぜひご登録よろしくお願いします^^

登録はこちら!→https://dejima-network.pref.nagasaki.jp/visitors/

 

 

 

<おまけ>

 

郭さんに一度会ってみたい!郭さんと日本語や中国語でお話してみたい!

っと思われた方!!

 

長崎県国際交流協会の「CIRと話そう!」では、

毎週水曜の午後、県の国際交流員(イギリス、中国、韓国)の3名が、

交代で協会内のフロアに常駐しますので、思う存分お話できますよー!!(=゚ω゚)ノ

週によってCIRが変わりますので、スケジュール等はこちらでご確認くださいね♪

http://www.nia.or.jp/

 

 

 

3/7 国際交流イベント 「第2回 うちんがたの料理で世界一周 Home Cooking from Around the World, Part2」リポ♪

10Apr 2015 yamaguchi

こんにちは!yamaguchiです^^

4月になりましたねーーー!!春の陽気ですねーーーーー!!
。。。と、言いたいところですが、、、

ここ数日天気が荒れ気味で“春の嵐”が吹いている長崎です。。。
ちょっと晴れ間が見えると心がウキウキします~♪(o’ω’o)

 

春は何かと慌しいシーズンなので、ソワソワもしているのですが。。。(;^ω^)

 

 

 

 

今日はずぅーーーっと紹介したかったのですが、

ドタバタで延び延びになっていた国際交流イベントのリポートを投稿します♪♪

(投稿が遅くなってすいません。。。m(_ _)m)

 

 

 

 

実は過去に何回かご紹介したことがあるのですが、

この国際交流イベントは長崎県国際課が年2回開催している、

JETプログラム参加者と県民の皆様の交流イベントです♪

 

 

 

 

今回のテーマは、、、

「第2回 うちんがたの料理で世界一周」!!

(Home Cooking from Around the World, Part2)

 

 

 

ここで“うちんがた”という言葉に注目!!

皆さんご存知かもしれませんが、念のために説明します。。。(・∀・)

長崎弁で「わたしの家=ホーム」という意味です。。。つまり自分たちのお国料理で世界一周できちゃうというわけ 笑

うわーーー!!なんとお得な世界一周っ!!(*≧▽≦*) ← 単なる食いしん坊。。。(*`艸´)笑

 

 

 

第2回ってことは、第1回があったわけですが、

第1回目の様子はこちらをご覧ください^^

https://dejima-network.pref.nagasaki.jp/reporters/14449/

 

 

 

 

さて、さっそく本題に入りましょう♪

今回のイベントでは中国料理チーム2班、韓国料理チーム2班、

イギリス料理1班、パキスタン料理1班の計6班に分かれて、

JETプログラム参加者と県民の皆さんの混合チームで調理を行います(=゚ω゚)

 

 

今回もたくさんの方々にご参加いただきました♪

 

 

主催者側の挨拶も終わり、調理スタート!

 

ここからは6班それぞれの調理の様子を写真中心でお届けしますので、

何を作っているか想像してみてください♪♪

皆さんご存知の料理もあるかもしれませんよ。。。笑

 

 

 

中国料理チーム その1

   ↓   ↓   ↓

 

 

 

 

 

 

中国料理チーム その2

  ↓   ↓   ↓

 

 

 

 

 

 

 

韓国料理チーム その1

 ↓   ↓   ↓

 

 

 

 

韓国料理チーム その2

 ↓   ↓   ↓ 

 

 

 

 

 

イギリス料理チーム

↓   ↓   ↓

 

 

 

 

 

パキスタン料理チーム

 ↓   ↓   ↓

 

 

 

 

yamaguchi、皆さんの調理風景を撮るためにうろうろしてたのですが、

あちこちから良い香りが漂ってきて、お腹の虫が鳴りまくり。。。

途中で、本来の目的(写真を撮る)を忘れてました。。。(;´Д`) 笑

 

 

 

皆さん、初めて作る料理ばかりで最初はちょっと緊張してましたが、

だんだん打ち解けておしゃべりしながら楽しくクッキングしてましたよ^^

 

 

 

出来上がった料理はこちらっっ!!

 

 

 

 

正解は、、、

中国料理チーム1班・・・水餃子

中国料理チーム2班・・・三杯鶏

韓国料理チーム1班・・・キンパプ(韓国風のり巻き)

韓国料理チーム2班・・・トッポッキ

イギリス料理チーム・・・ポテトケーキとアボカドサラダ

パキスタン料理・・・チャナマサラとロティ

 

皆さん、お分かりになりましたか???

 

 

 

出来上がったところで、皆さん仲良く試食ターーーイムッ!!

 

 

 

 

 

 

気になる料理の感想は、、、

「ぜーーーんぶ、美味しい!!」っと皆さん口を揃えておっしゃってました(´・∀・`)

yamaguchi、愚問にも「この中で一番美味しいのはどれですか?」っと、尋ねてしまったことを反省しました。。。笑

 

「でもあえて言うなら。。。」っと、一番多く名前が挙がったのはこの料理!

 

 

 

中国の三杯鶏(「サンベイジー」と読みます)!!

(三杯鶏チームのキャプテン曰く、「ちょっと黒く煮詰まりすぎた。。。」らしいですが、

鶏肉に旨味がギュっと凝縮されていてすごく美味しかったですっっ!!)

 

 

 

 

しばらくのお食事&交流タイムのあと、

各チームのキャプテン(JETプログラム参加者)がそれぞれの料理を説明しました!

 

 

 

  

 

各料理の説明を聞きながら

どの国の料理も地元の人々に長い間愛されてきて、

ポピュラーな料理になったんだなって思いました。

由来やその料理に対する雑学的なものまで知ることが出来て

「へぇー!」っとすごくためになりました。。。

 

 

 

 

いまさらなんですが、、、

料理って世界のいろんな人たちと仲良くなれるツールにもなりえるってことです!!

逆に言えば、、、

仲良くなりたいなら料理は有効なツール!

心をつかむには、まず胃袋をつかめ!ってことですかね。。。!!笑

 

 

 

 

最後にはお楽しみ抽選タイムがありまして、

今回も盛況のうちにイベントを終えました!!

 

 

 

次回も楽しい企画で皆さんをお待ちしています♪♪

興味を持たれた皆さん!次回はぜひぜひご参加くださいね♪

毎回人気イベントなので、次回の開催告知が出ましたらお早めにお申込みください★★

長崎県国際課のホームページor出島ネットワークでお知らせしますので、随時チェックしてくださいね(*゚∀゚)ノ~~~

 

 

出島ネットワークではメルマガ会員を募集中です!

登録していただいた方には長崎県の旬の情報やイベント情報を月1回メールでお送りします♪

登録はこちら!→https://dejima-network.pref.nagasaki.jp/visitors/

 

 

 

長崎発グローバル人材育成プログラム主催 会社見学イベント;学生インタビュー!

31Mar 2015 yamaguchi

今回はこちらの記事の番外編で、学生の皆さんに少しお話が聞けましたので、

少しご紹介しようと思います★(´∀`)

 

 

まずは中心メンバーとなる

長崎発グローバル人材育成プログラム学生運営委員会の皆さん

 

 

 

左から西本さん、尤さん、福田さん

 

※以下インタビュー部分は敬称略

 

 

 

山 「このプログラムに参加してよかったことは何ですか?」

 

西 「一番良かったと思えることは県内の大学や国の垣根を超えて仲良くなれることです。

また留学生と日本人学生がcafeトーク(留学生と日本人学生混合のグループに分かれて一つのテーマについて話し合う交流会のようなもの)で、自分の国とは異なる文化を知ることができる点です。

私もこのプログラムに参加して留学生に 「私の国ではこうだけど、日本ではどうなの?」 って聞かれて、逆に日本の事を考えるきっかけになりました。」

 

 

尤 「定期的に開催されるイベント等で日本人学生と気軽に関わりあえる場を持てるのが良いと思います。ここに来れば交流できるという安心感というか。。。」

 

 

 

 

山 「このプログラムは学生が主となりイベントの企画・運営をされていると聞きましたが、実際に活動してみてこんなところが難しいなぁ、もっとこうした方がいいなぁと感じる点はありますか?」

 

 

皆 「このプログラム自体の知名度がまだまだ低いってことですかねー。。。」

 

 

福 「あと、、、イベント毎の留学生と日本人学生のバランスも少し気になります。。。

このプログラムに登録する学生は基本的にやる気のある人たちばかりなんですけど、留学生は元々日本で勉強したいという高い志を持っているので、学びたいという意欲が高いです。イベントや集まりも積極的に参加してくれます。

日本人学生も意識高い人が多いのですが、アルバイトや他のサークル活動もあり、どうしても参加者が毎回固定化されてしまいます。また、特に英語圏の留学生でまだ日本語の能力があまり高くない留学生は、イベントの時にちょっと苦労してるかな。。。と思います。どうしても共通言語が日本語になっちゃうので。。。なので共通言語が英語のみというcafeトークというのも開催しています」

 

 

 

山 「ところで、なぜこのプログラムに参加しようと思ったのですか?」

 

 

西 「もともと私が新しいことにチャレンジするのが好きな好奇心が強い性格なので、特に深く考えずに“面白そうな活動がある”って飛び込んでしまったんです(笑)企画するのも好きだし自分に合ってました。

あと、私は長崎県外出身なので、大学入学当初は長崎の友人や知り合いが少なかったんです。友だちをたくさん作りたいっていう理由もありました。今では他学部・他大学にもたくさん友だちができて楽しいです。」

 

 

福 「私の場合は動機が少し変わっていて、、、入学時の新入生説明会の時に教授から「(当学部は)武器がない」っと脅し(!?)をかけられました。。。つまり卒業に必須の資格はなく、就職に有利な資格を取得するかどうかは本人の努力次第って言われました。

何か新しいことをやってみたいなと漠然と考えていた時に、このプログラムの存在を知りました。最初は運営メンバー側になるとは思ってなかったんですが、「迷ったら一歩踏み出してみよう!」と思い切って学生企画運営側に携わってみました。」

 

 

yamaguchi、インタビューしながら終始感心してしまいました。。。

自分が学生だった時はこんなにしっかりした意見が言えただろうか。。。(゚д゚;)

まさしく“意識が高い”学生さんばかりでしたーーー!!(*≧▽≦*)

 

 

続いて留学生の方にも少しお話を伺いましたっっ♪

 

 

 

左から江さん、郝さん、董さん(全員中国出身)

※以下インタビュー部分、敬称略

 

 

 

山 「今日見学したところで一番印象に残っているところや感想があれば聞かせてください。」

 

 

江 「やはり造船所が印象的でした。実際に船を見たのが初めてなので、その大きさと複雑さが素晴らしいと思いました。その他にも塩工場も普段私たちが使う塩を作る流れがよくわかって楽しかったです。」

 

 

郝 「私も造船所です。私のふるさとは海がない地域なので船を見る機会もあまりないんです。今日は本物の船を見ることができ嬉しかったです。あと、各会社で私たちを案内していただいた方々がとても親切だなと思いました。」

 

 

董 「私は行った先々とても印象深くてすごく勉強になりました。造船所はとにかく巨大で何もかも迫力がありました。塩工場も長崎のきれいな海水を使いさまざまな工程を経て大切に作られていることがわかりました。ド・ロ神父記念館もド・ロ神父の活動を物語るものや当時使ったものが綺麗に保存されていて、現代にも影響を与えていることに感銘を受けました。昔の遺物を見ることで当時に思いをはせ、考えさせられるので不思議だなと思いました。」

 

 

 

山 「このプログラムに参加して良かったなと思うことは?」

 

 

皆 「とにかく日本人の学生と授業以外で仲良くなれます。」

 

 

江 「私は日本人と話すのが大好きです。このプログラムはいろんなイベントがあって、日本の人や他の国籍の人たちとも出会え、気軽におしゃべりできるのでとても良いと思います。

今、学校の寮に住んでいるのですがルームメイトが同じ中国人なので会話するときはどうしても母国語になってしまいます。

また長崎に留学に来てプログラムに参加してみて日本の文化や日本人の考え方を直に感じることができました。これは教科書ではわからない日本の姿だったので良かったと思います。」

 

 

 

山 「今日は日本の企業を見てまわりましたが、ズバリ皆さん、日本で就職したいと思っている方はいますか?」

 

 

董 「チャンスがあれば日本で就職したいなぁとは思っています。。。」

 

 

郝 「まだ考え中です。。。当面は院への進学に集中して、それから考えたいなとは思っています。」

 

 

江 「私は今交換留学で来ているのですが、国に帰って日本語の勉強を続け、将来は大学の日本語の先生になりたいと思っています。」

 

 

 

 

日本人の学生さんと留学生の方にそれぞれお話を伺いましたが、

このプログラムに参加さることによって日本人学生は留学生に、留学生は日本人学生にお互い良い刺激を受けているそうです(●´ω`●)

国籍を交えてお互いのことを話すと「ここは同じだ」とか「こんなところは違うな」と日々発見があって新鮮とのこと!

 

 

 

また、プログラムのコーディネーター(職員)の方ともお話しましたが、

「学生主体なので、イベントの運営は基本的に学生に任せています。日々試行錯誤しているみたいですが、イベント毎に日々成長しているのが見てとれます。お互い人格的に磨かれているように感じます。」

…っと、学生の皆さんの成長ぶりに頼もしさを感じているそうです。。。(*´ェ`*)

 

国を超えた個人レベルでお互いのことを理解すると、相手の国や文化に対する親近感は一生モノじゃないかなと思いますっっ!!←これは私の経験上からも力説します!(`・ω・´)

 

 

今後も学生さんたちの国際交流の場に積極的に参加していきたいなと思わせる楽しいイベントでした!d(‘∀’o)

 

 

この「長崎発グローバル人材育成プログラム」の詳しい活動内容はこちらをご覧ください

↓      ↓      ↓

http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/renkei/renkei/index.html