<壱岐地区>

壱岐焼酎☆蔵見学 玄海酒造

18Nov 2015 tomocchi

 

 

麦焼酎発祥の地 長崎県壱岐(いき)島は、
人口約3万人の小さな島に、7軒もの焼酎蔵元が伝統を守り続けている
まさに焼酎天国!

 

 

壱岐に来たからには焼酎の蔵めぐりはハズせません!
今回は「壱岐ゴールド」で有名な、玄海酒造さんにお邪魔しました☆
壱岐で一番高い山「岳の辻(たけのつじ)」のから湧き出る水を使って、
1900年から焼酎造りをしている老舗です。

 

 

まずはじめに壱岐焼酎の歴史や製造工程がよくわかるDVDを観賞。
そのあとは壱岐焼酎の工場見学にGO♪

 

 

まず目に入ってくるのは、びっくりするほど大きな焼酎の貯蔵タンク。
一生かかっても飲みきれないほどの量が入っています!

 

 

壱岐焼酎の特徴は、麹(こうじ)に米を使うこと。
麦2に対し、米1の割合で配合することで、
香りが高く、上品な甘みの壱岐焼酎になるのだそうです☆

 

 

こちらは麹(こうじ)室。
蒸した米に麹菌を加えて一晩置いているのだとか。
ほわっと良い香りが立ち込めていますヾ(゚∀゚ゞ)

 

 

こちらは1次仕込みした米麹に蒸した麦を入れ、発酵させているところ。
耳を澄ますと麹(こうじ)が「シュワシュワ・・・」と発酵する音が・・・。
「おぉ~麹が生きている!」と改めて感慨深い気持ちになりますヾ(*・∀・`)o

 

 

こちらは樽貯蔵の小屋。
長い年月をかけて熟成させることで旨みが増すのだそうです。
ちなみに樽の黒ずみは、麹菌の働きによるものとのこと!
建物の壁まで黒ずんでいました。

 

 

さぁ、お待ちかねの試飲タイム!
工場隣接の資料館では、昔の酒作り道具等の展示をみながら
焼酎の試飲やショッピングが楽しめます。

お店でよく見かける壱岐焼酎の代表格から、島内限定販売のレアものまで、ずらり!

 

 

「ルート382」という、壱岐島内でしか販売されていない限定酒にチャレンジ!
国道382号線は、佐賀県唐津市から壱岐を通って長崎県対馬市まで、
海上国道の区間も含めて一本の国道。

 
「ルート382」は壱岐産の米麦を使用し、
国道382号線にちなんでアルコール度数も38度とした壱岐限定の焼酎です。

 

 

新鮮な魚介類に合いそう!
これからの季節は鍋にもぴったりですね~ヾ(o´∀`o)ノ

 

 

壱岐の豊かな自然と歴史が生んだ壱岐焼酎、
壱岐にお越しの際には、本場の蔵元で工場見学をしながら
楽しんでみてはいかがでしょうか☆

 

 

壱岐焼酎 各蔵元の情報はこちら↓
http://www.ikikankou.com/wp/?cat=37

 

 

 

 

【壱岐焼酎 玄海酒造】

 

所在地:〒811-5125
長崎県壱岐市郷ノ浦町志(し)原西触(はらにしふれ)550の1番地

玄海酒造株式会社
電話番号:0920-47-0160
FAX番号:0920-47-0211
http://www.mugishochu-iki.com

見学時間:(月~土曜日)9:00~17:00 (日曜日)10:00~16:00
店 休 日:1/1~1/3、8/15
駐 車 場:10台

※工場・資料館の見学は予約制。
※運転される方の試飲はご遠慮ください。

 

壱岐日帰り旅と梅屋 徳子様の里を訪れ

10Apr 2013 robert

このたびは、前回 孫文.梅屋 庄吉と長崎の館長サミットの開催に大変感謝いたしております、その会によって、私長崎と中国のゆかりをもっと知っているようになりました、さらにそれに興味をもち、今回梅屋 庄吉の奥様である徳子様の里を訪れさせていただきました。また、この場を借りて、私に切符をくださった韓様に及び本当にもうゲットできなかった切符をくださった空港の方々に、皆様にお礼を伝えてきたいと思います、この一日の旅は本当に私にとって、すごく値打ちがある旅だったと思いました、皆様 ありがとうございました。

つきましては、今日一日の見聞を語っていきたいと思います

朝早起きの苦手な私は、夕べ一晩あまり寝てなかった、今朝ちゃんと起きられるかとずっと気になっています、ようやく6時のアラームが鳴ったが、寝違えて、痛くて首も動けなかった、しかも朝6時ごろ気温は7度だった、余裕をもって、6時20分に家を出ました、諫早学校から空港まではスクータで30分くらいかかりました、空港に辿り着いたのは6時53分でした、7時50分の飛行機なので、チェックイン搭乗券をもらって、安検を受けって

椅子に掛けたのは7時10分でした、そうすると、小型な飛行機が目の前にありました、

便名はORC 41 7時45分の離陸で、8時15分も壱岐に到着しました、空中が本当に短い旅ですが、他の国外内線と違って、スピート遅くて、結構下の風景、様子など全部目に入ります、高さも他と比べて、結構低かった、空中の楽しみはまだ満喫できていないのに、アナウンサーの方も着陸準備の情報が入ってきました、今回空中旅は私にとって一番短かったです、しかも旅客機も一番小さかったのです、壱岐空港は長崎空港より小さいですが

外国人を招くためにインフラクチャ―がちゃんと出来ています、例えば、空港の案内板、バスの案内等全文日、中、韓、英文が揃っています、

運転手さんも地元の方々も丁寧でとても優しく感じました、ここで少し五島と同じようなことを感じました、人口過疎化の街になりつつある、私と同乗している方々は全部50歳過ぎのおばさん、おじさんたちでした、これを見て、心がにわかに落ち込んでいました、この町の将来のことを気になりました、これも僕たち直面の難題であると思いながら、バスが約20分ほど、本町という駅に着きました、

ここに小さな駅が商店街の奥にあります、前は道路側にあったけど、いつか奥の方に移したそうです、この待合室に入って、

親切な駅員の方は受け付けました、私今日行きたい所を梅屋 徳子様の里である勝本町です、駅員の方あまり知らないように見えます、すぐわかり方に電話したそうです、間もなく私に返事をくれました、徳子様とゆかりのある墓は勝本町塩谷の近くにあるそうです、但しバスの便数が少なくて9時55分のにしました、まだ時間があるので、近くにある店を回りました、お土産屋さんに今回の旅の印として、すこし買いました、手焼きするめと壱岐和牛カレーです、55分のバスに乗りました、山道か、朝早起きか 入った途端、すぐ寝てしまいました

、運転手さんに起こされまして、塩谷でおりました、具体的な場所を近くにいるおばさんたちに聞きました、梅屋庄吉の奥さん徳子様と言って、すぐ道を教えてくれました、イルカパークの行く途中にありました、空き地の真ん中に「梅屋 トク ゆかりの地」の碑が建てられています、やった!

やっと今日の任務が完成! 場所は壱岐市勝本町塩谷のあたりです、覚えてください

これから、もっともっと多くの方々が訪れてくると思っています、梅屋 庄吉氏のことが

わかっていれば、この日がいつか来ると信じています、ここで中国人の皆様にも声をかけます、是非僕たちの友人、国を救った友人を大事にしてください、中日永遠友好のため頑張りましょう。

ここで、イルカパークに移動します、塩谷を通って、左側に回って、0.5キロ―くらい歩いていけば、イルカパークが見えます、途中すごくきれいな浜辺が見えてきます、青い空、蒼い山、青い海といっても過言ではありません、

そこで少し五島半泊りでやったことを思い出した、浜辺のごみの確認、思う通り、韓国、中国、日本のごみでした、これは誰かわざともってきたじゃなくて、国々から風や波の力で壱岐に漂い着いたゴミです、詳しく見ると中国のブランド品である“娃哈哈”もありました、しかも上海から漂ったウオーターボットもありました、

韓国語読めないので、結構ありました、

次先ほど紹介したイルカパークに入ります、入場券:200円 一日内に何回でも可能だそうです、10:00、13:00、16:00のごはんタイム時間なので、みることができますが、イルカと遊ぶことが禁ています、そこで3か月前に壱岐イルカパークに入社した大崎さんと盛り上げて、友達になりました、FACEBOOKを利用して、イルカパークの知名度をアップできることも語りました、今寒いので、お客も減っているようです。あいにく 私行ったときはごはんタイムなので、結局見ずにお挨拶をして、原点の塩谷に戻りました、

そこから二つ手前の勝本入口という駅で帰りのバスをお待ちします、そこで時間を潰して、一軒のお土産屋さんのところで、お土産用の物を買いました、手ごろな値段でいっぱい買いました。

本町に着いたのは1時40分でした、お昼まだしていない私は近くにある海岸 和食レストランでトンカツ定食を頂きました、値段は1100円、茶碗蒸しと、タコと大根煮物と味噌スープでとてもおいしく食べました、

島で電波がなくて、心配な方は壱岐はWIFIがあっちこっち配置されているそうです、結構大丈夫です、帰りは日によって、空港までのバスは変わりますので、例えば水曜日の場合は17:05分で本町で乗ります、空港に着いたのは17:25分くらいです、曜日によって、変わることはよく覚えといてください、18時ちょうど発長崎大村18:35分で大村に着陸しました、これで今回の旅はピリオドをお打ちでも大丈夫かな、家に着いたのは19:00です、とりあえず 今日の旅で少し疲れてきましたが、とても楽しかったんです、最後お願いですが、これを見ていただいた皆様は是非 みずなり お越し管覚ますようオ願ってい折ります、また 友達を誘って 一緒に一晩泊まっても もっと面白いではないかなと思いました、それでは、長文章を最後までお読め頂き、誠にありがとうございました。 

                                                                                

                                                                     2013.04.10

                                                                     報告者:陳羅根