<諫早・大村地区>

英語講座in大村!

01Oct 2014 Kai

大村市松原包丁

29Sep 2014 Kai

 

松原包丁は、大村の多くの市民によく知られた調理器具です。その切れ味と丈夫さは大変有名です。しかし、松原包丁の歴史はあまり知られていません。松原包丁の製法は、平家によって伝えられたといわれています。この地域では、最も古い製造業です。

 

 

500年の歴史の中で、侍の武器から包丁へと発展してきました。完全な手作りで、同じ規格でも同じものが2つとないところが気に入っています。

 

 

松原包丁と同じように、大村にもさらなる「切れ味」を期待しています。商店街には、流行の店が集まってほしいものです。学校教育だけでなく、多文化や芸術の成長においても、大村の発展を望んでいます。さらに、科学技術や観光で、cutting edge(最先端)を走ってほしいのです。

 

 

私たちの大村は、既に素晴らしい街です。しかし、この街の真価を発揮し、時代の最先端に適応するために、私たちはコミュニティとして一緒に努力していかなくてはなりません。大村が、他に類を見ない都市になることを願っています。

 

 

大村寿司を食べてみんね!

17Sep 2014 Kai

 

 

    私は、大村寿司が大好きです。甘味と塩味の絶妙のバランスがたまりません。ホームパーティーや、家でくつろいでいるときに食べるだけでなく、ときにはドライブにも持って行きます。

 大村寿司を人に例えるなら、大部分を占める『酢飯』は、その命といっていいと思います。その酢飯に甘みを与える『砂糖』は、他人を思いやるあたたかい心。地中に育つ『ごぼう』は、人生という旅に安定を与えるもの。見た目は地味でも、味わい深い『しいたけ』と『かんぴょう』は、内に秘めた強さやモラル。まるで着物のように美しい『錦糸卵』は、その人が持つセンス。色鮮やかな『はんぺん』は、それぞれの人が持つ独自性。

 まるで交響曲のように、大村寿司は、それぞれの具材が一体となってハーモニーを奏でるのです。

<インタビュー>諌早市街観光グルメマップ!!

08Aug 2014 yamaguchi

こんにちは。(・∀・)

あいにく先週から雨が降ったり止んだりの長崎。。。(゚д゚;)

台風が一つ通過したと思ったら、またすぐ今週末に別の台風がやって来そうな気配で、

日本って、、、九州って、、、そして長崎って台風とは切っても切れない縁なんだなって再認識しているyamaguchiです。。。

夏休み中、しかも週末ごとにお天気が崩れるのは何となくテンションが。。。(´・ω・`)↓↓

こんな時は涼しい室内でちゃんぽんとカステラを食べるに限る。。。笑(^ω^)

 

 

 

さて、今日は出島ネットワークをご覧の皆さんにご紹介したいものがあります!

 

 

それは、、、

 

 

 

ジャンッ♪♪

 

 

諌早市街観光マップ!!

 

 

 

中身はこんな感じ。。。

オールカラーで見やすい作り。。。

 

 

 

 

 

しかも、最大の特徴は

日本語だけでなく、中国語(一部モンゴル語)・韓国語のバージョンも存在する点!!

(※ちなみに英語は日本語版に併記されています(´∀`))

 

 

ところで、

「おっ!こんなマップがあったんだ!」「初めて聞いた!」

っと思った皆さん。。。

このマップを作った人たちをご存知でしょうか??

実は諌早にある長崎ウエスレヤン大学の学生の皆さんなのです。(*´∀`)

 

 

「諌早にある大学の学生さんが、地元の観光マップを作る。。。」

おっ、何だか面白そうな活動!(。・w・。)

 

 

さっそく製作に関わった学生さんに直接お話を聞く機会がありましたので、

皆さんにもご紹介します。

 

 

 

長崎ウエスレヤン大の友永さん(左)と

同大韓国人留学生のベクさん(右)

 

 

 

○     このマップの特徴は??

 

・  日本人学生と留学生でチームを組み、多言語化したところです。また言語別にオススメする観光コースを変えました。例えば韓国の人は登山が好きなので、韓国語版に“山登りコース”を入れてみたり。その国の人の好みに合わせて作りました。

また、見てお分かりの通り、紹介している各店舗やコースの横にQRコードをつけているのですが、それをスマートフォンで読み込めば実際に自分たちが撮った動画を視聴できるようにしました。

 

 

 

○     製作時に苦労したところはありますか??

 

・     観光客の方には、どれかのコースを選んで基本歩きながら観光を楽しんでもらうるように設定しているのですが、実際にマップを製作するときは1日に何ヶ所もいろんな所を回らなければならなかったので、食べて歩いて食べて歩いて、、、の繰り返し。結果お腹がパンパンになりました(笑)

 

 

・     あと多言語化するにあたり、違う国の学生などに手伝ってもらったりしたのですが、(言葉の面だけでない)意思疎通が大変なこともありました。今となっては良い思い出ですが。。。

 

 

・     コース作りするために必要なので1日に何コースも歩いて回って、、、疲れましたね(笑)でもこの作業を通じて日本人とより一層仲良くなれました!

 

 

 

○     お2人は学生さんで、大学のキャンパスがある諌早で活動して、普段から生活の一部として諌早の街を見慣れていると思いますが、今回調査してみて新しく知ったことや、改めて好きになった場所やモノはありますか?

 

・     今回諌早の市街地を回ってみて、改めてお店の多さに驚きました。こんなにあるとは思わなかったです。実は皆さんにあまりよく知られていない美味しいお店や、知る人ぞ知るお店など。。。

 

 

 

○     例えばどんなお店??

 

・     特に学生や食いしん坊の方には嬉しいボリュームがあるけどコストパフォーマンスが良い食堂や、スイーツを頼むとコーヒーが無料で飲める洋菓子店とか。。。

 

 

・     調査で幸駅界隈(本諌早駅の隣)も回ったのですが、美味しいお店が多かったです。しかも地元の人以外にはあまり知られていないエリアなので穴場です。個人的に気に入りました。特にスイーツのお店はオススメです!

 

 

 

○     ベクさんはスイーツがお好きなんですね^^

 

・     韓国でも日本と同様にスイーツが好きな女性は多いです。「スイーツの食べ比べ」が旅の目的の一つになっていたりしますし。。。しかし韓国はスイーツの種類が日本ほど多くないんです。日本のスイーツは種類も豊富で美味しい。魅力的ですね。

 

 

 

○     どんな人にどんな風に使って欲しいですか?

 

・     まずは諌早を旅行で訪れる人に「こんな場所があるよ」「こんな美味しいお店があるよ」って知って欲しいです。諌早を知ってもらう1つのツールとして。特に諌早は場所柄、観光地から次の観光地までの通り道になるパターンが多く、なかなか駅を降りて市街地の方まで足を運ぶ方は少ないです。

 

 

・     日本語以外のバージョンも作ったので、ぜひ海外の人に使ってほしい。掲載しているところは全て自信を持ってオススメできるところなので!

 

 

○     今回日本人学生と留学生一緒になってこのマップを作ってみて、「今度はこんなことしてみたいなぁ」という願望・・・っというか、野望というか(笑)はありますか?

 

・     今回は大学がある街として身近な諌早をマッピングしましたが、できるのであれば県内の他の市や町もマップ化してみたいです。今回留学生と一緒に調査してみて楽しかったです。外国人に長崎の歴史や文化を知ってもらう良い機会にもなったし、日本人学生にとってもコミュニケーション力が高まり視野が広がりました。

 

 

 

○     あっ、話に夢中になって大事なこと聞きそびれてました(笑)。ちなみにこのマップはどこで手に入りますか??

 

・     諌早市役所と、マップに掲載しているお店、そして長崎駅の観光案内所でも手に入ります。長崎駅から「次どこに行こうかな」と迷われている方は、ぜひこの諌早観光グルメマップを手に取って諫早駅で降りてください(笑)

 

 

ー*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 

 

 

 

諌早というと眼鏡橋などの名所、ウナギなどの美味しいグルメ、

最近ではJ2サッカーチーム”Vファーレン長崎”のホームグラウンドがあり、

しかも長崎県内移動時の重要な分岐点のまち。。。

でもそれだけじゃない!もっといろんな魅力があるって再発見しました!

 

 

 

確かに、数ヶ月前にふらっと諌早散策をしたとき、

以前に比べて街中におしゃれなカフェや飲食店が増えたな~という印象を受けました!( ・∀・)

 

 

掘り起こせば、魅力という名の宝物がザクザクとたくさん出てくる

ワクワクの詰まったまちなのかも・・・ヾ(*´∀`*)ノ

そんな可能性を学生の皆さんの活動から感じました。

 

 

 

いつの日かこのマップを手に諌早の街を散策する外国人の方でいっぱいになりますように・・・。

 

 

 

皆さん、この「諌早市街観光グルメマップ」、ぜひお手に取ってご覧下さいね!!

 

 

 

 

★番外編★

インタビュー中。。。

○     ひとつ気になることが、、、コースの中に“名もなき公園”ってあるが、本当にこの公園には名前がないの??

・     あっ、本当に名前が無いんです。なので“名もなき公園”です(笑)

 

 

○     (地図上で見ると)この公園は市街地から少し離れているが、あえてコース内に入れた理由は?

・  とにかくここから見る夕日が綺麗なんです。お勧めです!!

 

 

緑に囲まれた「諫早市美術・歴史館」

19May 2014 tomocchi

2014年3月1日オープン!!出来立てほやほやの「諫早市美術・歴史館」

 

 

 

 

諫早市に元々あった郷土館の史料をはじめ、諫早市の由緒あるお寺や神社、
個人のお宅などに伝わる史料100点が展示された、

諫早市待望の美術・歴史館が開館しました。

 

 

 

木漏れ日と格子の合間から見える緑が美しいエントランスロビー

 

 

 

 

美術・歴史館は昔の伝統的な建築をイメージした建物で、

格子が取り囲む姿がとても落ち着いた雰囲気。

 

 

 

この場所には元々幼稚園があり、

緑豊かな散策路「高城(たかしろ)回廊(かいろう)」や

諫早高校内にある庭園「御書院(ごしょいん)」のすぐそばのため、

美術・歴史館からも諫早の美しい四季の景色を感じることができます。

 

 

 

最上階の3階には、展望テラスが設けられていました。

 

 

 

 

テラスからは「御書院」を一望できます。
上から眺めると、市の中心部でありながら

こんなにも緑が豊かなことにあらためて驚きますね!

 

 

 

 

常設展示室に入ってみましょう。
入ってすぐの床には諫早市の全体図が投影されています。

 

 

 

 

一人ずつマップの上に立ち右足で画面上の赤い丸を動かし、

自分の興味のある場所に持って行きます。

 

 

 

 

赤い丸を持っていった場所の歴史や文化財についての詳細が
正面のモニターで紹介されるという仕組みです。

 

 

 

 

子供達がこの仕組みを面白がって、人気だそうですが、

これをきっかけに諫早の歴史や文化に興味を持って

学ぶきっかけになるといいですね(^-^)

 

 

展示室中央にはタッチパネルがありますが、

これは絵巻をイメージしたものだそうです。

 

 

 

 

土器がいっぱい!諫早市内だけで200を越える遺跡があるそうです。

 

 

 

 

こちらは諫早にゆかりのある野口彌(のぐちや)太郎(たろう)の絵画や

現川(うつつがわ)(やき)が展示されています。

 

 

 

 

諫早歴史学習コーナー

 

 

 

 

昔の民具や農具の展示とともに、古写真を紹介しています。
室内の明かりは時間によって色が変化するそうです。

諫早の眼鏡橋の模型も。ぜひ作ってみましょう!

 

 

 

 

このコーナーでぜひ試していただきたいのがこちら!

 

 

 

 

150年前に作られた指示式電信機
受信機と送信機の二台からなり、日本に現存する最古のものです。

 

 

実際のものは展示室で展示されており、学習コーナーではレプリカで、
この電信機の仕組みを体験することができます。

 

 

諫早の美術・歴史に触れることができる素敵な施設です。
周辺の散策とあわせてぜひお立ち寄り下さい。

 

 

 

 

【諫早市美術・歴史館】
住所:諫早市(ひがし)小路町(こうじまち)2番33号
電話番号:0957-24-6611
開館時間:10:00~19:00
休館日:火曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月3日、特別整理期間

URL:http://www.city.isahaya.nagasaki.jp/post07/12089.html