<諫早・大村地区>

島原湧水群(しまばらゆうすいぐん)&轟渓流(とどろきけいりゅう)

25May 2016 tomocchi

こんにちは!ともっちです☆
今回は、長崎県内で環境省の「昭和の名水百選」に選ばれている 「島原湧水群(島原市)」と

「轟渓流(諫早市)」の魅力をご紹介します!

 

 

◆ 島原湧水群 (島原市) ◆

水の都・島原。

城下町島原は古くから湧水に恵まれ、50ケ所を超える湧水ポイントが点在しています。

 

 

「水が透明すぎて、泳いでいる鯉がまるで空を飛んでいるように見える!」

などとインターネット等で話題を呼び、

外国人観光客も増加中の【湧水庭園 四明荘(ゆうすいていえん しめいそう)】は、

明治時代後期(1910年頃)に豊かな湧水を利用して作られた日本邸宅(国登録有形文化財(建造物))。

 

 

1日約1,000トンの湧水量を誇る池にゆったりと泳ぐ鯉・・・。

四季それぞれに魅力的な四明荘は、何度でも訪れたくなる特別な場所です☆

 

 

 

城下町に点在する湧水スポットで、

おいしい水を飲みながら散策するのが 島原の楽しみ方。

なんと商店街のアーケードにも湧水スポットがあるんですよ!

 

クセがなくって、ヒンヤリ美味しいヾ(o´∀`o)ノ

スポットごとに風味・成分が違うので、飲み比べもおすすめです♪

 

 

こちらは湧水仕立ての名物スイーツ「かんざらし」。

琥珀色の甘いシロップに浮かぶ白玉団子は、つるんとしてほのかな甘さ❤

水の都・島原ならではの美味しさです。

 

 

そして数ある湧水のなかでも、ひときわ人々の生活に溶け込んでいるのが

「浜の川湧水(はまのかわゆうすい)」。

 

 

住宅街の曲がりくねった路地を奥へ進むと、

子どもたちが水遊びをしている場面に遭遇することも!

浜の川湧水の共同洗い場は、

上流から順に1番の食品用~4番の洗濯用まで用途が決められており、

現在でもそのルールが守られているんですよ☆

豊かな湧水に鯉が泳ぐ「名水百選」の城下町・島原を、ぶらり旅してみてはいかがでしょうか☆

 

 

 

◆ 轟渓流 (諫早市) ◆

多良岳(たらだけ)の深い森の中に

大小30もの滝が連なる 諫早市の「轟渓流(とどろきけいりゅう)」は、

透明感溢れる水と自然が作り出す、ダイナミックで美しい景観が魅力です。

 

 

「ザー」っと轟音を立てながら流れ落ちる「轟の滝(とどろきのたき)」は

幻想的なエメラルドグリーンの滝つぼ!

深呼吸してマイナスイオンをチャージしましょう(´∀`)!

 

 

名水百選に選ばれている轟渓流の水は、 透明度が高く、

とっても清らかでくせのない美味しさです。

遠くから水を汲みに来る人も多いんですよ♪

 

 

轟渓流の周囲に広がる森林で 小鳥や樹木たちの声を聞きながら

トレッキングするのもオススメ!

マイナスイオンたっぷりの轟渓流は、

「アウトドア派」にも「癒されたい派」にも人気のスポット。

気分爽快!リフレッシュできること間違いなしですよヾ(o´∀`o)ノ

 

 

 

 

【四明荘(しめいそう)】

住所: 島原市新町二丁目125

料金: 無料

営業時間: 9:00~17:00

店休日:無休

 

 

 

【轟渓流】

住所:諫早市高来町(たかきちょう)善住寺(ぜんじゅうじ)大山(おおやま)

営業時間:終日開放

 

 

 

長崎県大生と地域との交流研修旅行in諫早

09Feb 2016 sun-sasebo

皆さん、ご無沙汰しております。特派員のsun-saseboです^^

 

 

寒い日が続いているなか、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?くれぐれも、風邪をひかないように、お気を付けください。

 

 

そういえば、今日は旧お正月の二日目です。日本で初めて旧お正月を迎えた留学生もたくさんいるか思います。皆さんはどうやって過ごしましたか?よかったらその様子を聞かせてください。(*^__^*)

 

 

さて、今回は昨年12月に実際された本学学生と地域との交流研修旅行をリポートいたします。

 

 

この研修は毎年、本学両キャンパスの留学生と日本人学生が集まり、長崎県内の地域の歴史や日本文化を学んだり体験したりしながら、学生同士、地域の方との交流を行う目的で実施しています。

 

 

昨年12/12土曜日に、留学生を中心とした学生(留学生30名、日本人学生6名)と交流研修を実施しました。

 

 

 

 

今回は諫早市に行き、ゆうゆうランド干拓の里でむつごろう水族館や干拓資料館を見学し、諫早湾干拓について学びました。

 

 

 

お昼は、蕎麦打ちを体験!!自分たちが作った蕎麦がそのまま昼食になるため、みんな真剣に作り方を学びながらも、笑顔いっぱいで作ってくれました♪

 

 

 

 

 

初めてにしては、上手につくれたようで、半分以上がおかわりをもらいに・・・

 

 

 

やっぱり自分たちで作った蕎麦は美味しいようです(*^_^*)

 

次は、高木町にあるとどろき紙工房に行き、湯江紙を使ったうちわ作りに挑戦!!

 

 

 

 

うちわ自体を知らない留学生も多かったのですが、専門家の方に教えていただき、オリジナルのうちわを作れて、満足そうでした(*^^)v

 

 

 

 

 

受け入れてくださったゆうゆうランド干拓の里と、とどろき紙工房の皆さま、大変お世話になりました。ありがとうございます。

 

 

来年も実施しようと考えていますので、日本人の学生もたくさん参加して、留学生の友達を増やしてくださいね(^_-)-☆

 

 

【長崎県立大学公式Facebook始めました!「いいね」をお願いします!】
https://www.facebook.com/sun.Nagasaki

ポルトガル・ウィーク in 大村!

19Jun 2015 Kai

PORTUGAL WEEK IN OMURA!!

【イベント参加お申込み受付中】

※電話またはメールで「イベント名・氏名・住所・電話番号」をお知らせください。

[TEL]0957-51-1048 [メール]info@kokusai-omura.com

 

●ポルトガルワインテイスティング

参加費:1,500円

日時:6月23日(火)18:30~20:00

場所:まちかど市民ギャラリー

大村市本町328-2

 

●ポルトガルギター&マンドリン Marionette ライブコンサート

参加費:1,000円(コーヒー付き)

日時:6月27日(土)

場所:野岳湖公園 義太夫記念館

大村市東野岳町1131番地

  

PDFポルトガルウィークチラシ   PDFジョアン・カルバーリョ絵画展チラシ

 

 

【ポルトガル映画ナイト】

25日 「ボルドーの領事」

原題:O Cônsul de Bordéus

監督:フランシスコ・マンソ

製作国: ポルトガル

製作年: 2011年

上映時間: 90分

言語: ポルトガル語(日本語字幕)

「ポルトガルのシンドラー」と称される人物を主人公にしたドラマ。

本国政府の命に背き、ユダヤ人にビザを発給し続けた在ボルドー・ポルトガル領事の物語。

ドイツのシンドラー、日本の杉原千畝と並び、イスラエルから「諸国民の中の正義の人」という称号を与えられたアリスティディス・ソウザ・メンデスは、第二次世界大戦中の在ボルドー ポルトガル領事でした。ソウザ・メンデスはポルトガル政府の命に背いて、ユダヤ人その他の人びとにビザを発行し続けた人物です。帰国後は不遇の晩年を送ったソウザ・メンデスでしたが、死後、イスラエルより顕彰され、ポルトガルにおいても正式に名誉が回復されました。 そのソウザ・メンデスが迷いの末にビザを発行する決断を下し、次々と襲う困難に立ち向かう姿を描いた映画。

 

26日 「アマリア」

原題: Amália, O Filme (Amália, The Movie)
監督: カルロス・コエーリョ・ダ・シルヴァ
製作国: ポルトガル
製作年: 2008年
上映時間: 127分
言語: ポルトガル語(英語・日本語字幕)
 
「ファドの女王」として知られるアマリア・ロドリゲス。1999年の死去の際には、ポルトガル全土が3日間の喪に服した。本作は極貧の少女時代から国際的スターにまで登りつめたポルトガルの国民的歌手の一生を綴る。挿入歌にはアマリア本人による歌を使用。

 

波佐見町の人気カフェ monne legui mooks(モンネ・ルギ・ムック)

25May 2015 tomocchi

ハイセンスなカフェや雑貨店が話題の、波佐見町 西(にし)(はら)地区。
女子(あこが)れのこのエリアを、てくてく散歩してきました☆

 

 

西の原は以前、約1500坪の波佐見焼の大きな製陶所があったところ。
その建物を活用して近年、おしゃれなお店が立ち並んでいます。

 

 

バス停も、どこか懐かしい雰囲気。

 

 

 

まずは西の原ブームの火付け役!
カフェ「モンネ・ルギ・ムック」へ。
瓦葺(かわらぶき)の屋根に、昭和を思わせる煙突がホッとする外観。

 

 

シンプルかつハイセンスな家具たちが、ごく自然に配置されています。
平日の昼間だというのに、あっという間におしゃれな女性たちで満席に!

 
県外から口コミで訪れるお客さんが多いそうです。
わざわざ足を運びたくなるほど魅力的なカフェ☆

 

 

それでいて騒々しさとは無縁の落ち着いた雰囲気を(かも)()しているあたり、
さすが人気店です☆

 

 

日替わりランチは全て980円。
サラダorスープから1品、そしてメイン料理を3種類の中から1品チョイスできます。

 

 

メイン①「鶏肉と揚げ茄子のココナツミルクカレー」

ココナッツミルクの甘みと同時に、ハラペーニョの辛さが「ピリリ」!
パクチーの独特の香りがクセになりそうな、本格カレーです☆
私の一押しメニュー!

 

 

メイン②「あっさりした鶏のスープごはん」

小松菜のお浸しと、たっぷりの薬味☆
女性に人気の、とろみのある鶏のスープをかけた優しいお味のご飯モノ。

 

 

メイン③「白身魚のフリット 季節の野菜添え」

ケッパーとマスタードで作った甘酸っぱいソースが独特で、後を引く美味しさでした!
サクッと揚がった白身魚とマッチして新鮮☆

 

 

 

店内の階段を上がって行くと、2階にはハンモックが!
「ぶ~らりユラユラ」と展示販売されていました。
腰を下ろしてユラユラしていると、眠気に誘われて、ついウトウト。
あぁ、なんて幸せすぎる午後zzz。。。

 

 

波佐見町でお気に入りの器を見つけた後は、カフェ「モンネ・ルギ・ムック」で、
ゆったりとした午後を過ごしてみてはいかがでしょうか?

 

 

monne legui mooks(モンネ・ルギ・ムック)
住所:東彼杵郡波佐見町井石郷2187-4
電話番号:0956-85-8033
営業時間:12:00〜22:00
定休日:火・水曜日
http://mooks.jp/index.html

 

 

 

千綿駅(ちわたえき)

25Feb 2015 tomocchi

東彼杵町(ひがしそのぎちょう)にある千綿駅にやってきました!

 

 

快速列車は止まらない小さな駅ですが、
写真愛好家や鉄道ファンの間では超有名な駅!

この駅を見るためだけに全国から人がやって来ます。

 

 

私が行ったときも実際に撮影をされていた方がいましたので、

嬉しくなりました(^w^)

 

 

木造のレトロな駅舎の外観に惹かれるのはもちろんのこと、

駅舎に入ると・・・

 

 

ホームへの入口から見えるこの景色!

 

 

フレームに入れられた1枚の写真のように見えませんか!?

レトロな佇まいの小さな駅舎と目の前に広がる穏やかな海
まさに旅情を感じるのにピッタリの場所(* ̄∇ ̄*)

 

 

千綿駅は駅の目の前がすぐ海!

穏やかな大村湾の脇を列車が走っていきます。

 

 

列車がやってきました!

 

 

海岸線に沿ってカーブを描いていることから
安全のためホームには傾斜がつけられています。

 

 

停車している列車は、海側に少し傾いた状態になり、
日本でもここにしかない珍しい駅と言われているそうです!

 
ミラーには青い海がきれいに映りこみますので、要チェック!

 

 

千綿駅には各駅列車しか止まりませんので
時間を確認してからお出かけ下さい。

 

 

 

くれぐれも列車にお気をつけの上、
撮影や見学をして下さいね(o^∇^o)ノ

 

 

 

 

 
【千綿駅】
住所:東彼杵郡東彼杵町(ひら)()田郷(たごう

 

View Larger Map

 

)

PREV123