長崎県在住の特派員情報

6.4長崎平和大学リポート

20Jun 2016 yamaguchi

こんにちは!お久しぶりです。

長崎は今月初旬に梅雨入りし、曇ったり雨降ったりとスッキリしないお天気が続いています。

でも、例年の梅雨シーズンに比べたら雨の日が少ないなぁという印象です。。。

このままこの状態が続くと真夏は水不足!?そっ、、、それは困る。。。((゚д゚;))

雨が続くと憂鬱になりますが、夏本番に水不足になるのはもっと憂鬱になるので、

ここは適度な雨が降ることを願いましょう(・ω・;)(汗)

 

 

さて、今回は先日開催されました「長崎平和大学」についてリポしたいと思います。

すでに出島ネットワークでも過去数回リポートしたことがありますが、

この記事を読んでいる方の中には初めて聞く方もいらっしゃるかと思いますので、簡単に説明しますね。

 

 

【長崎平和大学とは?】

長崎県内の各大学に新規で入学した留学生を対象に、留学地である長崎への理解を深めてもらおうと、春期と秋期の年2回開催されています。

(※「長崎平和大学」というのは行事名で、実際にはそのような大学は存在しません^^;念のため…m(_ _)m)

 

 

先日アメリカのオバマ大統領の広島訪問のスピーチの中にも登場しましたが、

長崎というと、“被爆地”というイメージが世界的にも浸透しています。

被爆者の方からのお話を聞いたり、被爆遺構を実際に目で見ることによって、

戦争の恐ろしさや平和の尊さを実際に肌で感じてもらいたいという目的があります。

 

 

当日は朝からあいにくの雨(長崎平和大学史上初!?)でしたが、

県内大学等11校から今春入学された世界各国25ヶ国、約320名の留学生の皆さんが参加されました。

 

 

 

今年4月に来崎された新規留学生の皆さん

 

 

 

まずは、被爆に関するDVDを約15分鑑賞

 

 

 

 

ここで原爆に関する理解を少し深めてから、

次に実際に原爆の被害にあわれた被爆者の方から被爆体験講話を聴講しました。

 

 

 

今回ご講話いただいたのは、松尾幸子様(写真)

 

 

11歳の時に爆心地から1.3kmのところで被爆し、幸い松尾さんは無傷でしたが、家族は怪我や火傷を負われたそうです。

当時のご家族のお写真を見せながら、多くのご家族やご親戚を亡くされた悲しい体験を切々と語られました。

 

 

 

講話は日本語で進行し、今回も前回と同様、講話内容の4ヶ国語(日・英・中・韓)翻訳スクリプトを事前に配布していたので、留学生の皆さんにとっては講話中に出てくる難しい専門用語や内容理解への助けになったようでした。

 

 

講話後の質疑応答の時間にも学生から質問が飛び出し、真剣に聞いてもらったんだなぁと感じました。

 

 

 

午後からは平和公園に場所を移し、被爆関係や平和に関する被爆遺構めぐりから原爆資料館を巡るコースに同行しました(^^)

 

 

が、しかし、、、

ご覧の通り、午前中から降り続けた雨がさらに激しくなってきまして。。。T^T

このコースは雨天決行!傘やレインコート姿での見学は初めての経験でした。。。

 

 

戦後整備された平和公園や原爆落下中心地ですが、

いたるところに原爆遺構や平和のモニュメントが点在しています。

特に平和公園を出てすぐの防空壕跡や、原爆落下中心地内の当時の地層が見える場所は、

71年前の生活をそのまま留めた場所として、現在を生きる人々に戦争の悲惨さを伝えています。

 

 

 

 

 

こんな悪天候の中でも、熱心に案内していただいたボランティアガイドの皆さんに感謝です!

また、学生の皆さんも雨の中、ガイドさんのお話に耳を傾けていたのが印象的でした。

 

 

 

高齢化によって長崎に住んでいる私でさえ、

戦争体験や被爆者の方のお話を聞く機会はどんどん少なくなってきています。

このようなお話は聞く方も話す方も辛く悲しいですが、“過去にどのようなことがあったのか知る”ことは大事だと思います。

今回参加された皆さんにとっても、

被爆地長崎での貴重な経験になり、平和について考える良い機会になったことを願っています^^

 

 

長崎平和大学、次回は今年11月開催予定です。

留学生以外に一般の学生さんや県民の皆さんの参加も可能です。

 

 

今回の平和大学の様子は、6月5日付の長崎新聞にも掲載されましたので、ぜひご覧ください!

記事はこちら

長崎県新旧国際交流員の離任式&着任式★その2

28Apr 2016 yamaguchi

 

その1からの続きです♪

 

 

さて、、、

ぺさん、郭さんが離任されて寂しさを感じ始めていた頃、、、(´・ェ・`)

新たに中国、韓国から国際交流員の方2名をお迎えしました(*゚∀゚*)

 

 

 

写真左から

中国の周 小慶(しゅう しょうけい)CIR

韓国のソン ミンギョンCIR

 

 

里見副知事よりそれぞれ辞令交付!

 

 

 

 

 

 

 

 

辞令交付の後は、詳しい自己紹介と長崎の印象等を一言ずついただきました。

 

 

周さん「国際交流員として長崎に来るチャンスに恵まれ、光栄に思います。長崎は中国と縁が深い都市だと聞いています。任期期間はあっという間だと思いますが、微力ながら日中の友好交流の更なる発展のお手伝いができればと思います」

 

 

 

ソンさん「希望した長崎県に来ることができ、嬉しく思います。責任感を持って仕事に臨み、かつて日韓の友好交流の使者だった朝鮮通信使にならい、現代の“朝鮮通信使”になれるよう頑張りたいと思います」

 

 

おぉー!お2人から心強いお言葉が!!d(゚∀゚)b

 

 

周さんは中国の江蘇省出身で、現在は上海市で勤務。

大学院時代には日本近現代文学を専攻されていて日本に交換留学していた経験もあり、日本語もバッチリです☆(*´ω`)o

実際に話してみた印象として、日本語への興味や好奇心がすごく感じられました!

ちなみに日本のドラマは『白い巨塔』、『華麗なる一族』等“社会派”がお好きとのこと(=゚ω゚)

お話好きなインテリ系男子です 笑

 

 

 

ソンさんは韓国の釜山市出身ですが、ソウル市での居住経験が長い“ソウルっ子”です。

中学高校時代6年のうちの3年間、日本に留学していたとのことで、修学旅行で長崎に来たことがあるそうです(・∀・)

大学では日本文学を専攻し、日本語もきれいなイントネーションで話されます☆

可愛らしい外見から想像できないカッコイイ趣味もあるとのこと( ☆ω☆)

癒し系のアクティブ女子です 笑

 

 

 

これからの長崎生活を公私ともに充実していただきたいなぁと心から願っています(´∀`)

 

 

 

周さん、ソンさんとお話してみたいな。。。っと思われた方は、

毎週水曜日の午後から長崎県国際交流協会に英語、中国語、韓国語のCIRが交代で常駐していますので、ぜひ遊びに行ってみてください♪(*’ω’*)

詳しいスケジュール等はこちらへ~!

http://www.nia.or.jp/record/index.php/view/106

 

 

 

 

 

長崎県新旧国際交流員の離任式&着任式★その1

26Apr 2016 yamaguchi

こんにちは!yamaguchiです^^

 

 

 

更新が久しぶりになってしまいました((゚д゚;))皆さんお変わりなくお過ごしでしょうか?

皆さんご存知の通り、4月14日、16日に九州の熊本県大分県を中心に大きな地震が発生しました。

被害にあわれた方々には謹んでお悔やみ申し上げますとともに、

一刻も早い復興をお祈りいたします。

 

 

 

長崎県内も揺れを感じたものの、甚大な被害は報告されませんでした。

しかしながら余震が何回も続きましたので、引き続き身の回りにはご注意くださいね!

 

 

 

さて、今日の本題へ、、、

 

 

日本で春といえば、、、出会いと別れのシーズン。。。

ここ長崎県庁でも、今まで中国・韓国の国際交流員(CIR)として勤務されていた2名が任期満了で離れるとともに、その後を継いで新しく着任した新CIRを迎えました(o’ω’o)

 

 

今回はその離任式と新CIRの辞令交付式の模様をリポートいたしますっ!!

 

 

 

まずはその1として離任式の様子から、、、

 

 

 

 

写真左から

韓国のぺ・サンヒョンCIR

中国の郭 麗(かく れい)CIR

 

ぺさんは4年半、郭さんは1年間、それぞれ国際交流員としての職務を全うされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

里見副知事から感謝状の授与

 

 

、、、とともに、これからも長崎の応援団としてサポートをよろしく!という意味で

“長崎奉行”に任命!゚+。(о’∀’)b

 

 

 

 

 

授与後は、今までの業務に対する感想や、長崎滞在で印象に残っていることなどをそれぞれお話しました。

 

 

ぺさんは

「今まで表敬時には後ろの席で通訳として参加していましたが、まさか自分がこの椅子(表敬者席)に座るとは不思議な気分ですね。」

「長崎は魚の種類が多くとても美味しいところだと思います。海鮮丼の味が印象的です」

「最初の頃は語尾に“~けん”とつける長崎の方言を聞くのが新鮮でした。長崎に来て初めて日本の一般のアパートに入居したのですが、韓国特有の床暖房のスイッチがなくて、部屋中を探し回りました。笑」

 

 

っと、発言して笑いが起きました(≧▽≦)

 

 

 

郭さんは

「1年という短い期間でしたが、あっという間で、仕事に慣れた頃に戻らなければならないのが名残惜しいです。長崎が大好きになりましたので、上海に戻っても周囲の人に長崎の良さをどんどんPRしたいと思います。」

 

 

 

っと、嬉しい言葉を頂きました!∵(*゚∀゚*)∵

 

 

お2人からともに“実際に住んでみて長崎が大好きになった”と聞けたので、とても嬉しかったです(*ノェノ)

 

最後に副知事と記念に一枚!

 

 

 

 

長崎を離れてもこれからもずっと長崎との絆を大事にしていただけたら。。。と

思います(*’ω’*)

 

 

その2では新たに着任されたCIRのお2人を紹介します♪♪

 

 

 

3/5 JETイベント「うちん方の料理で世界一周part3」 リポート

15Mar 2016 yamaguchi

こんにちは~(´∀`)

 

 

 

長崎は今、ぽかぽか陽気が続いています゚+。(*゚ェ゚*)。+゚

早く桜が咲かないかなーって思う一方、花粉症の恐怖と闘っています(笑)

最近空が霞む日が多くなっていますので、予防対策としてマスクと目薬は準備万端です!(о’∀’)b(笑)

 

 

 

さて、身も心も軽くなり始める3月上旬に、

これまたウキウキワクワクな楽しい国際交流イベントが開催されました~!

その名も「第3回うちん方の料理で世界一周」!

(Home Cooking from Around the World, Part 3)

 

 

 

 

世界各国の家庭料理を日本人と外国人が一緒に作って食べて交流しましょうというイベントです♪

第3回ってことは過去2回あったわけですが、

今回は料理のバリエーションがとっても多彩でした!

中国、アメリカ(ハワイ)、カナダ、メキシコ、オーストラリアの計5ヶ国!

この5ヶ国というのは、長崎県内のJETプログラム参加者の出身国や、

彼らにゆかりのある国なのです(*⌒ー⌒*)

 

 

 

 

作る料理こそ違いますが、進行等は前回とほとんど同じなので、

全体の流れや詳しい説明は割愛します(笑)

イベントの趣旨等(前回のイベントリポート)はこちらへ!

http://dejima-network.pref.nagasaki.jp/reporters/22346/

 

 

 

 

今回も1部は料理教室、2部は自分たちの作った料理を食べながら交流会

という流れになっています。

 

 

 

 

はじめに主催者の県国際課から挨拶と、

司会の県国際交流員から注意事項等について説明があり、、、

 

 

 

 

 

 

 

参加者の皆さん(^ω^)

 

 

レッツ・クッキング♪♪♪(*´∀`*)ノ

 

 

 

今回参加してみて思ったのは、どのグループからも

元気な話し声が聞こえ、活発なコミュニケーションが行われていたのが印象的でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも日本語だけでなく、英語や中国語も聞こえてくるほどっ!(≧▽≦*)

一気に熱気に包まれました( ̄∀ ̄)

 

 

 

 

どんな材料を使って、どんな手順で作っていくのか

説明を聞いていたときは皆さん真剣な表情でしたが、

慣れてくると緊張が解けたのか、笑顔がたくさん見られるように…(*・ω・*)

 

 

 

 

そうこうしているうちに、、、

いたるところからイイ香りが。。。(o´Д`o)

 

 

 

中国チーム その1

 

 

 

 

中国チーム その2

 

 

 

 

カナダチーム

 

 

 

オーストラリアチーム

 

 

 

アメリカチーム

 

 

 

メキシコチーム

 

 

 

 

 

できあがった料理たちがコチラ!!o(=´▽`=)o

 

 

 

 

 

調理段階で美味しそうな香りが調理室中に立ち込めていたので、

写真撮りながらもお腹がグーグーと勢いよく鳴り始めました。。。(о’¬’о)(笑)

 

皆さんも無事に作り終えた達成感で顔がすごく生き生きしてましたよーー!!

 

 

中国チーム 水餃子

 

 

カナダチーム マリガンシチュー

 

 

アメリカチーム ツォンヨウピン(葱油餅)

 

 

メキシコチーム ファヒータ

 

 

オーストラリアチーム レアチーズケーキ&アップルクランブル

 

 

ここで、、、

「アメリカの料理って、、、あれ?中国語っぽいな!?」

、、、っと、お気づきの方もいらっしゃいますよね?(`・з・)

 

 

 

実は、アメリカチームのシェフさんのお母さんのルーツが台湾とのことで、

家でよく作ってくれた思い出の料理がこのツォンヨウピンだったそうです。

私の知ってるツォンヨウピンより見た目が黄色いな。。。っと思ったら、

最後に卵とドッキングさせたスペシャルバージョンとのこと(笑)

 

 

そのまま試食会へと移動!

5ヶ国6チームの料理を参加者全員でシェアして

「いただきまーーーっす!(o´Д`人´Д`o)」

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしも皆さんのご好意に甘え、ちょっぴり頂きました!

「んっっ!うまーーーーーいっ!!(*´▽`*)」

どの国の料理も各チームの皆さんの愛情がたっぷり注入されてて

すごく美味しかったです!!

さらに、おしゃべりしながら楽しく食べるのが料理の最高の隠し味ですよね☆

 

会場が和気藹々としたとても良い雰囲気に包まれました(・∀・)

 

 

 

お腹も満たされてきた頃、、、各料理を作ってくれたシェフの皆さんより

料理の紹介と料理にまつわる文化や逸話を話してくれました!

 

 

中国チームのシェフさん

 

中国の水餃子が昔は薬(漢方)を中に詰めていたとか、

あの独特な形は昔のお金の形がルーツだとかなかなか興味深かったです(´∀`)

 

 

アメリカチームのシェフさん

 

 

 

オーストラリアチームのシェフさん

 

 

 

メキシコチームのシェフさん

 

 

 

カナダチームのシェフさん

 

 

他の国のシェフの皆さんも子どものときに作った家庭料理が多く、

お母さんの味をバッチリ再現できたようです゚+。(о’∀’)b

 

 

 

最後に参加者全員で記念写真を撮って今回のイベント終了~♪

 

 

 

皆さんが作った料理、、、すべて食べ尽くしてしまったので、

どのチームもお皿がキレイになっていました。。。(笑)

 

 

 

「英語が苦手。。。」と、最初つぶやいていた参加者の方が、

イベントが終わる頃にはチームの皆さんとすっごく仲良くなっていて、

一緒に作業することって大事なんだなぁと改めて思いました!d(゚∀゚)b

 

 

 

これからもJETプログラム参加者と一般県民の皆さんの

国際交流イベントは実施される予定ですっ!!

記事を読んで興味を持たれた皆さん!

お友だちを誘ってのご参加はもちろん、お一人でのご参加も大歓迎です♪

すぐに皆さんと仲良くなりますので心配ご無用(笑)

 

 

 

特に今回のような料理イベントはお腹も心も満たされるということで、

参加者の満足度が高いです★★

県国際課のホームページor出島ネットワークで

次回開催のお知らせをぜひぜひ要チェックしておいてくださいね~(。-∀-)

 

 

 

 

<おまけ>

出島ネットワークではメルマガ会員を募集中です!

登録していただいた方には長崎県の旬の情報やイベント情報を月1回メールでお送りします♪

登録はこちら!→https://dejima-network.pref.nagasaki.jp/visitors/

 

 

 

 

ベトナム地方政府職員副知事表敬&長崎市内視察~^^

11Mar 2016 yamaguchi

こんにちは^^

 

 

 

暖かくなってきたかと思ったら、急に気温が下がったりと

気温のふり幅が大きい今日この頃。。。(;´д`)

昔から「三寒四温」と言いますが、本当に3日寒い日が続いたかと思ったら

4日暖かい日が訪れてますね(笑)

こんな時にカゼ引いちゃうんですよねーーー(汗)

 

 

 

今日は3月11日、東日本大震災発生から5年が経ちました。

地震発生の午後2時46分、黙祷を捧げました。

5年と聞くと早いようで短いようですが、何年経っても忘れてはいけない日ですね。

 

 

 

 

ところで、先日出島ネットワークのFacebookページで少し紹介しましたが、

ベトナムのダナン市から長崎県庁に2週間研修に来ているフィーさん

 

 

 

 

先日里見副知事に表敬訪問しました^^

 

 

 

副知事と名刺交換^^ 

 

 

昨年の知事訪越や日越文化交流フェスティバル等、

最近特に交流が盛んになってきた長崎とベトナム^^

フィーさんにはより長崎県のことを知ってもらい、

今まで以上に絆を深くする架け橋になってもらいたいですね(=゚ω゚)人(゚ω゚=)

 

 

 

 

 

フィーさんも各分野の協力がよりスムーズになるため、

その素地となる文化交流は大事だという考えを持っていらっしゃいました。

 

 

 

フィーさんはダナン市外務局の日本セクションでODAプロジェクトを担当。

特に環境に関する分野に興味を持っているそうです。

大学時代には日本に留学経験もあり、日本語が堪能です(*゚∀゚)

 

 

 

 

 

研修内容の一つに、長崎県の観光についても学ばれるのですが、

その一環として数日後、長崎市内の観光施設を見学しました。

 

 

 

 

 

まずは長崎の観光地として外せない南山手地区方面へ

 

 

 

 

 

大浦天主堂

 

 

 

 

大浦天主堂が関わる大きな出来事の“信徒発見”について説明。

フィーさんに聞くところによると、

ベトナム国内はキリスト教信者が人口の10数パーセントとのこと。

日本より人口に対する割合がはるかに高いですね^^

大浦天主堂とはまた違った様式のきれいで立派な聖堂があるそうです!

 

 

 

グラバー園

 

 

 

 

 

特に長崎くんちの資料や演し物を展示する「長崎伝統芸能館(くんち資料館)」では

実際の演し物(船などの曳き物)を見て、「立派ですね!」っと感動してました(≧∀≦)

 

 

 

 

 

午後からは長崎とベトナムの縁が残る場所へ。。。

日本の朱印船貿易時代に活躍した長崎の豪商 荒木宗太郎とその妻でベトナム人のアニオーさんが一緒に眠る大音寺へ

 

 

 

 

 

遠くベトナムの方がこうやって挨拶に来てくれたら、

宗太郎さんとアニオーさんも嬉しいだろうなぁと思いました(・∀・)

 

 

 

長崎が持つ悲しい歴史にも触れました。

原爆資料館で、ガイド(平和案内人)の方から説明を受けました。

 

 

 

 

 

 

かなり駆け足な市内見学でしたが、

長崎の街の雰囲気や、どのような歴史を持っているのか

実際に目で耳で感じ取ってくれたようです(*゚ェ゚*)

 

 

 

実はフィーさんは今日で研修が終わり、明後日ダナン市に帰られます。

長崎で学んだもの、感じ取ったものをダナン市の皆さんに伝え、

長崎とダナンの交流の要としてこれからも頑張ってくださいね!(*´∀`)o