長崎県在住の特派員情報

県内留学生による元気な長崎発信事業(長崎市内コース)

20Aug 2020 reimi

出島ネットワークのwebサイトやFacebook等で参加募集していました、「県内留学生による元気な長崎発信事業」が先月、佐世保・波佐見、平戸・松浦、長崎市内、島原の4コースで実施されました。募集人数は各コース20人程で、バスの中でも密にならないように間隔をあけて座ったり、手指消毒をこまめにお願いしたり、必ずマスクを着用して頂くなど新型コロナウイルス感染症対策を徹底し実施されました。

今回は、長崎市内コースに参加された方の観光する様子や体験している様子などを紹介しますので、疑似体験して楽しんだり、遊びに行くときの参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

最初に向かったのは、出島です。

出島は、その昔、日本が海外との貿易を禁じられていた時に唯一海外と貿易が行われていた場所です。出島に着くと、すぐに施設内に案内され、日本舞踊を鑑賞したり、日本ならではの太鼓やかねなどを鳴らす体験をしたりして楽しんでいました。                   初めて体験をする方が多かったのですが、皆さんすごく上手でリズミカルに叩かれていました。

 

  

 

  

 

鑑賞や体験を終えると、施設内をそれぞれ散策したり友達と写真撮影したりしていてとても楽しそうでした。

 

  

 

  

 

お土産屋さんを見ていると、かわいいてるてる坊主を発見!

天気があまり良くなかったので、購入し「天気になぁ~れ」と祈りつつ次の場所へ

(日本では、晴れて欲しい時にてるてる坊主という物を作り「天気になぁ~れ」と祈ると天気になるという言い伝えがあります。)

 

 

出島の公式サイト: https://nagasakidejima.jp/

 

出島を離れ次に向かったのは、昼食会場!

園田真珠(長崎アザレア)です。ここは中華料理店で、長崎名物の皿うどんなども提供しているお店です。

とても豪華で皆さんとても美味しかったと言われていました。

園田真珠(長崎アザレア)公式サイト:https://nagasakiazalea.owst.jp/

 

昼食後は、平和公園と原爆資料館に行き、ガイドの方に原爆のことや原爆が投下された時の様子などを解説して頂きながら、平和について学ばれていました。

資料館には、原爆が投下された時の様子を再現されたものや当時着られていた衣服など

様々なものが展示されていて、参加者の方も内容が理解できたと言ってくれた方が多かったので、平和について考える良いきっかけになったのではないでしょうか。

 

  

 

  

原爆資料館公式サイト:https://nabmuseum.jp/genbaku/

 

平和を学んだ後は、孔子廟に行きました。長崎の孔子廟は中国山東省曲阜にある総本山なみに、建物の随所に壮麗な伝統美を凝らした、日本で唯一の本格的中国様式の霊廟です。

 

 

孔子廟がどのように出来たのかなど歴史について簡単に説明を受けた後、孔子廟のなかに案内して頂き、人気の高い伝統芸能の一つ「変面ショー」を見せてもらいました。

 

変面は、中国四川省の伝統芸能で、10数種類のお面を瞬時に変えていく演技です。その仕掛けは国家機密となっていて、近くで鑑賞させてもらったのですが、どうやってお面を変えているのか全く分かりませんでした。変面ショーの世界観にひきこまれ魅了されました。

 

  

 

孔子廟公式サイト:https://nagasaki-koushibyou.com/

 

ショーに魅了された後は、夕食!皆で夕食会場へ

 

夕食は、中国名菜 京華園でいただきました。

このお店では、本場長崎のちゃんぽんや皿うどんをはじめ、たくさんの種類の中華料理をご堪能頂けます。

おいしいものをたくさん食べた1日でした。

中国名菜 京華園公式サイト:http://www.kyokaen.co.jp/

 

美味しい食事を心ゆくまで堪能した後は、「世界を旅しながら働く」で知られるHafH NAGASAKI SAIや長崎ホテルマリンワールドなどに宿泊し、心も体もリフレッシュして次の日に備えていましたよ!

HafH NAGASAKI SAI公式サイト:https://hafh.com/properties/1

長崎ホテルマリンワールド:https://hotel-marineworld.jp/

 

2日目の朝、ホテルのおしゃれな朝食をお友達とかこみ、楽しそうに食事をしていました。

 

  

 

朝食を終えてバスに乗り込み再びツアーに出発しました。

最初に向かったのは、長崎の世界遺産で知られる軍艦島です。と言いたいところですが、天候が悪かったため、軍艦島ではなく軍艦島のことを知ることができるデジタルミュージアムです。ここでは、最新のデジタル技術を使った映像を大きなスクリーンで見ながらスタッフの方が解説してくれるほか、VRなど様々な形で当時の軍艦島を知ることができ、まるでタイムスリップしたようでした。

皆さん思い思いの楽しみ方で満喫されていました。

 

  

 

 

 

軍艦島のデジタルミュージアム公式サイト:https://gunkanjima-museum.jp/

 

軍艦島のデジタルミュージアムの余韻を残し次の場所へ!

次に向かったのは、伊王島です。

伊王島は、2011年に橋がかかり、船を使わなくても気軽に伊王島に行けるようになりました。

橋がかかったことをきっかけに、伊王島全体をリニューアルし、i+Land NAGASAKIと名づけられ、観光地としても知られています。そんなi+Land NAGASAKIに着くと、みんなでバーベキューをして楽しい昼食タイム!いくつかのグループにわかれて自分たちのペースで、お肉や野菜を上手に焼きながら、友達とバーベキューを楽しんでいました。

あまりに焼くのが上手だったので、話を聞いてみると「焼き肉屋さんでバイトしたことがある」と話してくれた方もいてとても楽しそうでした。

 

  

 

  

 

昼食の後は、みんなでアクティビティ体験に挑戦しました。様々な体験をすることが出来るので、とても人気なんですよ!

 

様々なアクティビティの中から今回は、シーカヤックを体験させて頂きました。

まず、インストラクターの方に乗り方や漕ぎ方の説明をして頂き、みんなでイメージトレーニング!

 

  

 

  

 

 

説明を聞きイメージトレーニングを終えるといよいよ実践!

男性グループは1人用のシーカヤックを体験し、女性グループは、1人だと心細いという方が多かったので、2人用のシーカヤックで、2人1組になって挑戦しました。

 

  

 

  

 

 

バランスをとったり、方向を変えたりするのが難しそうでしたが、みなさん楽しそうに体験されていました。i+Land NAGASAKIには、水着も販売されているので、水着を忘れても安心してアクティビティを体験できますよ!

伊王島公式サイト:https://www.islandnagasaki.jp/

 

ソーシャルディスタンスに気をつけながらぜひ行ってみてくださいね。

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com