長崎県在住の特派員情報

長崎平和大学

12Nov 2019 reimi

 

119日(土)、長崎県内の大学に通う留学生などを対象に、原爆の悲惨さや尊さについて学ぶ平和大学というイベントがありました!

 

 

午前中は、長崎原爆についてのDVD上映や被爆体験講話が行われました。

皆さん真剣に映像を観たり、話を聞きながらメモを取られている方もいらっしゃいました。

 

 

 

被爆体験講話の後の質疑応答では、原爆が投下されたときの当時の質問や、原爆で大切な家族をなくした後、どういう気持ちで生きてこられたのかといった質問があり、講話者の方はそのときの気持ちをそのときの情景も交えて話して下さり、とても勉強になりました。皆さん積極的に質問されていて知りたいという気持が伝わってきました。

 

 

 

午後からは、平和公園へ会場を移動し、それぞれのグループに分かれてボランティアの方々が、原爆が落ちたときの様子や原爆の被害にあわれた方の様子の写真を見せながら、話して

くださったり、園内を巡りながら、当時この場所には何があったのかを丁寧に話してくださいました。

 

 

 

留学生の方々も、興味深そうに話を聞く姿が印象的でした。

平和について考え自ら行動することは、難しいことかもしれませんが、まずは世界中の人が平和について考えることが平和な世界をつくる一歩ではないでしょうか。

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com