長崎県在住の特派員情報

第3回ながさき文化体験講座(三川内焼工芸体験)リポート♪その2

15Jan 2018 yamaguchi

こんにちは~!yamaguchiです^^

 

 

 

ご挨拶が遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!

今年もどうぞよろしくお願いします^^

 

 

 

ところで、、、先週

なんとっ!

長崎に雪が降り積もりました(汗)

 

 

 

 

※(注)これは北国ではなく、1月11日の長崎市の様子です(ガチで 笑)

 

 

朝から公共交通機関が大混乱。。。

バス、電車は運休もしくは大幅な遅延(T^T)この日は通勤が大変でした。。。

でも長崎はめったに雪が積もらないので、実はテンション上がったりしてたyamaguchiでした。。。笑

今週は気温も上がって雪はすっかり解けちゃったんですけどね^^;

 

 

さて、今日は先日の記事(https://dejima-network.pref.nagasaki.jp/reporters/28092/)の続きをアップします!

 

 

三川内の町を散策後、再び三川内焼伝統産業会館へ!

おまちかねの絵付け体験の時間です(笑)

町歩きしている途中から、学生さんたちの間で

「早く絵付けしたいなぁ」という声が漏れていたのを

yamaguchiは聞き逃してませんよ(笑)

 

 

 

 

 

写真から学生さんたちがお皿的なものとマグカップ的なものを持っているのにお気づきかと思いますが、

この日は素焼きのお皿とマグカップの2種類からどちらかを選んで絵付けができるとのことでした^^

スタッフの方によると、お皿の方が曲面が少なく初心者の方にも描きやすいとのこと^^

 

 

実際に描く前に、絵付けのヒントになる図案をしっかりチェック♪

会場に準備されていた本を参考にする人もいれば、

自分のスマホで好きなイラストや絵柄を探している人も。。。

、、、かしこいな(笑)

世の中便利になったもんです^^

 

 

 

 

 

それぞれ絵柄を決めたところで、スケッチ開始!

 

 

 

 

まずは鉛筆で下描きしてから、呉須(ごす)絵具という、

紺色の顔料でなぞり描きして、同じ絵具で濃淡をつけるという工程です^^

 

 

鉛筆での下描きの様子

 

 

 

 

呉須絵具でのなぞり描きの様子

 

 

一度描き始めると、皆さん真剣な眼差し!

 

 

 

 

「ここ、、、試験会場かな・・・!?」

ってくらいの静寂に包まれました(笑)

こちらから話しかけるのもためらうくらいの皆さんの集中力。。。

 

 

 

完成に近づくにつれホッとしたのか笑顔を見せたり、、、

周りのお友だちとお互いの作品(!?)を見せ合いっこして談笑する余裕も^^

 

 

 

 

 

 

この日は新聞社から取材も来ていたのですが、

照れくさそうにインタビューに応じる姿も印象的でした^^

 

 

 

皆さん出来上がったところで、記念撮影^^♪

 

 

 

 

 

個性的な作品ばかりで、見てて楽しい^^

 

 

 

これから焼き上がりまでに約1ヶ月要するとのこと。

この素焼きの器から美しい白磁の器が出来上がるそうです^^

完成が楽しみっっ♪

 

 

前回の料亭での文化体験講座とはまた違った長崎の魅力が満載だった今回の講座^^

留学生の皆さんも三川内地区の歴史と文化を充分満喫していました♪^^

 

 

長崎での思い出作りとともに、長崎在住“特派員”として

母国に長崎の魅力をどんどん発信してくださいねーー!

期待してます^^笑