長崎県在住の特派員情報

韓国釜山広域市大学生インターンシップ交流事業 同行リポ★番外編

23Aug 2016 yamaguchi

こんにちは!yamaguchiです!

 

 

かなりお久しぶり感もありますが(苦笑)、

今回は番外編として、釜山からのインターン生とフランクにお話した内容を

少しだけ皆さんにもシェアしたいと思います★★★

※インターン生の過去記事はこちらへ!

その1

その2

 

 

 

(左からナム・ユジョンさん、アン・ジンギョンさん)

 

 

 

Q.長崎に来たのは初めてですか?

 

ナムさん

2013年に長崎県が主催する日韓未来塾の時に対馬と長崎に来たことがあります。私が参加した年が未来塾の第1期生でした。約3年ぶりの長崎です。」

 

 

アンさん

「長崎は今回初めてです。友達が長崎大学に交換留学に来ていたりと、長崎の名前は聞いたことはあったのですが、どんな街なのかまではよく知りませんでした。でも、少し前に釜山で縁あって長崎県から来た公演団の皆さんのお世話をする機会があったのですが、素晴らしい公演と温かく接してくれたことで長崎に興味を持ち、行ってみたいと思うようになりました。」

 

 

 

Q.ちなみに長崎以外の日本の都市に行ったことはありますか?

 

ナムさん

「北海道と東京に交換留学に行っていました。旅行では京都等、日本のいろんな場所に行きました。」

 

 

アンさん

「旅行や研修で福岡、大阪、別府などに行ったことがあります。」

 

 

 

 

Q.今回来てみて長崎の印象はどうですか?

 

ナムさん

「坂が多くて、海もあるので釜山に似ているなぁと思いました。風景はよく似ているのですが、細かく見ると建物の屋根の形などが釜山とは違っている部分もあり、面白いなと思います。」

 

 

アンさん

「海も近くて食べ物も美味しかったです。暮らしやすそうだなと思いました。」

 

 

 

 

Q.好きな日本食は何ですか?

 

ナムさん

「んー、難しい質問ですね(笑)あえて挙げるならお茶漬けですね(笑)」

 

 

アンさん

「何でも好きですっ!」

 

 

 

Q.長崎で面白いなと思ったことや、ちょっと変わっているなと思ったことはありますか?

 

アンさん

「長崎の人たち、特にご年配の方々が優しく接してくれました。私が韓国人だとわかったら“アンニョンハセヨ”と挨拶してくれました。」

 

 

ナムさん

「路面電車に乗る機会があったのですが、釜山にはないので、面白かったです。研修時にレポーターとしてテレビに出たのですが、放送翌日に路面電車内で“テレビ見ました”と話しかけてくれました。自分が有名人になったようなちょと不思議な気分がしてとても嬉しかったです。」

 

 

 

お2人の話を聞いていると、私もまた違った角度からの長崎が発見できて新鮮な気持ちになりました(´∀`)