長崎県在住の特派員情報

ベトナム地方政府職員副知事表敬&長崎市内視察~^^

11Mar 2016 yamaguchi

こんにちは^^

 

 

 

暖かくなってきたかと思ったら、急に気温が下がったりと

気温のふり幅が大きい今日この頃。。。(;´д`)

昔から「三寒四温」と言いますが、本当に3日寒い日が続いたかと思ったら

4日暖かい日が訪れてますね(笑)

こんな時にカゼ引いちゃうんですよねーーー(汗)

 

 

 

今日は3月11日、東日本大震災発生から5年が経ちました。

地震発生の午後2時46分、黙祷を捧げました。

5年と聞くと早いようで短いようですが、何年経っても忘れてはいけない日ですね。

 

 

 

 

ところで、先日出島ネットワークのFacebookページで少し紹介しましたが、

ベトナムのダナン市から長崎県庁に2週間研修に来ているフィーさん

 

 

 

 

先日里見副知事に表敬訪問しました^^

 

 

 

副知事と名刺交換^^ 

 

 

昨年の知事訪越や日越文化交流フェスティバル等、

最近特に交流が盛んになってきた長崎とベトナム^^

フィーさんにはより長崎県のことを知ってもらい、

今まで以上に絆を深くする架け橋になってもらいたいですね(=゚ω゚)人(゚ω゚=)

 

 

 

 

 

フィーさんも各分野の協力がよりスムーズになるため、

その素地となる文化交流は大事だという考えを持っていらっしゃいました。

 

 

 

フィーさんはダナン市外務局の日本セクションでODAプロジェクトを担当。

特に環境に関する分野に興味を持っているそうです。

大学時代には日本に留学経験もあり、日本語が堪能です(*゚∀゚)

 

 

 

 

 

研修内容の一つに、長崎県の観光についても学ばれるのですが、

その一環として数日後、長崎市内の観光施設を見学しました。

 

 

 

 

 

まずは長崎の観光地として外せない南山手地区方面へ

 

 

 

 

 

大浦天主堂

 

 

 

 

大浦天主堂が関わる大きな出来事の“信徒発見”について説明。

フィーさんに聞くところによると、

ベトナム国内はキリスト教信者が人口の10数パーセントとのこと。

日本より人口に対する割合がはるかに高いですね^^

大浦天主堂とはまた違った様式のきれいで立派な聖堂があるそうです!

 

 

 

グラバー園

 

 

 

 

 

特に長崎くんちの資料や演し物を展示する「長崎伝統芸能館(くんち資料館)」では

実際の演し物(船などの曳き物)を見て、「立派ですね!」っと感動してました(≧∀≦)

 

 

 

 

 

午後からは長崎とベトナムの縁が残る場所へ。。。

日本の朱印船貿易時代に活躍した長崎の豪商 荒木宗太郎とその妻でベトナム人のアニオーさんが一緒に眠る大音寺へ

 

 

 

 

 

遠くベトナムの方がこうやって挨拶に来てくれたら、

宗太郎さんとアニオーさんも嬉しいだろうなぁと思いました(・∀・)

 

 

 

長崎が持つ悲しい歴史にも触れました。

原爆資料館で、ガイド(平和案内人)の方から説明を受けました。

 

 

 

 

 

 

かなり駆け足な市内見学でしたが、

長崎の街の雰囲気や、どのような歴史を持っているのか

実際に目で耳で感じ取ってくれたようです(*゚ェ゚*)

 

 

 

実はフィーさんは今日で研修が終わり、明後日ダナン市に帰られます。

長崎で学んだもの、感じ取ったものをダナン市の皆さんに伝え、

長崎とダナンの交流の要としてこれからも頑張ってくださいね!(*´∀`)o