長崎県在住の特派員情報

韓さんの韓国営業記。2014年4月20日‐25日

26Apr 2014 hanjin

 

 

こんばんは。ひさしぶりです。

長崎雲仙福田屋旅館のインバウンド担当

韓 進と申します。

 

 

いつも自分の仕事の事を乗せるけど今度も載せます。長崎県と無関係ではなく、関係があるので乗せる事にしました。

久しぶりの里帰りと営業を併合しましたが。。

別に面白くないかも知れませんがご了承お願いします。

 

 

上の写真は20日、長崎空港の様子でした。ジンエアーの窓口には韓国のお客様がたくさんいらっしゃいました。

日曜日の韓国行きは金曜日に長崎に来たお客様をたくさん載せて帰ることでかなり満席状態だそうです。(聞くところによるとジンエアー搭乗率は6-7割ぐらいだそうです。)

 

 

 

 

ジンエアー機内チラシで面白い知らせが。。

ジンエアーは飛行全段階で携帯や電子機器の使用が可能になったそうです。2014年3月から始まったそうですね。

いつも飛行機が出発する時はカメラとか携帯などの電源を消したけど、これからはそんな事しなくてもよかですね。^^

 

 

そして二つ目の知らせはジンエアー初の女性運行乗務員が誕生したんですね。おめでとうございます。

まるでジンエアーの営業マンになった気分になるが。。

 

 

 

lccなのに機内食もばっちり!

 

 

 

久しぶりの仁川空港。夜なので何か~ガラガラな。。感じ

 

 

 

家に帰るバスから見たソウル市内の景福宮光化門。光ってる~

 

 

 

家に着いたら。。母さんの手料理が。。

 

 

勿論、ソウル人はソウルマッコリを飲まんば! 私は仁川生まれですが。^^

 

 

 

我が母はくまもんが気に入ったらしいです!。。。あらら。。長崎ではないね。。^^

 

 

 

翌日、営業中。ソウルのカンナム(川南地域)にある旅行会社「旅館クラブ」

 

 

 

旅館クラブ! 

http://www.ryokanclub.com/

ネットの旅館専門の旅行会社です。

 

 

 

創業はわずか2年ぐらいだそうですね。

社長である代表オム・ホジュンさんは長崎国際大学を卒業した方として長崎に愛着がたくさんある方でした。

月、700名程度のお客様を日本に送客するけど7割は由布院だそうです。

これから雲仙も真剣に売ろうと言いました。結構、面白い方でした。

 

 

 

営業とは関係がなかったけど東大門に行きました。2年は来た事がないけどかなり変わりました。

 

 

 

このddpを見た瞬間はここが韓国だろうかびっくりしました。

http://www.ddp.or.kr/

東大門デザインプラザ

 

 

 

ここは!!ジンエアー!

 

 

 

3階です~

 

 

 

今年もジンエアーに来るとは~

実際。。私がいる島原半島はジンエアーはジニパスで協定を結びました。

2014年3月17日から。。

韓国語のホームページですが。。

http://www.jinair.com/HOM/TRService/JinPassNagasaki.aspx

 

 

ジニパスとは簡単にいうと、ジンエアーの搭乗券を見せる事で多様な特典が受けられる事を指します。

いろんな施設が異なる特典を出しました。

 

私が訪ねた理由は我が社や雲仙、島原半島としてイベントができるか、あるいはジニパスをこれからどんな形にお客様に知らせるかなどの相談をしました。

担当者といろんな意見を交わしたら。。少し、自分の力に限界を感じました。これが正直な心境ですが。。

 

 

しかし、誰も気付いていないジニパスの事を提案してここまで形を作る事に頑張った人としてはなんとか。。

このジニパスの仕組みが島原半島の韓国人観光客誘致に役に立てる事を願いながら訪問をしました。

今後は島原半島の方々と具体的な論議をしてジンエアーさんと話をする方がいいと思いました。

 

 

 

次は旅行博士。。日本専門の旅行会社でここは我が福田屋の宣伝の為に。。

長崎方面より、最近は沖縄がジンエアーなどの影響で安くなったのでかなりの人数のお客様が行くらしいです。

 

 

 

旅行博士の営業から私と共にソウル営業をする長崎県ソウル事務所長。鈴木史朗さんです。

去年も雲仙市の方々とお世話になりましたが、今回は私の営業もお世話になりました。

所長は長崎の者を助けるのは同然の事だとおっしゃいました。誠に助かりました。デートしている雰囲気がでるような写真であるが。。ははは。

忙しい所長さんでした。

 

 

 

次はジンエアーのランド会社であるリッチ旅行クラブ

http://www.jinair.com/HOM/TRService/JinPassNagasaki.aspx

 

ジンエアーの中でジニテルという旅行商品を企画&販売しています。

担当者の話によると、長崎-ハウステンボスの販売は実績がいいけど、長崎-雲仙はあんまり売れないとおっしゃいました。

しかし、担当者は雲仙が温泉らしい温泉と仰いながら必ず売りたいと強い決意を見せました。

 

 

 

次はfit個人中心旅行会社「ネイル(明日)ツアー」

http://www.naeiltour.co.kr/

 

最近、韓国で発生した船の事故であるセウォル号の事で、ソウルはまだいいけど釜山の方がかなりキャンセルが多くなったと話しました。

長崎の旅行商品は頑張っているけど、なかなか売れない事を聞きました。

 

 

 

翌日(23日)はソウルから釜山へ。。

 

 

 

列車で。。もちろん、ktxです。

 

 

 

釜山で我が社長と合流して一緒に営業に回りました。

 

 

 

最初は釜山のチャイナタウンの中へ!

 

 

 

長崎市釜山事務所!

ちゃんぽんの絵がある。。

職員と話しながら最近、韓国の話とか修学旅行は禁止で釜山は船のお客様が少なくなるとなどの暗い話でした。

 

 

 

次は釜山のjトラベル

http://www.jtravel.co.kr/

 

我が福田屋を韓国で扱ってくださる少ない会社です。

厳しい状況ですが、頑張ろうと言ってくださいました。

今は日本円が安いので中国上海より、日本の九州が安くていい観光地が多いので可能性があると勇気づける言葉を頂きました。

 

 

 

次は釜山女子大学の総長や教授、そして鈴木所長や福田社長が話を交わしました。

ちなみに我が雲仙温泉町と釜山女子大学は10年ぐらいの縁があって多様な学生が我が雲仙の町で研修をしました。

 

 

 

釜山の旅行博士のビル

 

 

 

私がいつも世話になっている光ツアー(ランド会社)のミシムさんと社員さん、そして旅行博士の職員3名。5名と話を交わしました。

 

我が社長も韓国の旅行会社の実務をする方と会うのは珍しい事だったと思います。

 

今年、旅行博士釜山支店が長崎と雲仙の新しい旅行商品を作るそうで、我ら福田屋もできるだけ支援をしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国にも九州を紹介する旅行本がありますが、

雲仙が載っていない本、あっても小浜と合わせて2p程度。。

それも島原半島は出てない。。何か寂しくなりました。。

 

 

個人の旅館の営業ですが。。

長崎、島原半島、雲仙までいちいち説明しなければならない状況でため息がでました。。

反対に考えるとそれほど、知られていないこの雲仙、そして島原半島はこれから可能性がたくさんあるんじゃないかなと。。思いました。

 

 

県の職員からの支援、私が会った旅行会社の韓国の方々が少しでも長崎、雲仙という地名を分かることになればお客様もいずれ分かると思います。

私はその日までこの出島ネットワークで情報発信に命を懸けると思います。

 

 

そして最後にセウォル号問題は韓国を葬儀場に変えた事件でございます。

東日本大震災と比べることができるくらい。。。韓国の若い学生が亡くなりました。

日本の場合は自然が大惨事の原因の一つですが。。韓国の場合は人が招いた災いです。

そして、ある地域の学生が亡くなって地域の共同体が壊れる事になるんでしょ。

関係者も学生だけではなくて、親、親戚、近所の方々。。

悲しみは当分の間、続くと思います。

 

 

それでも、長崎県としては我ら非日常を販売する人としては

この悲しみが溢れる韓国の方々をいずれ、迎える準備をしないといけないです。

確かに今年は少なくなるかも知れませんが、その中でもチャンスはあると思います。

そして、長崎県は被爆、殉教など人の悲しみを一番ご存じな所にある故。。。

 

 

長い文書でしたがありがとうございました。

 

 

<おまけ>

 

cmみたいですが、長崎空港はwi-fiが無料!

韓国の皆様が長崎空港に訪れる事を願います!!

 

 

 

長崎 雲仙福田屋

インバウンド 担当

韓 進

 

 

 

タグ:
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com