長崎県在住の特派員情報

長崎平和大学

12Nov 2019 reimi

 

119日(土)、長崎県内の大学に通う留学生などを対象に、原爆の悲惨さや尊さについて学ぶ平和大学というイベントがありました!

 

 

午前中は、長崎原爆についてのDVD上映や被爆体験講話が行われました。

皆さん真剣に映像を観たり、話を聞きながらメモを取られている方もいらっしゃいました。

 

 

 

被爆体験講話の後の質疑応答では、原爆が投下されたときの当時の質問や、原爆で大切な家族をなくした後、どういう気持ちで生きてこられたのかといった質問があり、講話者の方はそのときの気持ちをそのときの情景も交えて話して下さり、とても勉強になりました。皆さん積極的に質問されていて知りたいという気持が伝わってきました。

 

 

 

午後からは、平和公園へ会場を移動し、それぞれのグループに分かれてボランティアの方々が、原爆が落ちたときの様子や原爆の被害にあわれた方の様子の写真を見せながら、話して

くださったり、園内を巡りながら、当時この場所には何があったのかを丁寧に話してくださいました。

 

 

 

留学生の方々も、興味深そうに話を聞く姿が印象的でした。

平和について考え自ら行動することは、難しいことかもしれませんが、まずは世界中の人が平和について考えることが平和な世界をつくる一歩ではないでしょうか。

歴史文化の魅力がいっぱいつまった施設!!長崎歴史文化博物館

24Oct 2019 reimi

今回は、長崎歴史文化博物館をご紹介します。

長崎歴史文化博物館は、長崎市諏訪神社の近くの立山という地区にあります。

 

 

江戸時代、ここには長崎棒行所立山役所があったので、その建物を復元するとともに、現代的な博物館の機能も併せ持つユニークな博物館です。近世長崎の歴史文化に関わる歴史資料、美術工芸品などの貴重な資料などを観ることができ「海外交流史」をテーマとしています。

展示は、テーマによって各ゾーンにわかれていて、ゾーンごとに様々なことを知れたり、体験できたり、魅力がいっぱいの施設でした。長崎歴史文化博物館は3階建てです。

 

まず、歴史を知って学ぶことができる歴史文化展示ゾーンからご紹介します。

歴史文化展示ゾーンは2Fにあります。ここでは西洋との出会いや南蛮貿易とキリスト教、韓国との交流や長崎貿易、中国との交流などを貴重な資料とともに知ることができます。

 

 

①西洋との出会い~南蛮貿易とキリスト教~

長崎開港によって花開いた南蛮文化やキリスト教の普及、出島の造成、朱印船貿易など今日における歴史文化の原点を紹介しています。

 

 

②韓国との交流~朝鮮通信使と対馬~

朝鮮通信使、日朝外交に活躍した雨森芳洲など、対馬藩を介して行われた日本と朝鮮半島との交流を紹介しています。

 

 

③長崎貿易~唐船、オランダ船と行き交う商品~

オランダ船や唐船によって、長崎に輸入されたさまざまな貿易品や出島を通して海外に輸出された貿易品などを紹介しています。

 

 

④中国との交流~唐寺と唐人屋敷~

航海安全の守神であるマソ像や復元された唐人屋敷模型などを通じて、江戸時代の唐人貿易によってもたらされた芸術や文化を紹介しています。

 

 

⑤長崎の暮らし~長崎の賑わいと町の仕組み~

貿易都市として独自の歴史と文化を育んできた長崎。今なお、受け継がれる10月に行われる祭り「長崎くんち」や町の仕組みなどを情報展示や実物資料などで紹介しています。

 


 

その他にも、長崎の工芸品などが展示してあったり、長崎の歴史のエピソードを交えながら巨大な映像とともに紹介する映像ゾーンがあったりして面白かったです。

 

 

さらに観光客の方や長崎在住の方には嬉しい観光情報コーナーもありました。

観光情報コーナーにはパソコンで調べられるところとパンフレットコーナーがありましたよ!ちなみにパンフレットは、英語と韓国語と中国語と日本語のものがありました。

 

次は、同じフロアにある長崎奉行所ゾーンを紹介します。

長崎奉行所ゾーンでは長崎奉行所に関する展示物はもちろんシアターや寸劇を観られるところがあります。

 

 

ここで寸劇スケジュールをご紹介します。

開催日   土,日,祝日

開始時間 11:00~、13:30~、14:30~、15:30~

所要時間 20分程度

※都合により変更・中止となる場合があります。あらかじめご了承ください

 

次は、これも同じフロアにある伝統工芸体験工房・貸工房というところを紹介します。

 

 

名前のとおり長崎が誇る伝統工芸「現川焼」「長崎刺繍」「ステンドグラス」「べっ甲」

以前紹介させて頂いた「佐世保独楽」などの制作体験ができます。

 

 

また、2Fの歴史文化展示ゾーンの中にある江戸時代の商家を再現した町屋では、ボランティアの方が日本ならではの折り紙で色々なものを作る折方を教えてくれるコーナーもありました。本当に色々なものが作れるんです!驚きました(^ o^) (折り紙体験は開催していない場合もあります)

 

さらにさらに2Fにはレストランもあるんです。

 

 

博物館の一角にあるレストラン「銀嶺」では、長崎名物トルコライスも食べられます。博物館を見学した後、休憩や食事に立ち寄ってみるのも良いかもですね!

 

次は3Fの企画展示室を紹介します。

 

 

全国巡回展や長崎ならではの企画展など、多彩な展覧会を開催されています。

 

今は、「収蔵品展学芸員イチ推しが開催中ですよ!(11月7日まで)

 

 

詳しくはこちら ⇒ http://www.nmhc.jp/exhibition/2019/ichioshi/index.html#event

 

最後に、1Fのミュージアムショップを紹介します。

 

 

 

 

専門的な歴史書から博物館オリジナルグッズまで、博物館ならではの長崎にふれられるアイテムがいっぱいです。その他にもおしゃれ好きの人必見のアクセサリーなどもありましたよ!

 

 

【開館時間】

8:30~19:00(最終入館18:30)

※休館日:毎月第3月曜日(祝日の場合は翌日) 【料金】(常設展示)

大人600円、小学生300円

※長崎県内の大学に在籍している留学生の方は、窓口で「在留カード」または「学生証」のいずれかを提示すると、無料でご利用頂けます。

※企画展は別料金です。

 

留学生は、お得に利用できるので、この機会に是非行ってみてはいかがでしょうか?

 

【交通アクセス】

場所:長崎歴史文化博物館 〒850-0007 長崎市立山1丁目1番1号

路線バス「桜町公園前」下車。徒歩3分。

県営バス(風頭町~夢彩都線)「歴史文化博物館」下車。※博物館内駐車場に停車します

 

【お問い合わせ先】

TEL 095-818-8366

E-mail info-his@nmhc.jp

素敵な空間で美味しい食事「ごとカフェ」

02Oct 2019 Dongsoo Kim

こんにちは!

五島市の金です。

五島に紹介したいカフェがあります。五島市の中心地から近くておいしいところです。

「ごとカフェ」GOTO CAFEです。

 

 

中はこんな感じです。

壁と天井は青い五島の海と空を表現しているので、涼しい気持ちになります。

 

 

メニューは五島うどん、カレー、パンケーキ、ピザ、パフェなどたくさんあります!

僕はランチを頼みました。

すごくおいしくて感動しました。コーヒーカップもグラスも五島の象徴のツバキが描かれていました。

いろいろイベントをしています。当時は大瀬崎灯台パフェを12分以内で食べたら無料になるイベントをしていました。(9月)

五島の雑誌FullyGOTOを持って行ったらオリジナル商品もプレゼントでもらえるそうです!

FullyGOTOは長崎港、福江港、観光案内所などにおいてあります。

10月にはくじ引き大抽選会、11月にはサイコロをふって3つゾロ目で飲食代が無料になるイベントをするそうです。

 

 

店内では五島のお土産もそろってますので買い物にもいいです。

五島市に来たら一回寄ってみてください^^

佐世保独楽

30Aug 2019 reimi

長崎県指定伝統工芸品である「佐世保独楽」を制作されている

佐世保独楽本舗さんをご紹介します。

 

日本のお正月でお馴染みの「独楽(こま)」。♪

最近は見かけることは少なくなりましたが、

日本だと、子供の頃に遊んでいた人や学校行事の中で

体験した人も多いのではないでしょうか?

佐世保に古くから伝わる郷土玩具「佐世保独楽」は、

常識を覆すユニークな独楽らしいのです。

 

 

佐世保独楽は「ケンカ独楽」。

地面に打ちつけ、相手の独楽を「打ち割ったり」、

「飛ばしたり」しながら遊びます。

 

普通の独楽と変わらないのでは?

実は、糸の巻き方や投げ方がとてもユニークなんです!!

糸の巻き方や投げ方が普通の独楽と全部反対なんです。

 

 

剣先を上に向け、逆さに持ったまま、荒々しく上から投げつける独楽は、

世界中探しても佐世保にしかないそうですよ☆

 

佐世保独楽本舗では「絵付け体験」もできます。

「日本らしい体験ができる」と米軍佐世保基地に勤務するアメリカ人や、

外国人観光客に特に人気だそうです。

最近では佐世保在住のアメリカ人が、日本人のお客さんを連れてくるという

逆転現象も起こっているのだとか(笑)

 

先日、県庁で佐世保独楽本舗さんの絵付け体験が開催され、

私も体験させてもらいました。

 

 

佐世保独楽本舗の皆さんが優しく丁寧に、

分かりやすく目の前で実践して頂きながら

上手にできるコツなども教えてもらって楽しみながらできました。

楽しいひと時はあっという間でした♪

 

 

完成しました!!

夏ということもあり、独楽を白く塗りかき氷にみたてて

赤の絵の具でイチゴのかき氷にしてみました。

こんな風に何かにみたてて絵付けしてみたり、模様を絵付けしてみたり

自由自在にアレンジできるので、

作る人の個性がでてすごく楽しいですよ ^ ^

お友達などを誘って行ってみるともっと楽しいかもと思いました。

 

 

また、体験コーナーの横では、色とりどりの佐世保独楽や

佐世保独楽のキーホルダーなど

かわいいグッズが販売されていました!!

 

 

こちらは、佐世保独楽本舗さんの店内です。

 

 

お店のデザインも佐世保独楽がデザインされているので

どのお店かすぐ分かるそうですよ☆

お店の前で写真を撮るとインスタ映えしそうですよね(^o^)

 

【佐世保独楽本舗】

場 所:長崎県佐世保市島地町9-13

電 話:0956-22-7934

営業時間:9:30~18:30

定休日:日曜(臨時休あり、年末年始休)

 

※絵付け体験(材料費込み税別1,900円~)は要予約

電話で予約を受け付けています。

※絵付け体験の所要時間:約30分~1時間ぐらい

※詳しくはお問い合わせください。http://sasebokoma.jp/

外国人による日本語弁論大会

18Jun 2019 Dongsoo Kim

こんにちは!

 

長崎県五島市の国際交流員キム ドンスです。

私は6月1日に青森県八戸市で行われた第60回外国人による日本語弁論大会に参加しました。

全国を回りながら開かれる大会で、去年の第59回は長崎県の壱岐市で開かれました。

 

 

今回は123人の応募があって、12人の外国人が本選に出場しました。

本選に選ばれた方には会場までの交通費と2泊の宿泊、交流会などが提供されます!

東北地方はなかなか行けないので、無料旅行に行きたい気持ちで応募しました。運がよくて本選に選ばれました。

大会前日に参加者全員が集まって交流会もしますが、すぐ親しくなって楽しかったです。

大会には900人ぐらい観客が来ました。そして結果は外務大臣賞を受賞しました。(賞には外務大臣賞、文部科学大臣賞、主催団体賞、会場審査員賞があります。)

五島での話を書いたのが評価されたようです。

奇跡が起きたようで未だに夢みたいです。

 

 

本大会の様子は6月29日午後2時~3時にNHK-Eテレで放送されます。

番組後にはYou Tubeにもアップされます。

来年は広島県福山市で開かれるそうです。

新しい友達もできるチャンスなのでぜひ挑戦してみてください!

長崎県内で開かれる日本語弁論大会もあります。賞金もありますのでぜひ!

PREV12345650
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com