長崎生活お役立ち情報

1.口座の開設

18Nov 2011 Nagasaki-Ken

   郵便局や銀行、信用金庫、信用組合、農業協同組合等の金融機関では、預貯金の口座を開設することができます。口座の開設には、身分を証明するものと印鑑が必要です。(外国人の場合、パスポートがあれば印鑑の代わりに署名でよい銀行もあるので事前に確かめてください。)

 

   郵便局の営業時間は、平日の午前9時から午後4時(長崎中央郵便局は午後6時)までです。その他の金融機関の窓口の営業時間は通常午後3時までです。

 

 

●口座の種類

口座の種類は大きく分けると次の2種類(( )内は、郵便局での名称)です。

 

・普通預金(通常貯金)

    利子は低率ですが、出し入れが自由で公共料金などの自動口座振替ができ、キャッシュカードも使えます。

 

・定期預金(定期貯金)

    一定額以上の金額を一定期間預け入れ、満期にならないと払い戻しができません。利子は普通預金(通常貯金)よりも高率です。

 

●預け入れと払い戻し

    所定の用紙に必要事項を記入して預貯金通帳とともに窓口に提出します。払い戻しの時には、口座の開設に登録した印鑑が必要です。

    払い戻しの場合、金額によっては身分を証明するものの提示が必要です。(預け入れの場合も身分証明を必要とする金融機関があります。)詳しいことは、金融機関で確認してください。

 

●自動口座振替

    水道、ガス、電気、電話の使用料やNHK受信料、税金などの公共料金やその他月々の決まった支払いなどは、自分の口座から自動支払いにすることができます。自動口座振替にするとわざわざ支払いに行く手間が省け、また、払い忘れがなくなるので、便利です。手続は、銀行や郵便局等の金融機関の窓口で所定の用紙に記入して、請求書(領収書)や通帳、印鑑を一緒に持参して申し込みます。

 

●キャッシュカードとATMの利用(りよう)

    口座開設時にキャッシュカードを発行してもらえば、現金自動預入支払機(ATM)や現金自動支払機(CD)で払い戻しや預け入れができます。通帳はその場で作ってもらえますが、キャッシュカードは数日後に申込書の住所に直接書留便で郵送されます。キャッシュカードの利用には、発行時に登録した4桁の暗証番号が必要ですので、しっかり覚えておきましょう。ATM・CDは、駅、デパート、スーパー、コンビニなど金融機関の店舗以外の場所にも多くあり、休日や夜間にも利用できます。取扱時間はそれぞれの金融機関によって異なります。利用する曜日・時間帯によっては手数料が必要な場合があります。また、預け入れしている金融機関が提携している他の金融機関のATMやカードを相互に利用(手数料が必要)することができます。

 

●注意(ちゅうい)事項(じこう)

    通帳や印鑑、キャッシュカードを紛失したときは、すぐに銀行や郵便局、警察に連絡しましょう。

    また、暗証番号が他人に知られないよう、くれぐれも注意しましょう。

    引越しや帰国のときは、必ず届け出て所定の手続を行ってください。