尚磊

“長崎県と上海市友好交流締結20周年” イベントに参加して

02Dec 2016 尚磊

尚磊

中国上海市

2013年度海外技術研修員

長崎滞在時間:2013年7月~2014年3月

 

 

 

皆さんこんにちは。私は上海の尚磊と申します。2013年度の長崎県海外技術研修員です。長崎にいた半年間はとても楽しく忘れられない思い出です。時間が過ぎるのは早く、上海に戻って2年になりますが、皆さんのことをいつも想っています。上海は最近気温がぐっと下がり、PM2.5もひどくなってきました。長崎の皆さんもお体にはお気をつけください。

 

 

 

 

 

ところで、この前上海で行われた「長崎県と上海市友好交流締結20周年」のイベントに参加させて頂きました。長崎県中村法道知事以下、各界の皆さんで結成された代表団が上海を訪問し、錦江飯店のホールで長崎県代表団と両市の青少年代表、文化人、民間交流関係者等約150人が共に両市の友好交流の歴史的時間を過ごしました。 1972年日中国交正常化時、毛沢東、周恩来等政府要人と田中角栄、大平正芳等日本の政治家が共同で日中友好の輝かしい歴史的1ページを開きました。周恩来総理と田中首相が当時会見し、田中首相が宿泊した錦江飯店、まさに同じ場所で開かれた「上海市と長崎県友好交流締結20周年」イベントはとても有意義なことだと思います。

 

 

 

錦江飯店の向かい側の花園飯店では長崎県観光フォーラムが同時に行われていました。県内各地から来た担当者がお勧めする、長崎の色んな観光名所、長崎市、五島、九十九島、雲仙、平戸等々、私には馴染みのある風景がたくさん登場し、長崎特有の教会堂、軍艦島、海産物養殖等、参加者の目を引くものばかりでした。長崎に社員旅行に行った企業(フェラーリ、日立等)の発表も良く、長崎への愛情と感謝の気持ちを伝えていました。

近年上海の訪日観光客がどんどん増加し、クルーズ船で日韓周遊する旅行がとても受け入れられています。日本経路の主要停泊地は長崎、福岡、熊本等九州地区です。

私の同僚に7年連続毎年1週間有給を取って、両親と子どもと一緒にクルーズ船で日本に旅行しています。両親と子ども家族全員でゆっくり旅行できるとクルーズでの旅を満足しています。

 

 

長崎の夜景、ペンギン水族館、外海の景色を目にすると、今でも当時の思い出を鮮明に思い出します。長崎と上海は距離がとても近いです。実はあまり離れているという感覚がありません。またすぐに会えますから!戻って2年になりますが、上海で行われている「長崎上海校友会」に参加したり、長崎での研修でお世話になった長崎経済研究所の友だちや、文化体験でお世話になった琴の先生に会ったり、長崎研修が縁で知り合った多くの研修員OBOGの皆さん。普段皆さん上海のいろんな地区に住んでいますが、長崎ゆかりの会で定期的に集まると親切さと温かさをいっそう感じます。

食いしん坊な私は、上海のデパートでも長崎の新鮮な海産物を買ってしまいます!いつか家族と一緒に長崎に旅行に行きたいです!長崎の皆さんもぜひまた上海に遊びにいらしてください!