高 華彬

「景山現象」はなぜ中国で流行っているのか?

13Sep 2012 高 華彬

高華彬(中国・北京市)
長崎県滞在期間:2006.4~2007.4(元長崎県観光連盟国際交流員)

  皆様、北京市の景山公園はご存知ですか?北京市の中心地に位置し、昔皇族が使った庭園であり、明の最後の皇帝である崇禎帝(すうていてい)が李自成の農民蜂起軍に攻められ、この公園の槐の木で首つり自殺をしたと伝えられています。また、園内の景色も良く、特に頂上から雄大な故宮博物館の全容を一望できるので、毎日多くの観光客が訪れています。

 

 

   

 

景山の頂上より故宮を一望する            崇禎帝が自殺した場所

 

 

 

 ところで、皆様は「景山現象」をご存知でしょうか?
景山現象というのは、近年中国各地ではやっている現象で、公園など屋外の公共の場所で市民が自発的に集まり、「中高年合唱隊」のような特に高齢者が多く参加する娯楽イベントを指します。

 

 このようなイベントは、最初に北京の景山公園で始まり、さらにここでの人数が最も多く、影響力も最も大きいので、「景山現象」と名付けられています。 

 

 

  

                                合唱練習の様子   

 

 

 

 景山公園の北側にある寿皇殿近くは「景山公園激情広場合唱団」の活動場所であり、毎週末になると200名を超える中高年の方々が歌の練習に来ています。合唱団には団長や指揮者がいて、ちゃんとした組織として活動を運営しています。中国の歌を中心に、毎回数十曲の歌を練習しており、団員のまじめでプロ並みのパフォーマンスに、外国人を含む数多くの観光客が感激して、熱烈な拍手を送ったりしています。

 

 

 

 

 統計によると、このような民間合唱団は北京市だけでも40団体以上あり、市内の数十カ所の公園でそれぞれ活動を行い、参加者は数万人にのぼるといわれます。そして、このような活動はすでに北京だけでなく、国中に広がっています。

 

 

  先週の日曜日、たまたま景山公園へ遊びに行ったついでに、有名な「景山現象」を見に行きました。人気の大合唱団がまじめに練習していた以外にも、少人数のコーラス、京劇団、吹奏バンド、舞踊、漫才など様々なグループがあり、数多くの高齢者の方々や観光客が見入っていました。その場で興味が湧いて、一緒に歌ったり、踊ったりする方も多かったです。

 

    

「革命様板劇(かくめいようばんげき)」(文化大革命時代流行っていた京劇)

     

 

                                彩帯踊り

 

 

 

 さて、なぜ「景山現象」ははやっているのでしょうか?

 

 まず、北京のような大都会をはじめ、中国は既に高齢化社会に入っており、数多くの定年退職者にとって、体と心の健康を保つためにこのような大衆イベントに参加する必要が出てきました。関係機関の発表によると、2010年末現在、北京市の60歳以上の高齢者人口は235万人にのぼり、前年よりも8.4万人増えており、高齢者の比率が人口全体の18.7%に達しています。

 

 

 

 そして、高齢者の数は今後も引き続き上昇傾向にあるということです。高齢者人口の増加に伴って、このような団体や活動が更に増えるだろうと予測されます。

 

 

 それから、高齢者にとって定期的な屋外活動、とくに歌うことが、心身の健康を保つには非常に有効な手段だと言われています。歌を歌うことは深呼吸をするのと同じで、肺活量を高めたり腹部の筋肉を鍛え、血液中の酸素含有量を増やしたり、生命体の活力を高めたりすると同時に、シェイプアップと良い精神状態の維持にもつながります。特に、若い時に口ずさんだ名曲が高齢者たちの青春時代の思い出を蘇らせ、人生の情熱を取り戻せると言われます。

 また、多くの音楽学者が長生きしていることも、歌を歌うことが健康に良いという有力な証明になっていると思います。

 

 

    

           中国の民族楽器                                 トランプを楽しんでいる様子

 

  

                   歌の練習               少数民族の踊りの練習

 

 

 最後に、このような活動は高齢者たちに交流の場をも提供しています。多くの高齢者が歌を歌うという共通の趣味を通じて友達になり、それをきっかけに一緒に旅行をしたりして、寂しさや孤独に陥ることなく楽しく暮らしています。その上、歌と落語・漫才等の内容が豊富、多彩であり、高齢者たちは様々な社会知識を勉強できます。これも、この様な活動が多くの人々に受け入れられ、長く継続できる原因の一つだと思います。

 

 

 数年前、私は長崎市に一年間住んだことがあり、日本の地方における高齢化社会の現状を身にしみて感じました。また、「孤独死」事件もしばしば日本のメディアに取り上げられています。一般的には、中国人は賑やかな雰囲気が好きなのに対して、日本人は静かな生活を好むというように、日本と中国の国民性に違いがあるとは言われますが、日本の高齢者の方々にとっても、ある程度の他人との交流はやはり不可欠でしょう。北京の「景山現象」が、日本の高齢者交流問題に少しでも参考になれば幸いだと思います。

 

 

2012 北京の廟会祭り(旧正月祭り)

12Mar 2012 高 華彬

高華彬(Gao Huabin)(中国・北京市)

長崎県滞在期間:2006.4~2007.4(元長崎県観光連盟国際交流員)

 

 

皆様、過年好!(新年あけましておめでとうございます。)

北京では、旧正月となると、主な公園で「廟会」祭り(日本の縁日と似たお祭り)を行う習慣があります。「廟会」では、美味しい食べ物はもちろん、面白いゲームなどが沢山あり、人が多くて実に賑やかです。

 

 

今年は龍年なので、名前に「龍」の文字がつく「龍潭湖公園」に行くのがお勧めです。ここで「龍潭湖公園廟会」で撮った写真をご紹介させていただき、これらの写真を通じて、北京の「春節」ムードを少しでも感じていただければ幸いです。

 

 

 

 

「龍潭湖廟会」は1984年より始まり、今年でもう第29回

 

 

 

 

入口にいる「ミッキー」がとても人気!

 

 

 

 

赤がふんだんに使われる中国の飾りや舞台は鮮やかでしょう

 

 

 

 

園内には人工雪を使った雪の遊び場もあります

 

 

 

 

ほら、一日何十万人も訪れていますよ

 

 

 

 

蛹、他にサソリ、ムカデもあり、「昆虫料理」を楽しむには勇気が必要かも

 

 

 

 

 「長沙の臭豆腐」、湖南省出身の毛沢東の大好物だったとのこと

 

 

   

 

 

「隆福寺」の昔ながらの「茶湯」                              日本のたこ焼き

(「茶湯」は黍の粉に水を入れ混ぜた糊状のもの)

 

 

 

 

雲南タイ族の「パイナップル飯」と「バニラ飯」、美味しそう

 

 

   

 

 

造花が流行っているらしい。女性たちももっときれいに見えますね

 

 

 

 

多くの人が囲んでいます。何を見ているのでしょうか?

 

 

 

 

なるほど、作者が直筆サイン入りの切り絵を販売しています

 

 

   

 

 

写真の「糖胡芦(タンフール)」は本物そっくりですが、食べられません。右のお兄さんは「竜頭」帽子が可愛い!

 

 

   

 

 

左の「花輿ガール」(http://news.cntv.cn/20120126/108872.shtml)はネット上で多く転載されています。輿は残っていますが、彼女はどこに行ったでしょう。。。  


 
 
 
 
 
  

鯉のぼりも既に中国に根を下ろしているようです

 

 

 

 

意外にもテレサ・テンのCDを発見、懐かしいですね

 
 
 

 

<まとめ>

 

新聞によると、上記「龍潭湖廟会」を含め、今年春節期間中、北京で合わせて26の大きな廟会や民俗イベントを開催しており、大晦日から旧正月五日目までの統計だけでも、延べ566.8万人が訪れたそうです。

 

 

ほかの所の廟会もそれぞれ特徴があり、例えば、天壇公園の天を祀る儀式と舞踊パフォーマンス、大観園の「紅楼廟会」、朝陽公園の国際フェスティバルなども大人気とのことです。今後チャンスがありましたら、またご紹介させていただくことにしましょう。

 
 
 

 

長崎との再会

26Jan 2012 高 華彬

高華彬(Gao Huabin)(中国・北京市)

長崎県滞在期間:2006.4~2007.4(元長崎県観光連盟国際交流員)

 

 


 私が前回長崎に住んでいたのは5年前になります。

 2006年4月から2007年4月まで、国際交流員として長崎県観光連盟に一年間在職しました。初めての海外生活であり、1年間しかいませんでしたが、長崎の新鮮な空気、きれいな自然、美味しい料理、親切な人々等、良い印象ばかり残っていました。グラバー園、長い坂道、さだまさしが長崎弁で歌う「がんばらんば」など中国に帰った後も長崎のことがよく夢に出てきました。いつかもう一度長崎を訪れたいとずっと思っていました。

 昨年11月下旬、日本への研修のチャンスに恵まれ、ついに長崎を再び訪れることができました。そして、長崎で楽しく有意義な2日間を過ごしました。


 

 到着した日はちょうど日曜日で、長崎大学医学部の体育館で中華圏留学生のバドミントンの試合があったので、長崎にいる友だち李さんの紹介で試合に出たところ、運よくダブルスで優勝しました。

 5年前にこの体育館でよくバドミントンの練習をしたことを、今でも非常に懐かしく思っています。昔、長崎にいた蔡さん(当時留学生会長だった)は今は京都にいて長崎にいないらしく、今回新しく台湾から来た蔡さんと知り合いましたが、シングルスの試合で彼に負けたのがちょっと残念でした。そして、昔の友だちに何名か会えたのも嬉しかったです。場所は以前(5年前)と同じ場所で、周りの参加者も以前と同じくぴんぴんとした若者ばかりでしたが、自分だけちょっと年を取ってしまったのが感慨深かったです。

 

 

 ちなみに、バドミントンの趣味はそもそも5年前に長崎で始まったので、当時ゼロから丁寧に教えてくれた「地球館」の牛嶋さんや市民会館で教えてくれた先輩たちに感謝する気持ちでいっぱいです。帰る際に李さんが今度北京に出張に来たら、北京のバドミントン練習場にも連れていくことを約束しました。

 

 

 バドミントンの試合後の授賞式。右は2つの賞をもらった李さん

 

 

 

 夕方、出島ワーフの「リンガーハット」で李さんと大好きなチャンポンを食べた後、昔自分が住んでいた茂里町あたりをぶらぶらしました。昔空き地だったところに「Cocowalk(ココウォーク)」という大型ショッピング施設ができ、そのビルの上に大きな観覧車があったことにもびっくりしました。中国は変化が速いと日本の方によく言われますが、日本も少しずつ変わっていますね。

 それから、松ヶ枝埠頭は昔小さな港湾事務所しかありませんでしたが、今はきれいで立派なターミナルができたので、周りの景色もさらに魅力的になっています。他にも変わった所はまだまだ沢山あると思いますが、時間がなくてあまり回れませんでした。

 

 

         

昔住んでいた所の近くはすでに商業施設に変身

 

5年前の松ヶ枝埠頭港湾事務所

 

                                    現在の松ヶ枝国際ターミナル

 

 

 

 翌日、県庁で研修講義を受けた後、長崎歴史文化博物館で特別企画展「孫文・梅屋庄吉と長崎」を視察しました。

 昨年は中国の辛亥革命100周年に当たるので、中国でその関連のドラマや映画の放映、展示会など多くのイベントを行っていましたが、日本で孫文関係の展示会を見られたのが嬉しかったです。特に、中国から寄贈された孫文と梅屋夫婦の三人像や、中国から借りてきた文物資料、日本側が保存していた貴重な資料が数多く一堂に集められているので、一見する価値があると思います。皆様もぜひ見に来てください。

 

 

孫文・梅屋夫婦三人像の前

(左は今回一緒に研修を受けた美人で、右は解説が素敵な美人案内員)

 

 

 今回再び長崎に滞在した時間は短かったですが、多くの親友や昔の同僚と再会し、そして新しい友だち、特に「出島ネットワーク」の編集者とも知り合えたことが何よりも嬉しいことでした。今後、北京の事、長崎の事をネットで交流出来るのも楽しみです。

 

 

 では、また「出島ネットワーク」でお会いしましょう。

 

 


 
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com