mksong430

韓国に帰国して

05Sep 2019 mksong430

ソンミンギョン

韓国・ソウル特別市在住

元長崎県国際交流員

長崎滞在期間:2016.4~2019.4

 

長崎の皆さん、お元気ですか?

元国際交流員のソンです!

3年間滞在していた長崎から帰国しておよそ3ヶ月が経ちました。

「もう3ヶ月!?」と思いつつ、長崎での生活を思い出すと遠い昔のことのように感じます。

長崎にいる間、たくさんの素敵な思い出ができましたが、

帰国する時はやはり「もっといろんなところに足を伸ばせばよかったな」と後悔しました。

でも思い残したことがあればあるほど次回への楽しみになりますね!

また長崎を訪れる日を楽しみに頑張っています。

 

帰国して1ヶ月くらいは旅行気分で楽しく過ごしましたが、

3ヶ月が経ってやっと現実が見えてきました。

毎日「みなとまつり」のような人の多さや、

24時間体制の母の小言など変わった環境に慣れつついます(笑)

今回は近況報告を兼ねてソウルでの日常についていくつかご紹介します!

 

 

 

(左:下から望むロッテワールドタワー 右:展望台からの夜景 本人撮影)

 

3年前、長崎に行く時はまだ工事中だった「ロッテワールドタワー」の展望台に行ってきました!

2017年春にオープンしたは「ロッテワールドタワー」は、

高さ555メートル、123階建ての韓国で一番高い建物であり、

ホテル、ショッピングモール、免税店、水族館、映画館などたくさんの施設が揃っています。

その最上階にある展望台「ソウルスカイ」からは韓国の首都ソウルを、

360度パノラマで一望できます。

足元が透明なガラス張りになっている「スカイデッキ」に立ったときはゾワッ!としましたが、

ソウルスカイからの夜景は稲佐山の夜景に負けないほどきれいでした。

皆さんもソウルに来られる時はぜひ登ってみてください!

 

 

(左: 麻辣香鍋(マーラーシャングオ) 右: 麻辣湯(マーラータン) 本人撮影)

 

韓国は今「麻辣」にハマっています!

ここ数年韓国ではラム肉の串焼きや火鍋など中華料理が人気ですが、

最近のブームは「麻辣」!

中国・四川省でよく使われるスパイスで、「麻」は花椒などの痺れる辛さ、

「辣」は唐辛子などのピリピリした辛さを意味。

帰国してから久しぶりに友達に会うと必ず「麻辣湯食べに行こう」と言われ、

週に何回も食べました。

私が行ったお店はすべて自分で好きな具材を好きな量だけとって、

スープで煮込む(麻辣湯)か汁なしで炒める(麻辣香鍋)か選ぶシステムでした。

舌がヒリヒリする辛さにみんな病みつきになり、

チキン、トッポッキ、キムパブ、ラーメンなどあらゆる料理に麻辣を入れた商品が出ています。

 

 

(左上: 「長崎ちゃんぽん」のカップ麺 右上: 近所のお店で食べられるトルコライス

下: 『百花繚乱(諫早市)』の公演団 知人提供、本人撮影)

 

“長崎アンテナ”が発動中です(笑)

コンビニで「長崎ちゃんぽん」のカップ麺を見つけたり、

近所のお店でトルコライスを食べたり、

日常の中で長崎を発見しては懐かしい気持ちになります。

先月は釜山で開催された「2019釜山グローバルギャザリング」に

『百花繚乱(諫早市)』の舞台があると聞き、弾丸で行ってきました!

百花繚乱の公演は2回予定されており、

2回目の時間に合わせて釜山に着きましたが、

あいにくの雨で舞台のイベントが中止になりました。

舞台は見れませんでしたが、 公演団の皆さんに囲まれ写真を

撮ってもらいとても嬉しかったです。

舞台の他にも長崎県・長崎市のブースがあり、

特に長崎県のブースでは長崎県産酒の試飲を提供していて美味しい県産酒も味わえました(笑)

 

また皆さんにご紹介できるように楽しいスポットやグルメを見つけておきます。

皆さん、ソウルに遊びに来てください!それではまた!