hanjin

2012 平戸・釜山親善少年サッカー大会(7月26日‐7月30日)

28Jul 2012 hanjin

おはようございます。大体、韓国語で長崎を紹介しましたが。。

今日の事は長崎の方々にお伝えしたいからこのように日本語で書くと思います。

私は諫早のウエスレヤン大学、国際交流学科4年の韓 進(ハン ジン)と申します。

今度、平戸市サッカー協会の依頼で通訳として7月26日、27日二日間、平戸で世話になりました。

まず諫早から佐世保までJRで行きました。実は来日して二年になったが初めに佐世保に行くのでわくわくしました。

電車から初めて見たハウステンボスはとても綺麗でした。

その後、佐世保駅から松浦列車を乗り返しました。でも意外に難しくなかったですね。

値段は高い気がするが。。。。

田平平戸口に着きました。 日本最西の駅ですね。これを見たら韓国が近く感じました。

駅は小さいですが、悪くない感じでした。

 

そこからプサンの小学校サッカー部平戸市訪問団を載せたバスと合流し、平戸大橋を渡りました!

 

今日の歓迎レセプション場所である海上ホテルです。

 

歓迎レセプションは亀浦小学校平戸市訪問団と平戸市サッカー協会の関係者や市の関係者や少年たちの面倒を見るホストファミリーの方々が参加しました。

まずは流暢な韓国語で平戸市の黒田市長から歓迎のあいさつがありました。

 

それに応じて韓国の亀浦小学校平戸市訪問団団長、ペ スンギ教頭が謝 辞の話をしました。

その後、歓迎レセプションは無事に終了しました。私は通訳としてべ団長のそばで通訳と写真を取りながら待機したので上の写真にはないです!

平戸の夜です。初めの平戸の一日もそのように終わりました。

 

翌日、7月27日

韓国の亀浦小学校サッカー部が平戸小学校に訪問しました。音楽室ですね。

平戸少年SCと亀浦小学校サッカー部の交流会がありました。

サッカは明日(28日)なので今日はドッジボール見たい遊びで盛り上がりました。

午後は平戸市役所に訪問しました。平戸市役所の熱烈な歓迎の中で入りました。韓国のハングルでようこそ平戸と書いていました。

市役所の議会室で黒田市長が流暢な韓国語でプサンの小学校サッカー部平戸市訪問団に挨拶の話をしました。3分くらいの韓国語をそんなに流暢に話して聞く私もびっくりしました。

その後は学生は平戸城に大人の先生たちは生月島に行きました。綺麗な生月にみんな惚れました。

規模が大きな生月観音。

天気がいい日は対馬が見えるといわれる大バエ灯台

根獅子の浜海水浴場の綺麗な海に韓国の訪問団皆は感服いたしました。

水が本当に透明でした。。

実はもっと手伝いしたかったけど、予定があるので二日しか平戸に滞在する事ができませんでした。

平戸が韓国と子どものサッカ―で交流をする姿がすごく感心しました。この交流がもっと深くなる事と他の韓国の地域との交流そして観光地として平戸の価値が韓国にも伝わる事が出来ればいいなと思いました。

今日(7月28日)はサッカ‐の試合があります。蒸し暑いけど日本の少年たちと韓国の少年たち、両国の未来のワールドコップの英雄を期待します。

長崎平戸はこのように交流を続けている事をみんなが分かればいいと思います。

 

長い文をよんでくださってありがとうございました。

諫早文化会館で行った僕らの未来予想図Ⅱの講演会そして考え。2012年07月7日

09Jul 2012 hanjin

おはようございます。 諫早の長崎ウエスレヤンで勉強をしている韓国の留学生特派員 韓 進と申します。

韓国の頁にはいろんな事を書いたけど日本語の方には今日はじめだと思います。

韓国語で書く内容ではないので日本語で書きます。

実は先週土曜日、諫早文化会館で行った講演会に参加しました。

特に個人的に関心を持っている観光に対して話なので興味がありました。

諫早野球場が見えます。熱いでした。歩いていくけど汗が流して大変でした。

諫早文化会館のシンボルである風車があります。実に面白いものだと思います。このような場所にある事がですね。

会館の前です。以外に人が少ないがたぶん1部の講演会が行っているからだと思いました。

1部は原発の話、2部は観光の話です。

私は2部の話に興味があったので。。。

長崎観光マイスターの五人の先生が今日、いろんな話をしました。

諫早は観光地として成功可能性は少ないが長崎、雲仙と連携する事が大事とか6次産業を利用したものを作りだす事が大事ではないかとかイベントをもっと住民が参加できるようなものとしてしないといけないとか。。。

そしてマイスターの自分たちの成果の話が面白かったです。最初からあったことではなくて努力の結果の物だと。。

しかし一つ惜しい事は海外に対して長崎が目指す所として中国や韓国、台湾などの隣国の市場に掘り込むことの大事さを誰も言わない事が残念でした。確かに国内が効果がすぐ眼に見えるかも知れないが長崎県は韓国と中国と距離が近いです。これを生かさないといずれ他の県に観光客を取られてしまう可能性が高いです。そして2年間、長崎県に住んで感じたのは長崎県は韓国に対してはイベントとか企画をしないあるいは乏しさを感じました。それに対して中国と関係があるから中国の為にはいろんなイベントを行うけど韓国は今、動くできる市場で中国は10年後の市場です。確かに中国が市場として魅力があります。でもビザの問題と経済力の差などまだ中国が海外旅行まで動く事は時間がかかると思います。まずはキリシタンが多い韓国をめざしいろんな仕組みをしながら大きな市場の中国を備える事が大事だと思いました。

実はマイスターの話を聞きながらもっと長崎の方々が海外市場にも目を向けたらいいなと思いました。

それには今、長崎県で勉強をしているいろんな国の留学生と力を合わせる事で長崎のいろんな変化を招く事ができると思います。

特派員として出島ネットワークでいろんな記事を書きながら思ったけどもっとこのいい長崎が世界に知られたらいい事だと思いました。私が2年間勉強したこの長崎が私の国で有名になる日を待ちます。

もっと活躍するように頑張ります。

 

 

1345678NEXT

最近の投稿

タグ

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com