sun-sasebo

「留学生モニターツアーin黒島」リポート

02Mar 2016 sun-sasebo

皆さん~こんにちは~!あっという間に3月に突入しました!!住んでいる地域では、「愛宕祭りが過ぎないと、暖かくなりません」という言い方があります。当の「愛宕祭り」は先週に行われたが、まださ~む~いとはなぜ?!
さてさて、本題に入りましょう!!今回は2月23~24日に行われた「留学生モニターツアーin黒島」をリポートします♪
まずは、「黒島(くろしま)」を説明します。黒島は県北部の北松浦半島の南西沖合にある島で、全島が佐世保市に属しています。黒島天主堂は国の重要文化財に指定され、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の構成資産の一つとして世界遺産登録を目指しています。(拍手ポイント^^)
このツアーは、世界遺産登録を目指す黒島天主堂の外国人観光客増加を見込み、外国人留学生にその問題点や評価を現地の観光協会に伝えてもらう目的で、佐世保地域留学生支援交流推進協議会が主催しました。(拍手ポイント^^again)
佐世保市内3大学の留学生11名がツアーに参加しました。それでは、早速ツアーの様子を覗いてみましょう!!
23日早朝、ベトナム、ミャンマー、中国、香港、台湾からの留学生らは相浦港に集合しました。主催者による行程案内やツアーガイドからの注意事項説明を受けて、フェリーにて黒島に向かいました。

 

マイクロバスも一緒にgo~go~go~~

 

 

 

「フェリーくろしま」で50分間移動し、黒島に着きました。冬の海が荒れるかと心配しましたが、波がとても穏やかで大丈夫でした。

 

 

 

天気予報は雨と言っていたが、皆さんの日々の行いがよかったかな?雨一滴も降らず、最高の「島日和」でした~~

 

 

黒島に着いたら、現地のガイドさんと合流して、早速散策コーススタート!!午前中は断崖の見える展望所、カトリック共同墓地、大サザンカとアコウの巨木を見学しました。

 

 

 

 

昼ごはんは海の幸や濃厚な「黒島豆腐」を使った「島めし」をいただきました。とてもおいしかったです。

 

 

 

昼食後、黒島天主堂に移動しました。

 

この写真は「ガイドさんの説明に熱心に耳を傾いている留学生の皆さん.jpg」と名付けましょう!

 

 

黒島天主堂を背景に、ガイドの大村さんとともにチーズ!!詳しく説明していただき、本当にありがとうございます。

 

 

次は、黒島名物「ふくれいまんじゅう」作り体験です。「かわいい~かわいい」と言いながら、丸めていくと、きれいに出来上がるそうです。(検証済み、本当ですよ♪)

 

 

集中!!集中!!上手!!上手~~

 

愛情たっぷりのふくれいまんじゅうを蒸し器へ

 

 

出来上がり~アツアツのふくれいまんじゅうをお茶と一緒にいただきました。素朴な味がたまりません~~

 

 

体験の後は、2班に分かれ、モニターポイント検証及び発表の準備をしました。

 

当日の夜は黒島の民宿に宿泊し、大学の枠を越えて相部屋を組みました。ルームメートとは初対面でしたが、すぐに打ち解け、お互いの留学生活などの話題で盛り上がり、交流を深めました。

 

民宿での夜ごはん、テーブルを囲んで、おいしくいただきました。翌日の発表も頑張りましょう!!

 

 

24日朝、黒島公民館で黒島観光協会との座談会に臨みました。自己紹介の後、モニターツアーの感想を述べ、その後留学生は流暢な日本語で黒島の交通、宿泊、食事、観光についての気づきなどを発表しました。レンタル自転車の設置、民宿における独立バスルームの必要性、外国人を配慮するメニューの改良、形の残る体験イベントの考案、黒島ならではのお土産の開発などを提案しました。

 

 

その後、出席した黒島観光協会の関係者と意見交換会を行いました。出席者からは、今後の取り組みの参考になるとの評価をいただきました。

 

 

 

 

座談会の後、黒島港へ移動し、フェリーにて相浦港に戻り、一泊二日のモニターツアーが終了しました。参加した留学生全員は黒島が初めてで、親切な島民、豊かな自然、独特な信仰文化、おいしい料理に感動しながら、長崎の教会群とキリスト教関連遺産の世界遺産登録を応援するとエールを送りました。

 

このツアーを企画した佐世保地域留学生支援交流推進協議会の方々、対応してくださった黒島の皆様、ありがとうございました。

 

長崎県立大学公式Facebook始めました!学生広報スタッフによる投稿がたくさんあります♪

チェックしてみてね♪https://www.facebook.com/sun.Nagasaki/

長崎県大生と地域との交流研修旅行in諫早

09Feb 2016 sun-sasebo

皆さん、ご無沙汰しております。特派員のsun-saseboです^^

 

 

寒い日が続いているなか、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?くれぐれも、風邪をひかないように、お気を付けください。

 

 

そういえば、今日は旧お正月の二日目です。日本で初めて旧お正月を迎えた留学生もたくさんいるか思います。皆さんはどうやって過ごしましたか?よかったらその様子を聞かせてください。(*^__^*)

 

 

さて、今回は昨年12月に実際された本学学生と地域との交流研修旅行をリポートいたします。

 

 

この研修は毎年、本学両キャンパスの留学生と日本人学生が集まり、長崎県内の地域の歴史や日本文化を学んだり体験したりしながら、学生同士、地域の方との交流を行う目的で実施しています。

 

 

昨年12/12土曜日に、留学生を中心とした学生(留学生30名、日本人学生6名)と交流研修を実施しました。

 

 

 

 

今回は諫早市に行き、ゆうゆうランド干拓の里でむつごろう水族館や干拓資料館を見学し、諫早湾干拓について学びました。

 

 

 

お昼は、蕎麦打ちを体験!!自分たちが作った蕎麦がそのまま昼食になるため、みんな真剣に作り方を学びながらも、笑顔いっぱいで作ってくれました♪

 

 

 

 

 

初めてにしては、上手につくれたようで、半分以上がおかわりをもらいに・・・

 

 

 

やっぱり自分たちで作った蕎麦は美味しいようです(*^_^*)

 

次は、高木町にあるとどろき紙工房に行き、湯江紙を使ったうちわ作りに挑戦!!

 

 

 

 

うちわ自体を知らない留学生も多かったのですが、専門家の方に教えていただき、オリジナルのうちわを作れて、満足そうでした(*^^)v

 

 

 

 

 

受け入れてくださったゆうゆうランド干拓の里と、とどろき紙工房の皆さま、大変お世話になりました。ありがとうございます。

 

 

来年も実施しようと考えていますので、日本人の学生もたくさん参加して、留学生の友達を増やしてくださいね(^_-)-☆

 

 

【長崎県立大学公式Facebook始めました!「いいね」をお願いします!】
https://www.facebook.com/sun.Nagasaki

長崎県立大学留学生、日本人学生と地域との交流研修旅行

13Feb 2015 sun-sasebo

皆さん~~ご無沙汰しております。久々の投稿に、昨年12月13日に実施された本学留学生、日本人学生と地域との交流研修旅行の様子をお伝えします。この活動は本学佐世保校、シーボルト校の学生と地域等との交流推進を目的としており、一昨年から実施してきました。

 

今回は西海市にある横瀬浦、さいかい元気村、音浴博物館を訪ねました。両校から学生40名、職員4名が参加しました。

 

12月13日の朝、両校の参加者はそれぞれのキャンパスを出発し、横瀬浦に向かいました。横瀬浦についたら、4班に分けて、ボランティアガイドの案内のもと、横瀬浦を見学しました。

 

横瀬浦は、イエズス会が宣教活動のために大村純忠と協定を結んで開かれた港で、1562年、ポルトガル船が入港しました。教会堂が建ち、港町として賑わいましたが、開港から1年後、純忠の義弟の反乱で横瀬浦も焼失しました。今、港の周辺は歴史に基づいて公園化されました。話しによると、横瀬浦が焼失した後、一部の住民は長崎に移住しました。住民らは自分のふるさとに因んだ地名を移住先につけたという。今の長崎市にある「大波止」、「思案橋」などの地名は横瀬浦から由来するだそうです。

 

ボランティアガイドの説明に熱心に耳を傾けており、横瀬浦の歴史について勉強しました。

 

 

 

 

 

 

 

横瀬浦を離れた後、「さいかい元気村」へ移動しました。「さいかい元気村」は自然との調和を大切にした持続可能な「農の暮らし」の体験拠点です。約2町歩の遊休ミカン園を利用して、農・住・食・遊のテーマの空間を「むらびと」とともに作ります。野良仕事やエコハウス作り、里山遊びと言った多彩な活動を行います。

 

この日は「さいかい元気村」の体験プログラムの一つ:ビザ焼きを体験しました。生地伸ばしから始まり、具やチーズをトッピングしまいた。初めての体験にも関わらず、皆さん上手にできました。

 

 

手作りのピザを手にして、満足な笑顔を見せてくれた参加者~~

 

 

「さいかい元気村」内に設置している手作り石窯(※ペンギンをイメージした石窯ですが、お分かりでしょうか?)で焼いたら、熱々の焼き立てビザの出来上がりです~~

 

 

 

サツマイモとジャガイモも焼いてみました。ホクホクでとても美味しい~~

 

 

皆で美味しくいただきました!!!

 

 

きれいに片付いたあと、干し柿に使う柿の皮むきにもチャレンジしてみました。

 

 

 

 

皆さんが剥いた柿を手にし、満足しているさいかい元気村事務局の方。

 

 

軒下に吊るして、「冬の風物詩」とはこういう感じですね^^

 

 

 

 

この日最後に訪ねたのは大瀬戸町の静かな森の中にある「音浴博物館」です。この博物館の基本的なコンセプトの一つが、その名のとおり「音を浴びる」=実際にスピーカーで再生し、空気を通じて全身で音楽を感じることです。まさに、レコードを聞きながら、時を忘れ、音楽を心とからだ全身で感じる癒しの空間です。建物は、廃校になった小学校の分校を修復したもので、館内は昭和のぬくもりがいっぱいです。(※写真内の時計が止まっており、実際の到着時刻ではありません。)

 

 

 

 

この博物館にはSPレコードが約1万枚、LP盤・EP盤など15万枚が所蔵されています。また、貴重なスピーカーなどでも聴くことができます。

到着したあと、まず関係者による貴重なスピーカーなどの紹介を受けました。皆さん興味津々に聞いていました。留学生もいるため、これらのスピーカーで日本の童謡、テレサ・テンの中国語曲、アメリカのジャズを流してくれて、素晴らしい体験に皆さん感激しました。

 

 

珍しいスピカーがずらり並んでいます。

 

 

 

 

 

 

豊富な所蔵の中から、必ず気に入る曲が見つかりますよ。

 

 

博物館の内部は昭和のぬくもりがいっぱいです。

 

 

 

昭和の香がただよう品々が詰まっている蓄音機の館も覗いてみました。

 

 

 

 

最後に、記念の1枚~~~皆さんの笑顔がとてもステキです。これをもちまして、当日の研修旅行が無事に終了しました。横瀬浦ボランティアガイドの皆様、さいかい元気村事務局の皆様、音浴博物館の皆様、たいへんお世話になりました!!

 

 

 

第48回「鵬祭」が11月8~9日に開催されます(∩_∩)

11Sep 2014 sun-sasebo

皆さん~~こんにちは!

 

今年も残りわずか4ヶ月未満になっており、「文化の秋」が訪れようとしています。「文化の秋」を満喫していきましょうね!(OS:ダイエットを気にせずに、「食欲の秋」も満喫したいです%>_<%~)

 

さて、今日は、毎年恒例の「長崎県立大学鵬祭」をご紹介いたします。

 

「鵬祭」は長崎県立大学の学園祭の愛称で、毎年11月に開催されてきました。第48回となる今回は11月8(土)~9日(日)に行われる予定です。

 

イベント満載の「鵬祭」において、「アーティストライブ」は毎回視線を集める存在になります。今年はなんとデビュー10周年を迎える実力派シンガーBENIさんがお見えになります!!!

 

チケットは9月16日(火)よりFamily Martとe+にて販売開始!

 

詳細については、下記のポスターをどうぞご参照ください~~~

 

 

 http://www.ootorisai.net/kikaku/2014/a-tisutoraibu2014.html

 

 

また、二日間に渡り、60区画のフリーマーケットを用意しており、出店者を大募集しています(※先着順~~)。興味のある方は9月30日(火)までに実行委員会に連絡してください!

 

 

 

たくさんのご来場をお待ちしております~~

 

関連リンク先は下記のとおりです

 

鵬祭実行委員会HP

 

鵬祭実行委員会ブログ

 

 

中国長崎同学会設立総会および交流会in上海

03Sep 2014 sun-sasebo

 皆さん~~ご無沙汰しております。不安定な天気が続いている中、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

 さて、久しぶりの投稿は先月上海で行われた中国長崎同学会および交流会をリポートさせていただきます。

 

 

 

 昨年11月9日、上海にて帰国留学生と長崎県訪中団との交流会を開催した後、関連記事を投稿しました。こちら→http://dejima-network.pref.nagasaki.jp/reporters/16843/

 

 

 

 当時は長崎県内5大学に留学した帰国留学生約60名が集まりました。その席上、長崎県の帰国留学生の同窓会を設立することが提案され、満場一致にて承認を得て、平成25年第2回長崎留学生支援コンソーシアム総会にて報告しました。その後、帰国留学生の皆さんの努力と協力のもと、8月23日上海にて中国長崎同学会設立総会および交流会を開催しました。その盛況をリポートします。

 

 

 

 中国長崎同学会および交流会の会場は上海市街地にある浦江飯店です。当日午後5時、会場に行ってみたら、留学生支援センターの方々と留学生OBの皆さんはすでに会場を設営しました。会場には中国長崎同学会の会旗が飾ってあり、長崎を宣伝する立て看板も設置してあります。

「中国に一番近い日本」というキャッチフレーズは響きますね!

 

 

 

 

 

 会場内の柱にも宣伝ポスターが貼られており、テーブルには長崎の地酒が置いてあり、会場全体が長崎色に染まりました。

 

 

 

 

 

 

 受付を担当している皆さん(※一部)、お疲れ様でした。

 

 

 

 この日は、大学に加えて、専門学校、日本語学校の卒業生の方々、県の招聘で長崎で研修を受けた元長崎県国際交流員の方々も参加しました。長崎留学生支援センターによると、留学生OB126名、来賓・職員35名、計 161名が出席しました。

 

 この日の司会は活水女子大学留学生OB缪静さんと本学留学生OB徐旻さんです。

 

 

 

 設立総会において、楊磊(長崎大学卒業)が中国長崎同学会初代会長に選出されました。

その後、楊会長は配布資料に基づいて、中国長崎同学会の設立趣旨、会則、役員選出、事業計画及び予算案を説明したうえ、入会申し込みを案内しました。

 

 

 

中国長崎同学会今後の事業計画は次のとおりです。

 

1.帰国留学生同士の交流・親睦

2.現役留学生の帰国の際の受け皿つくり

3.長崎とのネットワークの構築、長崎との交流、親睦、情報交換

4.中国全土への拡大

5.長崎への再訪の旅ホームカミングツアーの企画

6.留学の枠を超えて海外技術研修員、研究滞在および県内大学卒業の日本人の方々まで会員の枠を広げること

 

 設立総会閉会後、引き続き交流会を開催しました。交流会において、主催者を代表して、中国長崎同学会長 楊磊による開会挨拶ののち、来賓である長崎県 里見 晋副知事 、長崎大学副学長・長崎留学生支援センター長 須斎 正幸先生、活水女子大学 奥野 政元理事長 、本学駐中国リエゾンオフィサー 兪 彭年先生はそれぞれ挨拶のことばを贈りました。

 

 

 本学駐中国リエゾンオフィサー兪先生による挨拶

 

 

 

 この後、出席者らは長崎経済研究所 河西 宏 専務の発声に従い、乾杯し、歓談に入りました。

 

 

 

 この日は、遠く香港から留学生OBが足を運んでもらい、また長崎に留学して知り合った同士で結婚して今日に至っているご夫婦が家族ぐるみで5組参加したそうです。久しぶり会う留学生OBたちはテーブルを囲んで、懐かしい話しに花を咲かせました。

 

 

 

 在学中お互いに知り合う機会がなかった本学佐世保校留学生OBとシーボルト校留学生OBもこの交流会を通して、仲良くなりました。

 

皆さんでV~~

 

 

 

 交流会の途中、長崎上海クラブ、上海長崎倶楽部の紹介とスピーチも行われました。

 

 

 長崎上海クラブは、長崎・上海の人的交流の活発化、情報交換、提携の斡旋等の橋渡しを行い両地域の相互理解と発展に寄与することを目的として設立され、親善団の相互派遣、交流イベントの開催、長崎在住の上海からの留学生との交流、上海長崎倶楽部との連携を事業内容としています。対して、上海には「上海長崎倶楽部」が組織されており、両地の交流事業に携わっています。

 

 

 また、会場には中国長崎同学会の会旗が準備しており、出席者らはその上にサインを残しました。

 

 

 里見副知事によるサイン

 

 

 

 サインがいっぱい~~~思い出もいっぱい!

 

 

 

 長崎大学留学生OB、長崎県 里見副知事(中央)、長崎大学 須斎副学長(1列右6)による記念写真

 

 

 

 活水女子大学留学生OB、里見副知事、活水女子大学国際交流留学センター 三浦係長(最終列左1)、長崎留学生支援センター 山田コーディネーター(右1)による記念写真

 

 

 

 本学留学生OB、里見副知事、本学駐中国リエゾンオフィサー兪先生(1列左3)、本学教職員による記念写真

 

 

 

 主催者、関係者、留学生OBのご協力のもと、中国長崎同学会および交流会は成功の裏に幕を閉じました。OBの皆さんのますますのご活躍をお祈りしつつ、来年長崎への再訪の旅~ホームカミングツアー~が実現できるよう心より期待しております。

 

※写真提供(一部):長崎留学生支援センター

 

 

 

 

PREV123456